« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月 アーカイブ

2012年08月03日

アイの館へようこそ

ここは、屋敷のずっと奥。
3つの三角屋根の真ん中。
そこが、アイの館。。。(工人館)

こんにちは、紺屋です!
最近の紺屋では、
藍の産声ならぬ産まれたての香りがします♪
藍が建ったばかり、
若いピチピチの香りです。

藍の表面は、
深い紫のような黒のような(宇宙のような…)膜に覆われています。
大小様々な泡たちは、
光を浴びでキラキラと笑い、
まるで産まれてきたことを喜んでいるかのようです。


image.jpeg


この笑顔を絶やさぬよう、お世話して
すくすくと染めてくれたらと
願うばかりです。

アイちゃん、よろしくね。

みなさんも
よろしければ、顔を見に来てやってください。


P.S.
今年の夏は、藍色がきてます!!

2012年08月04日

足助屋敷の縁日

遅くなりましたが、7月の28日(土)29日(日)に行われた「足助屋敷の縁日」の様子です。

〜 イベント開催前の様子 〜

20120728_a.jpg


20120728_b.jpg


20120728_c.jpg

〜 金魚すくい 〜

20120728_d.jpg

20120728_e.jpg

20120728_f.jpg

〜 かたぬき 〜

20120728_g.jpg

20120728_h.jpg

〜 ヨーヨー釣り 〜

20120728_i.jpg

20120728_j.jpg

〜 輪投げ 〜

20120728_k.jpg

20120728_l.jpg

〜 風車の弥七 的あて 〜

20120728_m.jpg

20120728_n.jpg

〜 くじ引き 〜

20120728_o.jpg

20120728_p.jpg

〜 風鈴・おめん売り 〜

20120728_q.jpg

〜 屋台 〜

20120728_r.jpg

20120728_s.jpg

たくさんの方に来ていただきました。
ありがとうございました。

来年もさらにパワーアップして開催したいと思っております。

2012年08月05日

天日に干しましょ、梅をね〜

umeboshi20120805.JPG
連日、うだるような暑さと日照で身も心もへたってしまうこのごろですが、この暑い夏の風物詩、桧茶屋の梅干し作りが始まりました。

umeboshi20120805%20%281%29.JPG
桧茶屋のスタッフが一生懸命、紫蘇を揉んで絞って作った梅酢から梅を取り出します。

umeboshi20120805%20%282%29.JPG
広場に並べた網台に梅を並べて天日に干します。
今日は足助中学校の生徒さんが課外授業でお手伝いしてくれました。

umeboshi20120805%20%283%29.JPG
時折、梅干しを裏返して満遍なく日の光を当てます。

umeboshi20120805%20%284%29.JPG
見てください!!この肉厚の梅干し。
色もきれいに染まって見るからにすっぱそう!
この梅干し、今日から桧茶屋にて量り売りをしています。お求めは足助屋敷・桧茶屋までお問合せくださいね。

umeboshi20120805%20%285%29.JPG
梅干しの副産物の紫蘇も干して、ゆかりを作ってます。こちらも販売してますよ〜。

2012年08月06日

紙すきでウチワ作り

uchiwa20120806.JPG
夏休みということで、今日も小学生を中心にたくさんのお子様がいらっしゃっていました。
今日は、台風の影響のせいか比較的過ごしやすい一日で、お外でも飛び回って遊ぶお子さんをたくさん目にしました。

uchiwa20120806%20%281%29.JPG
さて、足助屋敷では只今、夏休みこども手仕事体験を開催しております。
期間中、様々な体験がありますが、中でも人気の紙すき部門を今日はお伝えします。

uchiwa20120806%20%282%29.JPG
紙すきでの手仕事は、ウチワ作りと、はがき(便箋)作りとありますが、今日はウチワ作りが多かったようです。

uchiwa20120806%20%283%29.JPG
予め、漉かれた色和紙の台紙に絵を描くことから始めます。好きな絵を描いてそのあとウチワの骨にのりをつけて貼り付けます。最初のポイントは職人さんに教えてもらいます。

uchiwa20120806%20%284%29.JPG
職人さんに教えてもらったやり方で、自分で骨にのりをつけて貼ります。

uchiwa20120806%20%285%29.JPG
のりをつけたら紙を貼ります。
きれいに重ねたら、木の重しでのばすようにしっかりと張り合わせると完成です。
残念ながら、今日は完成したものを撮る事ができませんでしたが、みなさん、いいウチワができたと喜んでお帰りになりました。自分で作ったうちわでこの夏の暑さを和らげるっていいですね。
この紙すきの体験は夏休みは毎日行っています。紙すきのほかにも母屋でのわらをなう手仕事や縄跳び作りも毎日行っています。
開催日がそれぞれ違いますが、機織り部門での糸つむぎや傘屋部門のまゆ玉マグネット作りも行っていますので、是非、遊びに来てくださいね。各部門の詳しいお問合せは、足助屋敷事務所までお問合せください。


2012年08月07日

お茶の源流を探る「唐代団茶の復元体験」

8月4日(土)に開催されました。

足助の寒茶の山が、お茶の始まりと言われる唐の時代、中国の山にとても似ているということでその頃の時代のお茶を再現したいという 豊茗会 松下先生の希望で開催となりました。

まず、秘密の寒茶の山へ行き、お茶の葉摘み。
みなさんには険しい山を登っていただきました。


20120804_a.jpg

採ってきた葉を分別、掃除して

20120804_b.jpg

蒸し器で蒸します。

20120804_c.jpg

蒸しあがったお茶の葉を石臼にいれ

20120804_d.jpg

トントンと叩いて砕いていきます。

20120804_e.jpg

できたものを竹の型に入れてゆきます。

20120804_f.jpg

20120804_g.jpg

できたものを約1か月間乾燥させます。

第2回目は 9月8日(土)に開催します。

2012年08月12日

エビヅルのシャーベット

8月も半ばになりました。暑さもとどまるところを知らずで、毎日、うだってしまいますね。
暑い日にはついつい冷たいものを食べたくなりますが、どうぜ食べるなら旬の食材を使った物をたべたいですよね〜。
そこで本日のおすすめは薫楓亭のシャーベットです。薫楓亭はお豆腐料理のお店ですが、こんなさっぱりとしたものもご提供しております。

ebiduru.jpg
薫楓亭の裏にはエビヅルというヤマブドウの仲間が植わっており、毎年この時期になると瑠璃色をした小ぶりの実がたわわに実ります。

ebiduru%20%281%29.jpg
それを収穫し、きれいに洗って実を一粒一粒取っていきます。

ebiduru%20%282%29.jpg
きれいに洗った実を今度はすり撥に入れてよーく擂りつぶします。

ebiduru%20%283%29.jpg
擂った直後の果肉は赤黒いペーストでしたが、シャーベットにしたらこんなにもきれいな紫になりました。うーん、見るからに甘酸っぱくておいしそう(^0^)
只今、薫楓亭にて300円で提供しております。数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

2012年08月16日

栗の木茶屋で流しそうめん

kurinoki_soumen.jpg
私たちが子供のころ、足助のあちこちにお店のあった流しそうめん。
昔は家族や友達とでよく楽しんだものですが、最近ではお店もなくなり、その光景も見られなくなりました。

ですが、ここ足助屋敷・栗の木茶屋では、この昔懐かしい流しそうめんを皆さんに楽しんでいただこうと半割りした竹といを設置して営業を始めました。
今年は7/21(土)〜9/2(日)の土日祝日、8/11(土)〜8/19(日)で実施しており、大変好評です。
流しそうめんは午前11時から午後3時までの間で行っています。
お一人様500円です。団体10名様以上の場合はご予約くださいね。
ご利用お待ちしております(^0^)

2012年08月17日

お蚕さん

20120817.jpg
百日紅と青空がよく映える季節ですね。入道雲がモクモク、今日も夕立が来そうな感じだなぁ。
土蔵の中では毎年恒例のお蚕さんの飼育が行われています。
                        
20120817%20%281%29.jpg
お蚕さん、もう随分大きいですが、4令、5令の幼虫かな??パリパリ音を立てながら一心に桑の葉を食べています。もうそろそろ繭を作る段階です。

20120817%20%282%29.jpg
葉っぱを食べなくなると繭を作る合図。
糸を吐く前に竹の枠に入れます。すると白い細かい糸を吐き、繭を作っていきます。

20120817%20%283%29.jpg
枠に入れれなかったお蚕さんが葉っぱのすきまに繭を作ってしまいました。仕方ないので、枠の隅に置いちゃいました。
繭は作られ始めたばかりなので、これからお蚕さんがどうやって繭を作っていくのか見られますよ。

明日は去年作った繭玉を使った「まゆだまマグネット」体験があります。お蚕さんの様子を見ながら体験してみませんか?

2012年08月18日

今日の一枚

20120819.jpg
『朝日とキツネノカミソリ』
キツネノカミソリ、香嵐渓ではカタクリの群生地によく咲いていますが、栗の木茶屋の土手にもたくさん咲いています。
この花が咲くと秋がもう間近です。
その証拠に赤とんぼがたくさん飛んでいたり、ツクツクホウシが鳴き始めています。
でも、秋が近づいているって言っても、まーんだあっつい日が続くねぇ(^0^)

2012年08月21日

ぎぼし(擬宝珠)

これは、なに?でしょうか!

IMG_3812m.jpg

木地屋が製作中です。

きれいに仕上がりました。

IMGP0022m.jpg

では、答えを見てみましょう。

IMG_1198m.jpg

IMG_1194m.jpg

ぎぼし(擬宝珠)と申します。伝統的な建築物の装飾で、ネギの
花に似ていることから、そうだい(葱台)とも呼ばれるそうです。
ネギのもつ臭いが、魔除けにもなると信じられていた説もあり。

話は、変わりますが、
今日の、サルスベリの花をご覧ください。

IMG_3816m.jpg

きれいです。足助屋敷の土蔵前です。

ぜひ、見に来てください!!

2012年08月25日

カイコの繭

普通の繭よりも大きい繭を見つけました。
これはもしかして・・・・。

kaiko20120825.jpg
繭を少しカットしてみると、案の定、仲良く2頭のさなぎが入っていました。
しかも、きれいに並んで。。。
一体、繭の中でどうやって作ったんだろうね。

2012年08月28日

玉虫

みなさん、玉虫って見たことがありますか?
メタリックグリーンと赤銅色のラインが入ったとても美しい昆虫ですが、たま〜に一匹で飛んでいるのを見かけたことがあります。でも、そんなにたくさん見ないので、玉虫って結構、珍しい昆虫なのかなぁと思ったらそうじゃないんですね。今日、スタッフが炭焼き用の薪置き場でたくさん飛んでいるのを見つけて捕まえてきました。

玉虫の翅は法隆寺の玉虫厨子などの美術品の装飾に使われたり、ヨーロッパのある国では宮殿の天井の装飾に使われているんだとか。

tamamushi.jpg
この玉虫、姿形はわかるけど、その生態がよくわからないので調べてみたら、実は昼行性なんですね〜(知らなかった)。日中は強い日差しの中を飛び回り、夜は葉っぱの裏に隠れてじっとしているんだそうです。カミキリムシやカブトムシと同じ夜行性かと思ってら違うんですね〜。勉強になりました。
それにしても、玉虫の色ってホント、綺麗だねぇ。

About 2012年08月

2012年08月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年07月です。

次のアーカイブは2012年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.