« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月02日

ゆ〜きやこんこん

昨日の夜から降り出して、

20120202_a.jpg

本日は雪化粧の足助屋敷でございます。

20120202_b.jpg

さっそく積雪を計ってみると、、、、

20120202_c.jpg

6cmでした。

20120202_d.jpg

ただ、今日は休館日ですので、お客さんもだれもいなく、

牛のふうこも寒そうで、、、、心なしか寂しげです。


明日は節分です。 

お客さんきてくれるかなぁ。。。。


       ------ おまけ -------

20120202_e.jpg

「黒ぶた」にみえる、ふーちゃんです。


2012年02月03日

節分 豆まき

20120203_a.jpg


節分は季節の区切りである、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいい、年に4回あります。
(季節を分けるとこから節分)

その中でも冬から春への変わり目が、新年のはじめを意味するものとして大切にされ
立春の前日だけを節分というようになりました。


20120203_b.jpg

季節の変わり目は邪気が生ずると言われ、寺社での悪霊祓い「豆まき」が行事になったと言われております。
(まめは魔を滅すると言われているそうです。)

20120203_c.jpg

まずは母屋前で「おにはそと、ふくはうち」

20120203_d.jpg

お客さんにもご参加いただきました。

20120203_f.jpg

入口の長屋門でも「おにはそと、ふくはうち」

20120203_e.jpg

豆まきのあと、歳の数+1つ豆を頂き一年の無病息災をお願いしました。

20120203_g.jpg

   〜〜〜〜〜ヤイカガシ〜〜〜〜〜

20120203_h.jpg

門口にヒイラギの枝に焼いたイワシの頭を刺した「ヤイカガシ」というものを飾りました。
これはヒイラギのトゲで鬼の目を刺し、イワシの悪臭で鬼を近寄らせない為だと言われております。

2012年02月05日

食の学校「豆腐作り」

遅くなりましたが、、、

2月1日食の学校「豆腐作り」がありました。

今回は参加者のみなさまの声を

20120201_a.jpg

◎とっても楽しくお豆腐を作らせていただきました。
我が家は農家で、大豆も黒豆も作っています。もう少し先を行って豆腐もがんばってみたいです。

◎本物の「食」は大切とつくづく感じておりますので、よい機会になりました。

20120201_b.jpg

◎二度目の豆腐作りでより詳しく、今度こそ家で成功させたいと思います。
毎回ですが、今回も楽しく過ごすことができました。

◎無事に固まってとっても美味しい豆腐になって嬉しかったです。
豆乳を鍋とプリンに、豆腐を作りつつ、広がりがあって感動しました。

20120201_c.jpg

◎2回目の参加でしたが1回目よりもさらに内容がわかりやすくて1回目の失敗がわかったような気がします。
早いうちに何度か作ってみたいです。

◎定員が10名は申し込み後何分かで終了なので、もう少し増員してほしいです。

20120201_d.jpg

◎初めての参加でしたが、とても興味深く、いろいろ親切でよかったです。
雰囲気も家族的でよかったです。

◎二度の参加でしたがとても楽しかったです。豆腐だけでない料理も勉強になります。

20120201_e.jpg

◎基本を1から教えていただけるのでわかりやすいです。
他の受講者の方からいろいろな情報を聞くことができるので楽しいです。

◎平日にもっとたくさんの食の学校を開催して下さい。

20120201_f.jpg

◎本などで見ているだけでは学べないポイントを教えていただいて大変満足しています。


たくさんのあたたかいご意見ありがとうございました。
今後の参考にさせて頂きます。 
 
〜メニューのご紹介〜
 
20120201_g.jpg
○手作り豆腐

20120201_h.jpg
○白あえ

20120201_i.jpg
○豆乳きな粉プリン

20120201_j.jpg
○豆乳鍋

20120201_k.jpg
おいしく頂きました。

ご参加下さりありがとうございました。

2012年02月06日

三河の山里体感プラザ in ナゴヤドーム

昨日、ナゴヤドームで開催された「三河の山里体感プラザ」に
足助屋敷のPRと風車、なべ敷きの体験ブース出店にいきました!

20120205_a.jpg


20120205_b.jpg
うまいもんワールド開催中ということもあって、たいへん多くのお客さんが来ておりました。

20120205_c.jpg


20120205_d.jpg
戦国♡姫隊によるブースの紹介も行われ、

20120205_e.jpg
篭屋の安永氏も

20120205_f.jpg
6人姫に囲まれ、PR!

20120205_g.jpg
戦国♡姫隊の皆様のご協力、感謝でございまする〜。

20120205_z.jpg

☆豊根村のマスコットキャラクターの「ポンタ」くんと記念撮影


2012年02月08日

食の学校「味噌作り」

20120206_a.jpg

今回もたくさんの皆様にご参加いただきました。
味噌について楽しく熱心に学ばれ、作った味噌はお持ち帰り頂きました。

20120206_b.jpg

↑塩切りと言い、豆麹、米麹、塩を混ぜ合わせます。

20120206_c.jpg

↑圧力なべを使って豆を煮てゆき、つぶします。
 家庭でやりやすい方法を伝授。

20120206_d.jpg

↑麹とつぶした豆を混ぜてゆきます。
 力のいる作業です。

20120206_e.jpg

↑味噌玉をおけに投げ入れる作業。
 空気をできるだけ入れないように詰めていくのがポイント。

20120206_f.jpg

↑きれいに味噌をつめ、ふた塩をしてあとは秋まで出来上がりを待ちます。

20120206_g.jpg

↑お楽しみのお味噌を使った料理作り。
 大人気の五平餅作りは一番の盛り上がりを見せました。


味噌づくしのご飯でおなかいっぱい。
最後は味噌饅頭を手作りして教室終了。

皆さん出来上がりましたら、ご連絡くださいネ!

2012年02月11日

中馬のおひなさまがはじまったよ。

20120211_a.jpg

今年も古い町並みの一画に足助屋敷・百年草の紹介ブースが登場します。

20120211_b.jpg

正面には紹介TVRが

20120211_c.jpg

右には生業製品が

20120211_d.jpg

左には土雛と百年草の紹介が

20120211_e.jpg

バーバラハウスのラスク各種380円も販売中。

おひな様見学の際は是非お立ち寄りください。
お待ちしております。

2012年02月13日

垣根結び

鼠色の空の中、足助村の垣根作りをしました。
垣根は、よく目にしますが結び方まで目を凝らしたことはあり
ませんでした。

IMG_3542m.jpg

独特の結び方で、文章で表わすには少し複雑です。

IMG_3547m.jpg

十字に交差させます。
紐の端は、ピンッと立ちます。
その姿は、凛としていて、とてもきまっています!

IMG_3546m.jpg

どうでしょうか?
手が覚えてくるとたのしいものです。
慣れるまでには、70本ぐらいむすびましたかね。

街で垣根を見かけたら、じっくりながめてみてください。
その格好よさに、つい足をとめてしまいますよ、なんて。。


雪と雨のちらつく中、湿気の多い寒さは身に堪えます。

足助村は、3月中旬から始まります。
その頃には、カタクリの花が咲き始めていることでしょう。

2012年02月15日

ぼろ

〜〜〜〜  桧茶屋より  〜〜〜〜

・もち米
・里芋(生)をすりおろした物

おもちをついた所に、里芋を入れてさらにつく。

20120215_a.jpg

まとまったら7〜8mm角のサイコロ状にきってカチカチになるまで乾燥する。

20120215_b.jpg

弱火でじっくり煎る。

20120215_c.jpg

・昔のおやつ
・作るのは寒い時
・食べるのは一年中

20120215_d.jpg

おひな様の期間中桧定食につけています。

2012年02月17日

花咲かマガジン


CBC土曜の情報番組「花咲かタイムズ」の雑誌
「花咲かマガジン」の取材がありました。

20120217_a.jpg

プロディーサーさんライターさんカメラマンさん夏目アナが来て
足助屋敷の魅力をバッチリ取材していかれました。

「花咲かマガジン春号」に掲載される予定です。

20120217_b.jpg


P.S快く写真を撮らせてくれた夏目アナご協力ありがとうございました。

2012年02月22日

足助屋敷の手仕事 〜機織り〜

足助屋敷では現在11の手仕事を実演しております。
今回は「機織り」を少しご紹介。

20120221_a.jpg
ここでは藍染の伝統的な縞柄が特徴です。

20120221_b.jpg
かつては「機が織れないとお嫁に行けない」と言われるほど大切な仕事でした。

20120221_c.jpg
機織りは百反織ったら一人前と言われていたそうです。

20120221_d.jpg
手織り独特のやわらかくてしっかりしていて、温かい感触の布です。

2012年02月24日

ふるさとの食、再発見「味噌」

2月19日、館内にて第二回ふるさとの食、再発見!「味噌」が開催されました。

20120224_a.jpg

今回の企画は三月末まで行われている萬々館企画展示「足助屋敷の食ー河合廣美が築いたものー」の関連イベントです

忘れられつつある、日本の食文化の素晴らしさを再発見していただこと企画させていただきました。寒い中、17名の方々にご参加いただきました。

20120224_b.jpg

今回は、枡塚味噌こと、野田味噌商店の社長である野田清衛氏を講師としてお迎えしました。
枡塚味噌さんでは木の桶を使い、天然醸造にこだわり味噌作りを続けています。
味噌の起源、なぜ、味噌が体によいのか?あわせて、巨大味噌桶の完成に至るまでのお話。普段は聞くことのできない、専門的なお話を聞かせていただきました。

20120224_c.jpg

野田さんの熱意あふれるお話に、参加者の方々も引き込まれ、「もっと、お話を聞きたかったという」感想もいただきました。

20120224_d.jpg

足助屋敷の河合廣美からは、「ふるさとの味」と題し、小さな頃から作られ、食べられてきた味噌、そして足助屋敷の味噌についてお話させていただきました。

20120224_e.jpg

講演の後は、味噌料理と言えばの五平餅!ということで、みなさんに郷土食、五平餅作りを体験していただきました。

20120224_f.jpg

手作りの五平餅が焼きあがったところで、檜茶屋にて、
お待ちかね、味噌づくしのお料理を楽しんでいただきました。

20120224_g.jpg

メニューは枡塚味噌、足助屋敷の味噌など、麹の種類や割合の違うさまざまな内味噌を使った素朴な田舎の味噌料理。
ふるさとのお味噌の味をたっぷりじっくりと味わっていただきました。

お腹もいっぱいになったところで、最後は河合の案内で萬々館を見学していただきました。

ご飯に味噌汁。この日本人の辺り前の食生活が、私たちの健康な体を築いている。
この当り前を後世に残してゆきたい。
そう、強く感じることができた有意義な一日となりました。

展示「足助屋敷の食ー河合廣美が築いたものー」では
河合の食べ物が豊富になかった時代の里山の暮らし、そしてその暮らしが生かされて、足助屋敷で築きあげてきた手作りの食について展示しています。
三月末日までの開催です。ぜひ、ご覧ください。

About 2012年02月

2012年02月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2012年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.