« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

2010年10月03日

今をのがすな

IMG_9966m.jpg
先日ご紹介した篭屋さん前の
かまど と 鍋が 昨日大活躍しました!

IMG_9965m.jpg
かご教室の皆さんと篭屋さんが
一丸となって作業。

これは何をしてるかわかりますか?
IMG_9953m.jpg  IMG_9955m.jpg
  節を突き破って 熱を加えたときに
     破裂しないようにしているんですよ。
IMG_9956m.jpg

IMG_9969m.jpg
ごしごし綺麗にして 煮る!!

残念ながら 油をふき取っている姿を
 写真に抑えられず。。。。。

ですが 油抜きを終えた竹はパシャリ!!
IMG_9977ml.jpg

IMG_9979ml.jpg
これが。。。

IMG_9980ml.jpg
こんなにピカピカになるわけ。

今の篭屋さんの大事なお仕事です。

(もんぺ)

藍染に使う藍草の花が咲きました。

IMGP7346m.jpg
藍草は たで科の植物です。

IMGP7354m.jpg
藍草は生命力も強く夏に刈り取った根元から
もう50cm程に伸びた茎から葉が育ち
秋になったので花をつけています。
これから種ができます。
IMGP7342m.jpg


藍染布には 防虫効果もあり
たんすに入れておくと
  衣類に虫がつかないといわれます。

天然藍に含まれるタンニンの効果のようです。

IMG_9997m.jpg
足助屋敷では
 天然藍を使って 藍染をしています。

(紺屋)

2010年10月08日

今年も綿が実をつけました

wata-01m.jpg
屋敷の綿の木は、摘芯をしないので草丈が伸びる傾向にあるのですが、今年は
150cmを超えたものがありました。


wata-02m.jpg
綿の花は芙蓉の花にそっくりです。どちらもアオイ科に属しているそうです。き
れい。
花はまだ咲いているところを見ることができます。


wata-03m.jpg
花が落ちるとピンポン玉くらいの大きさの緑色の実、コットン・ボールができます。


wata-04m.jpg
9月から12月にかけてコットン・ボールがはじけて、中から綿が吹きだします。


wata-05m.jpg
上は茶綿です。白綿よりも原種に近いそうです。
綿は種に生えた毛です。来年の「綿繰り体験」で使われることになっています。

(はたおり)

あたま とったどー!!

IMG_0036m.jpg
なまくびのような たま。

夏のダイエットが終わったのか
近頃 ごろごろ すぴすぴ くーくかくー

IMG_0040ml.jpg
書類にうもれて。。。

IMG_0034m.jpg
どんだけ顔がでかいんだい たま。

(もんぺ)

2010年10月09日

夢の地底人

“穴があったら入りたい”ってわけではないけれど
小さい頃から 井戸があったら潜りたい。

なんて思いつづけて大人になった私。

実家の井戸では その夢叶わずっ。
しかしこの度 屋敷の井戸にてドリームカムトゥルー。

釣瓶桶の金具が劣化の為破損。

井戸の奥深くに落ちた
 其れを回収すべく潜ってきました。

IMG_0010m.jpg

初めて見る、井戸の底からの世界。

ひとつひとつ積み上げたであろう
      大きな石で組まれた壁面。

どうやって井戸って掘るのか調べてみる所存。

(地底人H)

2010年10月22日

冬の花わらび

   IMG_0097m.jpg
私の子供の頃 この花わらびのことを“霜わらび”と教えられ
すっかりそのつもりでいましたが、
最近本当の名前“冬の花わらび”と言う事がわかった。

お腹をこわした時 この葉を切って
お雑炊とか おじやして食べると良くなるといって
食べさせられたことを この花が咲くころになると思い出します。

霜が降りても 葉は枯れずしっかりとしているので
子供でも 見つけることが出来たものです。

(傘屋S)

About 2010年10月

2010年10月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年09月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.