« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月01日

栗のイガ(皮)

毎年 栗の実が実のる頃に成ると想い出す、
有る父と4才くらいの男の子の会話です。

傘屋の机の上に イガつきの栗の実がかざって有りました。その栗の実をじぃーと見ていた。
そして急に、びっくりするほど大きな声で
お父さあーん、僕はわかった 僕はわかった と叫んだ。
お父さんが急いで近寄って 何がわかった?と聞いた。
男の子は得意そうに目を輝かせて、栗ってタワシで出来ているんだね、僕はわかった。。

お父さんの子供を見る目が点に成っていた。
父。。。お前 何もわかっとらんかっただナー

何ともほほえましい子供らしい発想に
栗の実を見るたびに 心あたたまるおもいをさせてもらっています。
(傘屋S)
IMG_5521m.jpg

2008年10月02日

老いらくの恋!? チビ太部長に恋人疑惑!!

先日、チビ太部長がプライベートで女性と会っていたことが発覚しました。
その時の写真がこちらです。

2008%C7%AF05%B7%EE18%C6%FC_RIMG0642.JPGm.JPG

お相手の女性は、傘屋さんの親戚筋の家のお嬢さん。日本スピッツの坂本桜(さかもとさくら)さんです。
なかなか良い雰囲気ですが、お二人はどういった関係なのでしょうか?
桜さんにコメントをいただきました。

2008%C7%AF05%B7%EE18%C6%FC_RIMG0645.JPGm.JPG

「チビ太さんとは、だいぶ歳も離れているし、私にとって良き犬生の先輩です。」

2008%C7%AF05%B7%EE18%C6%FC_RIMG0642.JPG.JPGm.JPG

あれ?チビ太部長、ちょっとガッカリしてますか?
男・チビ太(13歳)の恋は終わった。

(Y)

2008年10月04日

いいにおい製造中

桶屋では毎日いろんな道具で木を削っています。
削ったくずは 「かんなくず」といいます。
かんなくずは すごくいいにおいがするよ。
最近かんなくずを見たことがない子供達が増えているみたい。。。
ぜひ桶屋に においをかぎにきてね。
(桶屋・T)
IMG_5560m.jpg

IMG_5561m.jpg

2008年10月05日

みつまたに つぼみがつく

植物はちゃんと季節を知っています。
今から冬の間ずっと、つぼみのままでがまんしていてくれて
春一番に黄色の花を咲かせてくれます。
かわいい花を春に見に来てください。
(紙すき・U)
IMG_5577m.jpg

2008年10月11日

裏方のひとりごと

IMGP2040m.JPG
10月に入り、連日小学校の社会見学(体験実習)でにぎわうなか、
休館日を利用して、毎年恒例の「砂入れ」作業が行われました。

ダンプで運んでもらった砂を一輪車で運び、スコップで広げ、トンボでならし、
転圧機で固め、ほうきできれいにして、出来上がり。

アスファルトで舗装してしまえば、それまでですが、屋敷らしさと、こだわり
とでもいいましょうか。

雨でぬかるのもよし、風でほこりが舞うのもよし。
風情があっていいじゃないですか。

もみじまつり開幕(11月1日)に向け、着々と準備は進んでいます。
今年はどんな物語が生まれるか、たなびく煙をながめながら、楽しませて
もらいますか。

炭焼きO (旧姓S)
                     

2008年10月15日

いま一押しですよ!

20081015.JPG

いま篭屋の一押しは行灯型ランプです。
淡い色のついた和紙を使って幻想的なあかりを灯し出しています。
お部屋のインテリアとして一ついかがですか?
一度足助屋敷に見に来てください。

篭屋(Y)

2008年10月20日

超シュール

ロシアからのお客さまから
もらったチョコレートの包み紙。

見開き目と一文字の口。
カワイイんだかカワイくないんだか。

超シュールです。
(Y)
IMG_5709m.jpg

2008年10月25日

秋のおとずれ

いちょうが色づきはじめました。
足助の秋はもうそこまで来ています。
もみじ祭りにむけて大忙しです。
(K)
IMG_5741m.jpg

2008年10月31日

香嵐渓もみじまつり限定メニューその

11月1日から1ヶ月間ノンストップ、香嵐渓もみじまつりが始まります。

足助屋敷周辺をはじめ、香嵐渓一帯が朝も昼も夜も楽しく盛り上がります。
夜も、という訳は飯盛山が幻想的なライトアップに浮かび上がるから。
(毎日の日没後〜午後9時まで)

足助屋敷の売店、飲食店でもこの時期にしか登場しないものたくさんあります。
とても全部は書ききれないのですが、できる限りブログでご紹介していきます。

**

まずは、手作り豆腐料理薫楓亭の「山かけ豆腐」
自然薯をおろし金を使わず、すり鉢で丁寧に出汁とあわせた「とろろ」を
薫楓亭製の木綿豆腐にたっぷりかけて、召し上がれ。
IMG_5605m.jpg

香嵐渓もみじまつり全体については足助観光協会HPへ

About 2008年10月

2008年10月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年09月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.