2007年12月11日

大切な年中行事

本日は、1年のうち、もっとも大切な行事、足助屋敷の大掃除です。

まずは母屋から。中のもの。。タンス、神棚、飾り物、テーブル、イス、展示物の道具や民具、瓶詰め保存食や、薪、食器、畳など。。。まで、すべて外に出して、1年のホコリをはらう。
一方、年中「いろり」に薪をくべて火をたいているので、天井裏や壁にまっ黒な煤(すす)がつく。空っぽになった母屋の中では、この煤を枝つきの笹でザーッ、ザッ、とはらう。

きれいにした後、畳や建具、家財道具を戻すのも、ひと仕事です。

本当、昔の庄屋さん(豪農)のうちでは、掃除ひとつにしても、人手が30人くらい必要だったんだなあ、というのが、よくわかります。

IMG_3264m.jpg

途中、おやつの時間。皆で食べるとおいしいなあ。
IMG_3261m.jpg

午後は、各自の部所のそうじへと分かれたのでした。


投稿者 yashiki : 2007年12月11日 14:16

このエントリーのトラックバックURL

http://www.hyakunensou.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/443

コメント

お疲れさまでした。

今年は、誰が屋根に登ったのでしょう(笑)

昔ながらの、手間をかけることが大切なんですね。
良い勉強になります。

投稿者 たぬきち : 2007年12月13日 00:53

何年か前にもみじ祭り時期にバイトをしていたものです。みなさん元気ですかぁ?

投稿者 元気印 : 2007年12月14日 00:15

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)