« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月02日

染まっています

手仕事庵と福々屋、背景の山は燃えるような赤色。
IMG_3254m.jpg


すぐ横、長屋門(受付)前では、イチョウの葉が、時折、吹雪のように散り、
子供も大人も歓声を上げています。地面は葉っぱの黄金色です。
IMG_3220m.jpg


館内では、子牛のかえでが干し草とわらのお食事中
IMG_3230m.jpg


12月2日の日曜日の昼下がり、のひととき。

2007年12月11日

大切な年中行事

本日は、1年のうち、もっとも大切な行事、足助屋敷の大掃除です。

まずは母屋から。中のもの。。タンス、神棚、飾り物、テーブル、イス、展示物の道具や民具、瓶詰め保存食や、薪、食器、畳など。。。まで、すべて外に出して、1年のホコリをはらう。
一方、年中「いろり」に薪をくべて火をたいているので、天井裏や壁にまっ黒な煤(すす)がつく。空っぽになった母屋の中では、この煤を枝つきの笹でザーッ、ザッ、とはらう。

きれいにした後、畳や建具、家財道具を戻すのも、ひと仕事です。

本当、昔の庄屋さん(豪農)のうちでは、掃除ひとつにしても、人手が30人くらい必要だったんだなあ、というのが、よくわかります。

IMG_3264m.jpg

途中、おやつの時間。皆で食べるとおいしいなあ。
IMG_3261m.jpg

午後は、各自の部所のそうじへと分かれたのでした。


2007年12月15日

柚餅子(ゆべし)づくり始まりました。

秋の片付けがようやく一段落すると休む間もなく柚餅子づくりが始まります。今年は柚の成り年で、足助のあちこちから柚をもらってくれん、という声がかかります。詳しい製法は足助屋敷のHPで紹介されているのでぜひご覧ください。それにしても、この蒸し上げるときの香りの良さが何ともたまりません。柚の香りに豊穣な自家製味噌の香りが合わさって、こんな香りの蒸し風呂があったら天国だろうなあと思います。蒸した後、寒干しをして販売されるのは3月以降となります。仕込み風景がテレビなどで紹介されると、次の日に買いに来て、あと1カ月以上かかると分かってがっかりされる方が毎年何人かいます。発売時期をよく確認のうえお越しください。
(Oより)

IMG_1111.JPG

IMG_1112.JPG

IMG_1113.JPG

2007年12月17日

売店にて

今日は小学校の体験実習。売店のスタッフが機織り体験の先生役になるため、ピンチヒッターで売店のお店番をした。
紅葉シーズンからすれば、品数は少なくなったけど、まだまだいろんな商品が並んでるね〜。
これは香嵐渓限定のもみじキューピー。時々これを送ってください、というお客さんからの電話が入るんだよね。
送料のほうが高くつくんじゃないかな〜。
屋敷の中で紙漉をしていることもあって、紙関係の商品も多種多様。
大人も楽しめる折り紙なんて、折ったあと飾りにも使えそうでおもしろそう・・・。
和柄の靴下やエコバック、手拭いもなかなか洒落た柄があって、眺めているだけでも楽しめる。

・・・てな感じで、1時間余りの店番もあっという間に終わっちゃいました
(Mより)

HIMG_3293.JPG

HIMG_3297.JPG

2007年12月21日

障子貼り

足助屋敷では一年間のホコリ等を落とす大掃除を各場所
で行い、母屋では障子の貼り替えをしました。

その中で障子に糊をつけて紙を貼る時、破れたり、歪ん
だりしないように、二人一組となって真剣にテンポよく
和紙を貼っておりましたが、それが昔の暮らしのひとつ
の風景を思い起こさせるような光景でした。
(Sより)
HIMG_1185.JPG

2007年12月24日

チビ太がサンタクロース!

今日はクリスマスイブ。

あれっ。チビ太、ひょっとして。。
IMG_3343m.jpg

傘屋のお姉さんがつくってくれた衣装をつけて
今日は足助屋敷館内でサンタクロースになっています。
IMG_3352m.jpg

チビ太が皆にプレゼントしてくれるのは。。
ほのぼのさせてくれる愛情でしょうか。
IMG_3348m.jpg

最近、お年を召して
「指定休日」の日も時々ありますが
出勤日には、ちゃんと営業部長のお役目をつとめておりまする〜
IMG_3346m.jpg


About 2007年12月

2007年12月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.