« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月01日

1年ぶりです。ニーハオ

もみじまつりが本日開幕しました。

今年も南京から招聘した料理人6人が中国菜館で毎日腕を振るっています。

張さんの刀削麺を削る姿も1年ぶり。
懐かしいな〜。

今年の新メニュー、高菜炒め入りの刀削麺をたべてみました。
さっぱりして、こくがあって美味しい。。。ご馳走様でした。

(12月2日まで)
IMG_2407m.jpg

IMG_2422m.jpg

2007年11月02日

竹とんぼ

小学生の子たちが、体験実習でつくったばかりの竹とんぼを飛ばしあっています。
IMG_2436m.jpg

社会見学のピークの10月はすぎましたが、
11月2日の今日は、小学校3校と中学校1校が来館され、
にぎやかな昼間のひととき。

午後3時を過ぎると、子供たちも帰り、大人のお客さんのみ。
秋の夕暮れのしっとりした情緒が漂いました。。。
同じ1日で、空気ががらりと変わりました。


香嵐渓の茶室・東屋の横で、赤くなり始めたもみじ
IMG_2494m.jpg

2007年11月03日

招き猫?

ねこのたま。桧茶屋の入口付近にでん、と居座っているところ。
お客さんを招くどころか、おしりを向けています。 おいおい、たま!!

野良なのか、どこかの家猫なのか、相変わらず不明ですが、
あるときは、足助屋敷の受付に座っていたり、入館券販売のおねえさんの隣のかごの中でお昼寝していたり。

桧茶屋の外の客席でお客さんにおねだりしていたかと思えば、
スタッフが帰る頃、薫楓橋のたもとで皆をお見送りしているときもあり。

香嵐渓の猫、というのが適当でしょうな。

たまも背を丸めるほど、空気が秋めいて、きました。

IMG_2490m.jpg

2007年11月07日

目が離せません

引き続き、中華菜館の話題。
IMG_2540m.jpg

肉まん・水餃子・刀削麺、と続いて
中華菓子のコーナーがあるわけですが、
IMG_2539m.jpg
今年の新メニューは月餅とパイン棒だけかと思いきや。。。

IMG_2536m.jpg
出ました、松酥餅(ソンスンピン)。サクッとした柔らかめクッキーのような食感。
上に載った木の実がアクセント。甘すぎず、くどすぎず、おいしい!お試しあれ。

菓子職人の劉さん
IMG_2538m.jpg

毎年おなじみ開口笑も戻ってきました。
IMG_2535m.jpg

2007年11月08日

銀杏(いちょう)が見頃

もみじで有名な香嵐渓ですが、
今、銀杏いちょうがきれいです。
香嵐渓広場の手前にある2本の銀杏、
奥側はまだ緑色なのに、手前はもう黄色です。
同じ場所にあるのに、不思議ですね。。
IMG_2555m.jpg

青空のもと、いろいろな広葉樹の紅葉があります。
デジカメをもって、スケッチブックを持って
さあ、おでかけください。
11月上旬は、それほどひどい渋滞はないですよ。。

館内、いちじくの木と牛担当のスタッフ
IMG_2541m.jpg

ある晴れた日に

足助屋敷から川見を通り、足助村茶屋までお散歩。
デジカメで風景を撮ってみました。
香嵐渓ってきれいだな。。

まだ(館内)萬々館前の花梨の実
IMG_2577m.jpg

山道に、どんぐりが落ちている
IMG_2580m.jpg

川沿いのお散歩
IMG_2585m.jpg

駐車場さんのテント
IMG_2590m.jpg

IMG_2591m.jpg

IMG_2592m.jpg

柿の実がなってるぞ。。
IMG_2594m.jpg

我が足助村に到着。今だけお茶屋として営業中。
IMG_2596m.jpg

IMG_2598m.jpg

赤いつり橋のたもとにあります
IMG_2600m.jpg

川をみながら、ワンコもひと休みできる客席
2603m.jpg

皆さん、おまちしています
2598m.jpg

帰り道の様子
IMG_2605m.jpg

IMG_2609m.jpg

IMG_2611m.jpg

IMG_2615m.jpg

IMG_2617m.jpg

足助屋敷に戻ってみると
焼きたてフランクをおいしそうに食べる
「お言葉かきます」の名畑雅彦さん
IMG_2544m.jpg

IMG_2545m.jpg

足助郵便局で薦められた
きれいな記念切手の数々
IMG_2548m.jpg

事務所入口で昼寝しているタマ
IMG_2563m.jpg

足助屋敷の中は、11月ものんびりムード漂う。

2007年11月12日

色を楽しむ

銀杏の黄色に加え、
広場周辺の川沿いのもみじが赤く色づきはじめました。

まずは対岸の茶室・助庵から。
IMG_2627m.jpg

IMG_2634m.jpg

IMG_2635m.jpg

川のせせらぎ+対岸の広場辺り、を眺めるのに絶好の場所です
IMG_2637m.jpg

IMG_2644m.jpg

助庵では、期間中、お抹茶・甘酒などが楽しめます。
IMG_2647m.jpg

IMG_2650m.jpg

新しい待月橋を渡って、広場側の岸へ
IMG_2652m.jpg

広場の手前に、栗の木茶屋。もみじに囲まれています
IMG_2656m.jpg

IMG_2662m.jpg

香嵐渓広場では今日から11/16まで三河の陶器市。
中国人料理人も興味深けにのぞいています
IMG_2667m.jpg

川原沿いのもみじの木。色が何色も重なりあっています。
IMG_2663m.jpg

ひのき茶屋の入口にも銀杏。
IMG_2670m.jpg

いちょうの葉の舞い散る下に客席
IMG_2675m.jpg

赤一色ではないけれど、何色もきれいな色が楽しめます

2007年11月14日

今年は”なり年”

母屋の縁側に、柿がつるされています。

「富士さん柿」とよんだりもしますが、いわゆる蜂屋柿です。
木になっている時は硬い渋柿ですが、
皮をむいて、熱湯にさっとつけてから、お日様に干すと。。。
甘い干し柿に変身します。

空気が冷たく感じられるようになって見られる光景。
気温が高いとカビがでてしまう、とか。

山里の豊かさ・ぬくもりを体現しているようなシーン、
今年は豊作=なり年、だそうです。

もみじの色づきに従って、お客様も増えてきました。
IMG_2703m.jpg


2007年11月16日

名前が決まりました

10月24日に生まれたメスの子牛が
外に母牛と共に出るようになりました。

秋に生まれたので「かえで」と命名。

「もみじ」じゃないの?というご質問の声があがりそうですが
実は数年前に生まれた子牛が「もみじ」という名前だったのです。
もみじさんはお転婆でヤンチャな♀牛でしたが、
今度の「かえで」ちゃんはどんな性格でしょうか?

今のところ、おとなしくママの治子(はるこ)のまわりで
遊んでいます。
IMG_2744m.jpg


今いちばんホットな場所

11月16日の現在、一番もみじがイイのは、
ずばり、栗の木茶屋付近です。
風情ありますね。
IMG_2740m.jpg

巴川の対岸には、茶室・助庵があり、
おーい、と合図をおくって会話できそう。
IMG_2731m.jpg

栗の木茶屋の店長さんは、好評のおでんを煮るのに大忙し。
IMG_2724m.jpg

猪(しし)汁とおしるこも寒くなるに従って人気急上昇ぎみ。
IMG_2736m.jpg
IMG_2751m.jpg
もちろん、全部手作りです。

すぐ横では
JAさんと農家さんが地元農産物を販売中。
巨大品種のあたご梨。
IMG_2718m.jpg

写真は約900グラム位ですが、これでも小さいサイズだとか。
(贈答用には、1個1.2キロ以上もあるジャンボ梨が普通だそう)
「さわやかな酸味が少しあるから、長持ちしますよ。」

キノコ栽培セットや柿も並んで、「実りの秋」も感じるスポット。
待月橋から広場へ向かう途中にあります。
IMG_2719m.jpg
IMG_2720m.jpg

2007年11月19日

綺麗なもの、いろいろ

今日の香嵐渓広場は何か、違うぞ。。
IMG_2778m.jpg

と思ったら
あでやかな花咲里佳さん。 (広場の猿回しは今日はお休みのようです)
IMG_2765m.jpg

もう秋の風物詩となったこの歌「香嵐渓慕情」で、
きれいな歌声をきかせてくれます。
IMG_2769m.jpg

中国料理人も思わず一緒に口ずさんでいます。
IMG_2759m.jpg

ステージを撮るのか、カメラを構えるファン(?)の姿も。
IMG_2791m.jpg

  広場の催し案内はこちら(足助観光協会HP)

今日も、いちょうが舞い落ちるきれいな1日です。
IMG_2777m.jpg


2007年11月21日

青空に映えるもの

紅葉が、お客さんも、日ごとに増しているこのごろ、
青空に映えるものを2つ見つけました。

牛小屋の後ろの紅葉、落葉美しい銀杏の黄色と燃えるようなもみじの赤色。
IMG_2820m.jpg

もうひとつは母屋前の館内畑にある柚子がたわわに実っている様子。
IMG_2821m.jpg

足助屋敷でこれぞ、と思う美しいショットが撮れた方はどうぞ画像を送ってくださいまし。
ブログで紹介させていただきます。(大きさは200k程度まででお願いします)

2007年11月23日

冷たくなると、ホットなときがくる

香嵐渓の中、足助屋敷から国道まで、をぐるりと一回りしてみました。
(午後1時30分〜午後2時30分の間)

薫楓亭庭の赤いもみじ+黄色いもみじ
今年も仲良く同時に色づき。
IMG_2847m.jpg

待月橋の東側たもとには、「五色のもみじ」が
今、まさに5色に。
IMG_2854m.jpg
IMG_2860m.jpg

国道153号の巴橋から
IMG_2880m.jpg

お店先の紫式部の実
IMG_2887m.jpg

途中、川沿いでは、民家がギャラリーに
IMG_2891m.jpg

観光協会前の露店ロード
お祭りの縁日のようなにぎわい
IMG_2896m.jpg
IMG_2919m.jpg

花もみじさん
IMG_2923m.jpg

あすけんぼう、おいしそう
IMG_2899m.jpg

バス駐車場:宮町P
IMG_2911m.jpg

ビジターセンター。観光ボランティアが案内してくれる所。
柄澤照文さんの作品がほっこりさせてくれる
IMG_2915m.jpg
IMG_2917m.jpg

あー、それにしても、空気が冷たい。でも、賑わっていますな。
IMG_2924m.jpg

新しくなった待月橋。広くて新しくて頑丈だ。足止めがないのがうれしい。
IMG_2861m.jpg
IMG_2937m.jpg

日が差すと、紅葉が輝きだす。
IMG_2932m.jpg
IMG_2939m.jpg

中国菜館に戻ってきた。ただいま。。
IMG_2942m.jpg
IMG_2943m.jpg

冬支度でも、心はポカポカ、お腹はいっぱい(?)
くつろいでいらっしゃいます。


2007年11月24日

お客さんも、業者さんも、スタッフも、熱い1日

三連休のなか日、足助屋敷前のお店&屋台ゾーンの様子は。。。

焼きたてフランクは広場へ向かって行列。
IMG_2966m.jpg

「お次の方。ハイッ、2本ね。400円です。ありがとうございました!」
IMG_2974m.jpg
IMG_2971m.jpg

こちらは肉まんと水餃子で〜す
IMG_2961m.jpg

今が頑張り時。たくさん作るぞ
IMG_2958m.jpg

うちの自慢のやま柿いかがですかっ
IMG_2949m.jpg

試食どうぞ!白いご飯によく合います
IMG_2954m.jpg

このおまんじゅう3つ下さい
IMG_2980m.jpg

次は何を食べようか
IMG_2978m.jpg

お客さんも、応援の業者さんも、今が一番多い時。
なんか一体感あふれる熱い空気の出店屋台ゾーンです

2007年11月26日

撮影おすすめスポット

朝の午前9時に、撮ってみました。

薫楓亭前、萬々館裏の山道で。
朝日があたってきれいです。
IMG_2984m.jpg

同じ場所で、くるりと反対側を向くと、こんな感じ

IMG_2991m.jpg

日のあたる場所は、近くで撮ってもいいし、
向かい岸から撮っても(見ても)最高!

時間により、これだ、という撮影スポットを見つけてください。

2007年11月28日

紅葉、一気に駆け上がり中。。

昨日の雨に洗われて
もみじが、飯盛山が、香嵐渓が
美しい姿になっています。

薫楓橋あたり
IMG_3000.jpg
IMG_2997.jpg

川沿いも
IMG_3008.jpg

駐車場さえも
IMG_3011.jpg


旅行会社のポスターみたい
IMG_3027.jpg

川原では、おとうさんおかあさんがカップルに戻り、なんかイイ雰囲気。
IMG_3017.jpg

足助村茶屋の客席にもカメラの列
IMG_3024.jpg

山道も
IMG_3039.jpg
IMG_3043.jpg

上から萬々館を見下ろす
IMG_3058.jpg

飯盛山のどこもかしこも美しい
IMG_3060.jpg

足助屋敷から88段の階段を上る香積寺、階段の中継ぎの山道から
IMG_3067.jpg

境内にはいると
IMG_3076.jpg

まるで、京都の寺みたい!という声が
IMG_3095.jpg


コーヒーテラスも豪華な背景
IMG_3108.jpg
IMG_3113.jpg

足助屋敷入口も華やかに
IMG_3117.jpg

今の時期、ノリノリ、ウキウキ気分が漂っている香嵐渓です。


。。。そんな中、子牛のかえでは生後1ヶ月を過ぎ、すくすく育っております
IMG_3123.jpg

2007年11月30日

暖かいおかげ

足助屋敷の入口、長屋門。

いつもは、急に寒くなると、受付前にある銀杏(いちょう)の木がザーッと一晩で散って、
そのあと、紅葉が黄色から赤色に変わり、。。。と変化のスピードが速いのですが

この暖かい気候のおかげで、
まだ銀杏の葉っぱは残ったまま、まわりの紅葉も見頃という風景になっています。
IMG_3178m.jpg

ゆっくりとした紅葉も風情ありますね
IMG_3165m.jpg

お掃除スタッフも絵になっています
IMG_3164m.jpg

おそらく12月10日ぐらいまで見頃が続くのではないでしょうか・・

ただし、「中国料理人が作る刀削麺」は12月2日まで。
まだ食べていない方、この週末までですよ!
IMG_3174m.jpg

About 2007年11月

2007年11月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.