« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月 アーカイブ

2007年10月03日

炭焼きおじい 4

「朴の木いるか。」っておじいが。オラの答えを待たずに
「じゃあ、行くぞ。」ってんで此処は山。

おじいが「木いるか」って時は、まあそのなんですか、山に生えてる
状態の木を切りに行くっちゅう事なのな。
「刺身いるか」って聞かれて、気付いたら漁船で網投げてた。
喩えるならばそんな感じでございましょうか。

atu1IMG_2040.jpg

健脚なんて言葉がございますが、おじいの脚は山タイプに
特化しており、平地はシンドイけれども、山の斜面では
その性能をフルに発揮。瞬間移動でもしたのかと思うほど
脅威の脚力を見せ付ける、恐ろしき「自称80歳」なのだけれども
モーニングは紙すき小屋で、午後の3時は堅香子での
コーヒーを愛する、なかなかどうしてハイカラなおじいなのだった。

山でのおじいからは、どうするこうするなんて指示は一切無い。
切る。倒す。刻む。降ろす。の実にシンプルな作業。
しかしですよ、山ン中で枝を広くはった広葉樹を狙った方向に切り倒す、
ってえのは至難の技であって、下手すれば怪我だけじゃすまんぜ。

atu2IMG_2045.jpg

で、朴の木。うーん。白太が多い。
朴の木は赤身使いなので、これは立木取りして湯呑み。ってサイズ。
にしても朴の色は美しいぜー。深く濃い緑。

atu3IMG_2051.jpg

朴の葉。オラの足よりデカイぜ。

2007年10月05日

ちょっと一息

足助屋敷には炭火で焙煎したコーヒーや
自然果汁のジュースなどを出している堅
香子(かたかご)という喫茶店があります。
この喫茶店のテラスから巴川を眺めながら
名物のコーヒーを飲むとリラックスする
ことが出来、いい気分転換になります。
今が、暑くも寒くもない気温で気持ちが
良い時期なので一度ぜひお立ち寄り下さい。
(Sより)

atuIMG_2190.JPG

2007年10月06日

亀3号 その後

9月の始めに紹介させてもらった亀3号ですが、一身上の都合により、里帰りいたしました。

初日に先輩亀に踏んづけられた後遺症でしっぽが曲がり、精神的にも大きなダメージを受けたようで、ほとんどえさも食べなかったしね。

現在彼が一時住まいとしていた金魚鉢が寂しく棚の上に置かれてます。

ふるさと巴川に帰って、元気になってたらいいけど。。。
(Mより)

atuIMG_2191.JPG

水車が復活しました!!

今年の7月、老朽化により壊れてしまった
紙漉きの隣の水車が今週復活しました。前
回水車を直してから10年以上経過してお
り、ほぼ毎日動いていたわけですから故障
のひとつも出てくるわけです。
しかし、今は以前のように勢いよく水車が
回り、足助屋敷本来の風景に戻りました。
ぜひ、この風景を見に来てください。
(Sより)

atuIMG_2197.JPG

2007年10月08日

土蔵の2階にもどうぞ

土蔵にはいると傘屋さんと桶屋さんがいますが
その階上で展示が2つスタート。

**

ひとつは「佐々木さんの竹細工展」。
ニコニコと仏様のように微笑みながら長年
足助屋敷で竹細工の実演をしていた佐々木さん。

直径1ミリの細い竹ヒゴを使う虫かごや
トンボ・バッタ・スズムシの昆虫、スズランやタンポポなどの花、
カザグルマ・ガリガリトンボ、など竹の細工物をつくって人気者でした。
IMG_2218m2.jpg

70代80代は足助屋敷の職人として
そとのイベントでも大活躍した人。
こんな人生ってステキ!、という気持ちも込めて
作品を展示しています。

**

もうひとつは、今年で9回目。足助屋敷職人による「あかり展」。
今回の担当は、桶屋の橘くん。
幻想的なあかりの世界をかもし出しています。
IMG_2268m.jpg

**

土蔵2階にて、竹細工展は12月2日まで。
あかり展は来年1月いっぱいまで。

2007年10月14日

宝の屋根

足助屋敷と待月橋の間にある栗の木茶屋の屋根修理が始まりました。屋根屋さんは下山の清水さんで、足助屋敷はもちろん足助にある萱葺き屋根はほとんどが清水さんの手に掛かっていると言っても過言ではありません。さて、今日から修理を始めたところ屋根の中からカブトムシの幼虫が出るわ出るわ、それも10や20ではありません。 「通りがかりの子供たちに100匹くらいはくれてやったよ。」と清水さんも思わぬ珍客の大量出現に驚いた様子でした。あと1週間くらいはこの光景が続く予定です。(OK)
atuIMG_1068.JPG

atuIMG_1069.JPG

2007年10月15日

あつめたよ!

足助屋敷館内のキンモクセイは、今日散り始めました。
散った花をかき集めるとこんなにたくさんになったよ。
さすがに落ちた花は、匂いも少なく花をつくような感じは
ありません。
集めた花は、2、3日土蔵に置いておくのでもしよかったら
見に来てね!!
(Tより)

atuIMG_2349.JPG

2007年10月26日

子牛誕生

10月24日水曜日の午後6時30分頃、
牛の治子(はるこ)さんがメスの子牛を産みました。

職員がミーティング中(もしくは終了直後)に誕生したようです。

ちょうどその日の牛当番の炭焼きさんが、朝からエサの食べが悪いなあ、ひょっとして。。
と感じていたらしい。

夕方におこなっていたスタッフミーティング終了後、治子さんのうめき声がして。。
エッ。。?と木地屋さんが懐中電灯で照らすと、産まれたばかりの赤ちゃん牛がいました。
治子が自分の後産の始末よりも先に、子牛の体をなめてお産の汚れを一生懸命とっている姿に、
スタッフは(毎年のことながら)感動してしまいましたヨ。

写真は産後3日目の26日昼の写真。
ママの治子がカメラのレンズから
子牛を隠そうとする隙をねらって
シャッターを切りました。

というわけで、当分の間、母娘牛が牛舎にいます。
驚かせないように、そっと、のぞきにきてください。
(名前はじきに募集で決まる予定です。)
IMG_2404mini.jpg

2007年10月28日

7色X2

台風の影響で一日雨模様だった日、
夕方になって薄日がさし、虹がぱっとかかりました。
しかも2重のダブルレインボー。
飯盛山に大きくかかり、皆でウワーと見とれちゃいました。

香嵐渓では11月1日より紅葉まつりが約1ヶ月始まりますが
きれいな虹のおかげで、こりゃあ、サイサキいいぞ、と、盛り上がった次第。
(S)
IMG_2405mini.jpg


About 2007年10月

2007年10月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年09月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.