« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月01日

蜂の巣

これから日が経つにつれ暑さが徐々に増しますが
屋敷の木の上にいつの間にか蜂の巣が出来ていま
した。蜂の種類は違えども蜂の巣が出来るのは私
が記憶しているだけでも今年で3つ目。
木の上であったり、建物の軒先であったり、また
は草花の茂みの中にあったりと場所も色々です。
蜂が住む環境としてもいい条件が揃っているんで
しょうかね。
(Sより)
atuIMG_1377.JPG

2007年08月03日

新幹線「ひかり号」→「かいこ号」

今日で生まれて24日目
体長75个阿蕕ぁ‖腓くなったよ‼
脱皮は、ここまでに4回したよ。
もう脱皮はしなくて、後は、食べ続けて
”まゆ”をつくる準備をするだけだよ。

そういえば おかいこさんたちは、新幹線にそっくりなんだよなぁ。
新幹線をデザインした人は、おかいこさんをイメージしたのかなぁ〜。
どなたか知っていたら教えて下さいな。

みなさんも 小さな新幹線を見に来てね。
でも早くしないと”まゆ”になっちゃうよ‼
(T)
IMG_1382mini.jpg

2007年08月04日

ジュースバー開店

豆腐料理・薫楓亭に、ジュースバーがオープン!
というわけではないんですが、
ストレート果汁の100%ジュースを3種類とりそろえました。

以前からの定番だった、子供に大人気の伊奈リンゴジュース
加えて、今回、全国から探したのは、酸っぱさがまったくない愛媛・今治のみかんジュース
さらりと飲みやすい長野のにんじんジュース

ごくりと飲むと、そのまま体のすみずみにいき渡る。。自然のおいしさ。

絞ったままのストレート果汁のジュース3姉妹、是非おためしあれ。
(S)
IMG_1385mini.jpg

山にあがる

かいこ達はぞくぞくとまゆを作る準備をして
います。まゆを作る前におなかに溜まった
排泄物を全部出してからまゆを作ります。
その前に人の手でその子達を拾い上げ、
山と呼ばれるまゆを作る場所に移動させて
あげます。その事を山にあがると言います。
(Tより)

atuIMG_1392.JPG

2007年08月06日

足助っていえば、竹の産地なのでした。

8月4日、豊田文化フォーラムの夏の文化塾「足助で楽しむ竹文化」
が足助で開催されました。

竹の専門家の講演会に続き、座談会「矢作川流域の竹文化」があり、
足助屋敷の河合廣美店長もメンバーとして出席、座を盛り上げました。

足助の町並み「たんころりんの会」や竹の演奏家柴田旺山さんもいらして、それぞれの活動を紹介したり、竹を使ったまちおこしや地域づくりのことなど、話がはずみました。

IMG_1400mini.jpg


春のタケノコはおいしいし、
竹ひごを編んでカゴにしたり。。
「竹」はすばらしい素材です! 
身近にありすぎて、つい軽視しがちですが。。
(S)

2007年08月07日

朝は和食から

管理棟が新しくなった足助村
今朝、ちょっとお邪魔してきました。

食堂では、お泊りのファミリーが朝食中。
おいしそうですね。(お腹がグウとなりました)

足助村には和食が似合います。
地元のミネアサヒ米や自家味噌のみそ汁、平飼いされた養鶏場の卵を使うなど、
シンプルながらもこだわっています。(by スタッフ)

元気に1日が始まりますよ!
(S)
IMG_1424mini.jpg

2007年08月08日

足助のかじやさん オリジナルナイフ

江戸末期から190年続く鍛冶屋の手打ちオリジナルナイフ。
木・竹の細工、料理等、万能に使えます。皮のシースも付い
て特にアウトドアには最適。
他に包丁、鉈(ナタ)、鎌(カマ)等も手打製作。又、鍬(クワ)、
備中(ビッチュウ)等の先掛け修理も行なっております。
話は変わりますが、
鍛治屋さんは歌も歌っており、今回新しいCDも出しますので
みなさんよろしくおねがいします!!。
鍛治屋さんのブログ
にて詳しく掲載されております。
(Hより)

atuIMG_1426.JPG

atuIMG_1431.JPG

梅干 パート3

おまたせしました。
梅雨も明け、やっと
梅が干せる時期になりました。

いよいよ我が梅の
デビューの時がやってまいりました。

日の光をいっしんに浴び、
味を凝縮し、良い色、味になります。
中には 色づきの悪い子もいますが
これも自然のなせる業、いろとりどりです。

今は小梅を干していますが
来週ぐらいからは
大梅を干したいと思います。
(N)
IMG_1404mini.jpg

IMG_1416mini.jpg

2007年08月11日

梅干の種飛ばし大会 パート1

本日、足助屋敷にて梅干の種飛ばし大会の初日を行ないました。
大人も子供も汗を流しながら我一番に飛ばすぞという勢いで種
を飛ばしていました。梅干は屋敷の自家製のもので昔ながらの
製法で作ったものの為、口に含んだ時にしょっぱい顔をする子供
達が印象的でした。
初日の記録としては以下の通りです。
子供の部:
第1位は2m86cmで豊田市在住の順一くん。
第2位・2m37cmで同じく豊田市在住の綾那ちゃん、
第3位・2m20cmで同じく豊田市在住の瞳ちゃん、
大人の部:
第1位は7m35cmで豊田市在住の斉藤さんでした。
第2位・7m10cmで同じく津市からお越しの榊さん、
第3位・6m77cmで津市からお越しの坪井さん、

明日、明後日も行ないますのでみなさんも振るってご参加くださ
い。(受付開始時間:13:30、大会開始時間14:00)
二日続けてもよろしいですよ!!待ってまーす。

atuIMG_1489.JPG

atuIMG_1582.JPG

桧(ひのき)茶屋のカキ氷

最近暑い日が続き、カキ氷がおいしい
時期になりました。桧茶屋もカキ氷を
出しておりますが、他のカキ氷とは少し
変わったものを出しております。それは
自家製のイチゴジャムを使用したカキ氷、
屋敷内で栽培した青しそを使用したカキ氷、
自家製梅ジャムを使用したカキ氷です。
イチゴのカキ氷はイチゴ本来の甘さを
味わうことが出来、梅と青しそのカキ氷は
さっぱり感のある甘味があります。
価格は一つ400円です。
ぜひ一度食べに来てください。
(Sより)

atuIMG_1673.JPG

2007年08月12日

梅干しの種飛ばし大会 2日目

「梅干しの種飛ばし」 2日目が終わって
2日間合わせた現在の順位は
下記のようになっています、

子供の部
…礁蕕ん4m18cm(神奈川県葉山町)
∪疑佑ん3m95cm(神奈川県葉山町)
はるかちゃん3m00cm(高浜市)

大人の部
〆粥耕擇気鵤坑蹌毅cm(北名古屋市)
⊂沢さん8m66cm(高浜市)
斉藤さん7m35cm(豊田市)

大人の3位の斉藤さん以外は
全て本日2日目の挑戦者です。

さて明日いよいよ最終日、記録は塗り替えられるか?!
われこそは、という人、是非お越しください。


2007年08月14日

梅干し種飛ばし 最終日

「梅干しの種飛ばし」 最終日が終わりました。
(下の写真をご覧下さい)

* 3日間まとめた総合結果は。。 *

子供の部: 全参加者32名

総合1位 伊藤直也くん(9才 神奈川県葉山町)4m18cm 2日目
総合2位 伊藤正人くん(10才 神奈川県葉山町)3m95cm 2日目
総合3位 惣中康太くん(12才 埼玉県さいたま市) 3m51cm 3日目

大人の部: 全参加者76名

総合1位 斉藤則茂さん(39才 豊田市)9m60cm 3日目
総合2位 佐々木雅浩さん(46才 北名古屋市)9m57cm 2日目
総合3位 杉谷親平さん(20才 名古屋市) 9m56cm 3日目

大人の1位、斉藤さんは初日7m35cmだったのを、最終日に再び挑戦、2m25cm伸ばして
見事優勝に輝きました。

子供の部は、伊藤兄弟が1位2位。3位の康太くんもあわせて、なぜだか関東勢が入賞独占でした。
地元のこども達や西日本のこども、来年がんばって!


**

賞品は、
大人‖助屋敷の商品券3000円分+自家製梅干し200g
大人足助屋敷の商品券1000円分+自家製梅干し200g
大人自家製梅干し200g

子供‖助屋敷の体験実習券(藍染・和紙はがき・竹とんぼ・風車)
子供足助屋敷の体験実習券(上記から2コース)
子供B助屋敷の体験実習券(上記から1コース)

* ユーモア賞(若干名)にも梅干し

以上、送らせていただきます。


1693mini.jpg

1694mini.jpg

1695mini.jpg

1702mini.jpg

1704mini.jpg

1708mini.jpg

夏バテかな?

久々にネコたま登場。
最近は涼しい場所を探してあちこちで大きな顔して寝てらっしゃる。
本日は一日の大半を受付で過ごす。
入館するお客さんが来てもぜんぜん動じない。
暑い日が続いているから少々夏バテ気味かな。
そういえば、屋敷の辺りに出没するようになってもう10ヶ月くらいになる。
派手な喧嘩で傷だらけだった顔もきれいになって、まるでどこかの飼い猫のよう。
もしかしたらほんとはどっかに本宅があるのかな・・・?
(Mより)

atuIMG_1689.JPG

2007年08月17日

セミの抜け殻

8月15日を過ぎ、夏の暑さも徐々に弱まってくれると
いいなあと思う今日この頃ですが、セミ達も急いでいる
のか一斉に殻を破って飛び立ったようです。
その為か今日は一段とセミの鳴き声が強く、勘違いかも
知れませんがいつもより余計に暑さを感じてしまいまし
た。
(Sより)
atuIMG_1731.JPG

atuIMG_1733.JPG

モダンな建物の中でみると印象も違います

香嵐渓より車で5分の百年草
現在開催中の足助屋敷の紺屋職人さんの作品展をのぞいてきました。

百年草の玄関をはいるとそこが3階、というつくりなんですが
左手がフレンチレストラン、藍染めの展示は反対の右手奥にあります。

日本の藍染めの色って落ち着いていていいですね。

”我らが紺屋さん”小林千恵子氏は
仕事が趣味なのか、趣味が仕事になったのか、
とにかく「絞り染め」に魅せられちゃった人。
毎日、藍甕(アイガメ)をかき回しては、次回の作品の構想をねっているのかも(!?)。

百年草2階の売店コーナーには
紺屋さん作の草木染め5本指ソックスや
大人+子供用の藍染めTシャツも置いてあり、好評のようでした。
(S)
1740mini.jpg

1735mini.jpg

1736mini.jpg

1742mini.jpg

1753mini.jpg

2007年08月18日

氷中花

水中花、ではなく、氷中花。
土蔵入口で見つけました。

今年のあまりの暑さに、
せめて、涼しさを目で見て楽しんでもらいたい、と
傘屋さんがお盆ごろから作りはじめました。

1日かけて凍らせた氷中花。
「すごく冷たいね」とお客様が手をふれていかれます。

暑さをしのぐアイデア、ご家庭でもいかが?
(S)
1755mini.jpg

2007年08月22日

スズムシ差し上げます

土蔵の傘屋さんが毎年世話をされている鈴虫。
今年は200匹以上、孵りました。

リーンリーンとよい音色で鳴いています。
今なら、欲しい方に差し上げています。

スズムシの飼い方と
来年に卵を孵す方法を
書いた袋にいれて
プレゼント中。

土蔵でお気軽に声をかけてください。
(木曜は休館日です。ご注意下さい。)
IMG_1768mini.jpg

IMG_1772mini.jpg


センスでうちわもめ。

その後いかがでござあますか。うちわの調子は。

ってえのも、夏の季節限定メニューであるところの『うちわ作り』も
今週いっぱいで看板をさげますで、御用とお急ぎで無い方は
いっちょううちわを作って、多少なりとも涼を感じていただければと
思ったり思わなかったり。いや、思ってる。

本日で、ちょうど555本のうちわが作られた訳ですが
同じ手作業するでも、十人十色。紙の切り方、ノリの塗り方
貼り方と、いやあ、人それぞれでござあますなあ。

「そーじゃないっ」なんて、父ちゃんに叱られてる子。
いや、でもその子、仕事がとても丁寧ですぜ。
「こんな模様どう?」なんて、最初は乗り気じゃなかったのが
今や近寄りがたい目つきでうちわに装飾しているお母ちゃん。
うふふ。一家三代そろってうちわ作りに興じておられる。
仲々どうして、よい風情ですなあ。
(H)
IMG_1762mini.jpg

2007年08月24日

話題の大きな豆

豆腐料理屋薫楓亭のテラスの横に大きな豆がなっています。
その豆の名前はナタ豆と言い、さやの形がナタに似ている
事から名付けられたそうです。漢方薬としてお茶などに利
用される事もあり、効能として歯槽膿漏、鼻炎、蓄膿症、
歯肉炎、痔、化膿性の湿疹、アトピー性皮膚炎、中耳炎、
はれもの、関節痛などがあるとインターネット上に書いて
ありました。ただ、赤い豆の種子には毒性分が僅かに、褐
色の種子には多く含まれ、特にタチナタマメの完熟種子に
は強い毒性があることから物によって注意する必要がある
ようです。(シロナタマメはの種子には毒性は無いそうで
す。)
話が難しくなってしまいましたが、ここ最近薫楓亭のテラ
スで食事をされるお客様にとって一つの話題として楽しい
時間を過ごす一役になっているようです。
(Sより)

atuIMG_1807.JPG


2007年08月31日

謎の。

ある朝、猛暑にさらされた私は発見したんだった。
みずからの精神の均衡を図るべく、木地屋前にて
育んでおるところの水草&メダカの桃源郷に、
得体の知れぬゼリーinツブツブがたゆたっておりました。

一見メダカちゃんどもの卵かと思われる形状。
・・・にしてはツブツブに透明感がなく、それらツブツブを
連結保護するように包む、水溶き片栗粉っちゅうかゼリー状の
ドロリもなんだか不吉に強靭で、不気味このうえない。

メダカちゃんどもは、既に産卵期を終えているので
招かれざる者の卵であろう事は予想にたやすいのだけども、
詰るところ、それはメダカちゃんどもの、ひいては我輩の
心のオアシスに暗雲が立ち込めつつあることを予感させるのさ。

ヒィィ。なにやらグニャグニャして無数に脚のはえた、凶悪かつ
凶暴、捕食のピラミッドを覆しかねない生命体が孵化したらどうしよう。

ってえ事で、我輩の的確かつ迅速な対応により、
ゼリーin謎の卵ちゃんは、別水槽に隔離されたのだった。
くわばらくわばら。
(H)
IMG_1816mini.jpg

About 2007年08月

2007年08月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年07月です。

次のアーカイブは2007年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.