メイン | 2007年04月 »

2007年03月 アーカイブ

2007年03月09日

母屋前のしだれ梅が見頃です

母屋の中では、機織りとわら細工の実演が行われています。また、囲炉裏があり、開館以来27年間、毎日絶やさず薪がくべられ、足助屋敷の象徴となっています。

DSC01415.JPG

2007年03月10日

待月橋が工事中です。

香嵐渓の代名詞・待月橋(たいげつきょう)が架け替え工事のため、10月31日まで通行止めになっています。皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。なお、足助屋敷は通常通り営業していますので、ご来館ください。


DSC01428.JPG

2007年03月11日

これ、何だかわかりますか?

杉、桧・・・。いいえ、さわらの木です。おひつや桶に使われる材料で、土蔵にある桶屋さんが問屋さんから購入してきました。これを適正な長さ(4寸4分)に玉切りし、乾燥しないうちにみかん割りそして柾割りにし、乾燥します。それをていねいに組み合わせて、たがをはめて、桶が完成します。使い捨て社会が蔓延するなか、「物は使われてこそこそ生きる」の理念に基づく屋敷の理念。それがいきづく手仕事が、ここにはあります。


DSC01416.JPG

2007年03月12日

足助屋敷のアイドルです。

私の名前は「はるこ」です。営業部長のちび太に負けまいと、アイドル・はることして日々奮闘しています。もうすぐ4歳になります。じつは妊娠中で、11月に出産予定です。もう少しあたたかくなったら、シャンプーしてもらって、もっとキレイになるんだ。どうぞ、よろしく。

DSCF8946.JPG

2007年03月13日

しいたけ、育っています。

平成17年のGW。イベントとしておこなった「しいたけ菌打ち体験」。多くの家族連れが参加してくれた、このイベント。時は流れ、しいたけも育ち、食べごろをむかえています。この週末、参加者が屋敷を再び訪れて、見事に育ったしいたけを採っていかれました。とても地味な活動ではありますが、こうした「草の根」的なふれあいが、今後とても大切なのではないかと、あらためて実感しています。


DSC01407.JPG

2007年03月14日

はじめチョロチョロ・・・

はじめチョロチョロ、なかパッパ。赤子泣いてもふたとるな。おいしいごはんを炊く秘訣です。足助屋敷の昼食は、水車でついたお米を、クドで炊くというなんとも贅沢な方法で、漬物だけで3杯はおかわりできます。一般のお客さんは食べられませんので、あしからず。


DSC01439.JPG

2007年03月16日

バーベキュー施設・足助村、工事中です。

昨年8月以来営業休止中の「足助村」。ご迷惑をかけております。今年7月末のリニューアルオープンに向けて、準備がすすめられています。営業内容は今までどおり、バーベキュー施設と宿泊棟になります。詳細が決まり次第、お知らせしていきますので、今しばらくお待ちください。

DSC01453.JPG

2007年03月19日

炭材運搬車・大活躍!

炭焼きさんは窯場で作業しているだけではありません。時には炭材の伐木・運搬のため山に入ります。今日は玉切りした材(アベマキ)を運搬車「キャピー」で道まで出しました。じつはこれがなかなか大変な作業なんです。何事においても、肝心なところは見えない努力によって成り立っているんですね。


DSC01464.JPG

2007年03月20日

かたくりの花、咲いています。

春うらら。東京では全国のトップをきって桜が開花したようです。こちら香嵐渓では「春の妖精・かたくり」が咲き始めました。見頃は来週といったところでしょうか。この開花にあわせて毎年行われる「クラフトフェアー」。今年は3月31日(土)・4月1日(日)に香嵐渓広場で行われます。陶器、木工、ガラス細工など、40のブースが出店します。かたくり見学にあわせて、どうぞお越しください。

DSC01488.JPG

2007年03月21日

今日は「お彼岸」の中日。

ということで、今日のお昼は「ぼたもち」でした。「おはぎ」ともいいますが、春に咲く牡丹から春の彼岸をぼたもち、秋に咲く萩から秋の彼岸をおはぎというそうです。今の家庭ではほとんど見られなくなった歳時記が、ここ足助屋敷では活きづいています。

DSC01492.JPG

2007年03月23日

土蔵の前に・・・。

先日、桶屋さんが問屋さんから仕入れてきた「サワラ」の丸太が玉切りされ、みかん割りされ、土蔵の前にきれいに、かつ見事に積み上げられました。春空に映るこの景色は何とも圧巻です。ほのかに香るサワラの香りをききながら、早春のやわらかなひとときをお楽しみください。

DSC01496.JPG

2007年03月26日

コーヒー豆の焙煎中です。

早春のやわらかな日差しとともにきこえてくる香り。業者から仕入れた生豆を屋敷で焼いた炭で焙煎して入れたコーヒーを巴川のせせらぎをききながらお楽しみください。お店の名前は「堅香子(かたかご)」。これはかたくりの花の古語なんです。今がちょうど見頃となっています。あわせて、今週末、3月31日(土)・4月1日(日)には香嵐渓広場において「クラフトフェアー」が開催されます。かたくり見学とあわせて、足助屋敷まで足を運んでください。


DSC01500.JPG

2007年03月28日

明日3月29日は臨時開館です。

足助屋敷は毎週木曜日は休館日ですが、かたくりの花が見頃をむかえ、明日は臨時開館します。
写真は水車小屋をバックに、小生の番傘を写してみました。傘職人が作ったもので、かれこれ5年くらい使っています。かなりいい感じになっています。使ったらしっかり干すのが長持ちの秘訣だそうです。これだけ使い込んでくると、雨の日も楽しみになりますが、今週末31日(土)・4月1日(日)は香嵐渓広場で「クラフトフェアー」が開催されるので、晴れてほしいな。


DSC01514.JPG

2007年03月29日

土蔵の2階から・・・。

ほとんど上がる機会がない土蔵の2階ですが、春の陽気に誘われ上がってみました。これがなかなかよい眺めで、穴場スポットかもしれません。普段とは違う角度・視点であたりを見回すと、意外な発見があるんですね。さあ、あなたも自分自身の足助屋敷を探してみませんか。

DSC01512.JPG

About 2007年03月

2007年03月にブログ「三州足助屋敷Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja

Copyright (C) since 2007 Asukeyashiki All rights reserved.