« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月 アーカイブ

2014年02月05日

フォレスタヒルズにおひなさん展示中。

〜展示のお知らせ〜
現在、フォレスタヒルズにて『土びな』を展示中しています!

フォレスタヒルズは ホテル、レストラン、ガーデンチャペル、宴会場、スポーツクラブなどが充実した総合 リゾート施設です。足助から車で約20分で行くことができます。どうぞ、宿泊やお食事などご利用の際に、ご覧くださいね。
フォレスタヒルズ

今週8日(土)から『第16回中馬のおひなさん』が始まります。
一足お先に、お披露目です。
H26_%A5%D5%A5%A9%A5%EC%A5%B9%A5%BF%A5%D2%A5%EB%A5%BA%C5%B8%BC%A8_c.jpg

おひなさん飾り付け

いよいよ、今週の土曜日(2/8)から『第16回中馬のおひなさん』が始まります。
初日の天候が気になるところですが、本日は昨日よりもグググッ!っと冷え込んでおり、暖かな日差しは出ているものの、非常に寒さが身にしみます。

さて、昨日、メイン会場となる足助交流館と本町区民館のおひなさま飾り付けが行われました。
主に足助交流館では段飾りや御殿びなの展示を、本町区民館は土びなの展示を行っています。

こちら、足助交流館の様子です。
%BE%FE%A4%EA%C9%D5%A4%B1_c.jpg
AT21のメンバーをはじめ、みんなで飾り付けを行いました。

%B8%E6%C5%C2%BE%FE%A4%EA%C3%E6_c.jpg
御殿雛は御殿を組み立てるのに頭を使います!「次はどのパーツ?」と、みんなで相談しながら完成へと近づいていきます。

%B8%E6%C5%C2%B8%DE%BF%CD%D3%F2%BB%D2_c.jpg
御殿びなの五人囃子。現代のおひなさんと比べると、非常に小柄で繊細に作られています。それでも、表情はしっかりとした顔立ちです。ぜひ、近くでご覧くださいね。


また、本町区民館は例年通りに土びなの展示を行っておりますが、今年は、土びなの中でも珍しい、段飾りの土びなを展示します。寄贈していただいた土びななのですが、非常に良い状態です。

足助の町の中を見回してみると、『中馬のおひなさん』に向け飾り付けをされているところが多々ありました。おひなさんに限らず、様々な装飾で華やかに飾りつけをされているところも。足助の町中は町並み景観を良くするため、電柱の地中化や道路の塗装が行われてきました。昨年とは違う表情の足助の町並みに、ぜひ、遊びに来てください。

※『第16回 中馬のおひなさん』は2月8日(土)から始まります。

2014年02月08日

雪景色でスタートのおひなさん!

本日から『第16回 中馬のおひなさん』がスタートしました。
本格的に雪が降り積もってしまい、足助も白銀の世界になってしまいました。
また、雪のため“絵てがみ教室”は中止となりました。ご了承願います。


本日は『がんどう』の日。残念ながら子供たちの姿はポツポツ・・・ということで、町の子と一緒にがんどうめぐりをしてきました。

がんどうは、この地方に古くから伝わるおひなさんの行事で、今年は4か所の和菓子屋(風外、両口屋、加東家、川村屋)で、「おひなさんみせて」と言うと、お菓子などがもらえます。

20140208_gandou_1c.jpg
和菓子屋『風外』での様子。

20140208_gandou_2c.jpg
川村屋でお菓子をもらって「にこっ」!


20140208_gandou_katouya_1c.jpg
加東屋では子どもたちの手作りのおひなさんも展示してあり「あれ作ったの?」とお姉さんとお話もしました。

20140208_gandou_ryouguchiya_1c.jpg
こちらは、両口屋で。お団子を片手に、がんどうをしながらおひなさんを見ることができました。

子どもたちにとって「ワクワク」するイベントです。

本日、あいにくの天候のため、明日も行うところもあるようです。明日は天候に恵まれそうですね。

皆さまのお越しをお待ちしております。

イベントのご紹介(マンリン書店)

第6回 トヨタ自動車デザイナー作品展がマンリン書店、『蔵の中ギャラリー』にて開催中です。『遥の美』〜美濃世界の遊ぶデザイナーたち「中馬のお雛様との出会い」〜

期間:中馬のおひなさんの期間中展示

%A5%DE%A5%F3%A5%EA%A5%F3%C5%B8%BC%A8.jpg

20140208_manrin_2c.jpg
さまざまな作家による作品をご覧いただけます。

20140208_manrin_1c.jpg
階段奥には遊び心あるおひなさん展示中。


20140208_manrinkouji_c.jpg
マンリン小路

蔵の中ギャラリーはマンリン小路すぐ隣にあります。

マンリン書店HPはこちら


雪景色のおひなさん

20140208_kourankei_1c.jpg
雪景色の香嵐渓。赤い待月橋も雪に覆われています。

IMG_3890_c.jpg
こちら足助観光協会。宮町駐車場の道路を挟んで隣にあります。地図や案内図はこちらにございます。

20140208_kyoukai_1c.jpg
おひんさん展示しています。

さて、町中へいってみましょう!


20140208_sionomichizure_1c.jpg
こちら塩の道づれ屋。表に商品が陳列してあります。明日は晴れる予想!お土産を見ながら町歩きも一つの楽しみ。


20140208_sinmachi_1c.jpg
足助の古い町並みも真っ白。


20140208_honmachi_1c.jpg
メイン会場の一つ、本町区民館。土びなが勢ぞろい!今年は土びなでも珍しい、段飾りの土びながあります。

20140208_kouryukan_1c.jpg
足助交流館。こちらでは、おひなさん交流のある徳島のおひなさんをはじめ、寄贈していただいた御殿雛を展示しています。また写真展や絵てがみ教室(土日祝日に開催)もこの場所で行われます。


20140208_kouryukan_2c.jpg
おひなさんで気になったことがありましたら、足助交流館の入り口にボランティアガイドさんがおりますので、気軽にお尋ねください。

20140208_toyosin_1c.jpg

豊田信用金庫前には撮影ポイントがあります!!子ども達の人気スポット。

20140208_chumakan_1c.jpg
こちら、足助中馬館は大正元年(1912年)に新築された稲橋銀行足助支店社屋を利用して、昭和57年に開館された資料館。もちろんおひなさんが展示されているのですが、奥にある金庫室にきらびやかな御殿びなが展示されています。写真は表になりますので、ぜひ、奥までご覧ください。

20140208_asiryou_1c.jpg
足助糧穀には豊田市シルバー人材センターの方々が作られたおひなさんの販売を行っています。さまざまな表情のおひなさんがあります。お気に入りのおひなさんを見つけて、お土産にいかがでしょうか。

20140208_tabakoya_1c.jpg
その他にもお土産屋さんでは雪かきで大忙し。明日からたくさんの方に足を運んでもらえるといいですね。

※写真はイベントの一部を取り上げています。ぜひ、『第16回中馬のおひなさんマップ』の番号を参考に足助の散策をお楽しみください。


※中馬のおひなさん情報はこちら


2014年02月10日

晴れた日には

初日の大雪から2日経ちましたが、路肩には雪かきをされた名残がまだあります。

昨日から天候に恵まれ、町中では麗らかな日差しがさす中、カメラを持って歩いている方やおひなさんを見て一句詠まれている方、お買い物を楽しまれている方などで賑わっていました。

足助の町中は景観整備のため、電線は地中化され、また道路も黒ではなくベージュのような茶系の色に変わりました。空も開けたように感じ、道路も幅は変わっていないものの、白線が無いだけで、広く感じられます。正面の真弓山山頂にあるのは足助城。この町からよく望むことができます。

20140210_sinmachi_c.jpg
新町

20140210_sinmachi_hiroba_c.jpg
新町の広場。さかたや(土産物店)と小松屋(食事処)の間にあたります。足助まいど商店・ひつじ堂(土産物店)が一角に出展されています。

20140210_sinmachi_manrin_c.jpg
マンリン書店(新町から本町へ)は現在、『トヨタ自動車デザイナー展』を開催中です。外にも作品が展示されていました。


20140210_honmachi_c.jpg
本町。足助郵便局周辺です。

20140210_honmachikaikan_c.jpg
本町会館(土びな会場)周辺では、ガラス工芸やアクセサリー、もち花飾りなどなど様々なものをご覧いただけます。

20140210_katouya_c.jpg
本町(加東家前)。


20140210_nagoyamilk_c.jpg
田町銀座(名古屋牛乳)。店先のお店のとの交流も旅の記念になります。

20140210_tamachiginza_c.jpg
中馬のおひなさんでは定番になっている『もち花』はお店によって作りが異なり、シンプルなものから飾り付きのものなど様々あります。

20140210_tamachikouryukan_c.jpg
田町交流館では地域の方々がお店を開いています。


その他にも、田町交流館を過ぎたところにもまだまだお店はあります。ぜひ、町の一番奥まで足を運んでみてください。

20140210_maruichisigashouten_c.jpg
丸一志賀商店

20140210_suzuman_c.jpg
スズマン本舗

20140210_marutake_c.jpg
丸竹商店や松美屋が町の中では一番奥になります。


※今回、町並み景観を中心に写真を掲載させていただいております。
お越しの際には各商店、民家をぜひのぞいてみてください。おひなさんはもちろんのこと、お買いものも併せて楽しさも倍になるのではないでしょうか。

実際に足助の古い町並みを歩いてみませんか?

みなさまのお越しをお待ちしております。

中馬のおひなさんは2月8日(土)〜3月9日(日)までです。

【予告】
3月中旬〜下旬(もしくは4月上旬)にカタクリの花が見ごろとなります。
カタクリの花?っと気になった方、こちらをご覧ください。


2014年02月11日

散策日和

こんにちは。

本日は建国記念日。祝日ということもあり、足助の町中は賑わいを見せています。

足助の古い町並みを、おひなさんを見てまわりませんか。

みなさまのお越しをお待ちしております。

おひなさん

『第16回中馬のおひなさん』は3月9日(日)まで開催します。

てすと4

てすと4

てすと4

2014年02月14日

中馬のおひなさん、二度目の雪

こんにちは。

中馬のおひなさんが(2月8日から)始まり一週間が経過しました。

なんと、本日で2回目の雪に見舞われてしまいました。

本町区民館(土びな会館)のボランティアガイドさんに伺ったところ、訪問された方は十数人とのこと・・・。雪にはかなわないですね。


さて、大雪に見舞われましたが香嵐渓は雪景色。待月橋へ足を運ぶと、雪かきがされていたのですが、公園管理の方の気配りが感じられました。


20140214_%C2%D4%B7%EE%B6%B6_%BD%FC%C0%E3_c.jpg
待月橋の隅と真ん中を除雪してありました。真ん中を除雪していただいたおかげで、足助屋敷や町中の写真をスムーズに撮ることができます。

20140214_%C2%AD%BD%F5%B2%B0%C9%DF_c.jpg
足助屋敷の景色

20140214_c.jpg
巴橋の景色

雨上がりのせいもあってか、霧がかかりきれいでした。


『第16回 中馬のおひなさん』開催中!足助の古い町並みや香嵐渓へ遊びに来てください。

※香嵐渓まで積雪があるところがあります。車でお越しのお客様は冬の装備をお勧めしております。


2014年02月15日

足助の古い町並み(新田町)

足助の町を名古屋方面から見て一番奥の町、「新田町」。明日、中馬なごやか市が開催されます。

詳細はこちら(足助商工会HP)!中馬のおひなさんと一緒に、なごやか市を楽しまれてみてはいかがでしょうか!

2%B7%EE%A4%CA%A4%B4%A4%E4%A4%AB%BB%D4.jpg

足助の奥に位置する新田町

明日『中馬なごやか市』が行われる新田町。こちらは赤い鳥居が目印の足助の町並みの一番奥の町にあたります。(その他の町は、宮町、西町、新町、本町、田町銀座とあり、おひなさんマップでわかりやすくご覧いただけます。)


20140215_%BF%B7%C5%C4%C4%AE.jpg
赤い鳥居が目印です。名鉄バス・おいでんバスでお越しの方は『田町』バス停で下車が便利。


20140215_%BF%B7%C5%C4%C4%AE_%BE%FE%A4%EA.jpg
新田町を飾る土びな。鳥居の近くや町並みの所々に飾られています。

20140215_%C5%C4%C4%AE%B8%F2%CE%AE%B4%DB.jpg
田町交流館。御殿びなや市松人形などを展示中。地元のお母さん方による飲食販売(焼きそばや五目ご飯、おいなりさんなど日によってメニュー変更あり)やこんにゃく、お餅などの販売もされています。ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。


20140215_%A4%ED%A4%B8%A4%A6%A4%E9%A4%CE%A5%AB%A5%D5%A5%A72.jpg
こちらはろじうらのカフェ。

20140215_%A4%ED%A4%B8%A4%A6%A4%E9%A4%CE%A5%AB%A5%D5%A5%A71.jpg
カフェの入口にはおひなさんにちなんだ飾りが展示・販売されています。足助の家の作りは奥まった作りが多くみられます。ちょっと奥を覗いてみてはいかがでしょう。

20140215_%A5%A8%A5%EB_%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%DE%A5%B9%A5%ED.jpg
クリスマスローズとおひなさん。新田町では春のお花やクリスマスローズなどを取り揃えているお店もありました。

本日の今朝までは生憎の雪となってしまいましたが、足助の住民の方の雪かきにより町中は大変歩きやすくなっています。町並みのいたるところに雪かきの名残がありますが、それもたま風情あり。明日は晴天に恵まれ、多くの方におひなさんを楽しんでいただけたらと思います。


足助の町並み(歴史を知る・田町銀座)

20140215_%C6%A3%B2%B0.jpg
藤屋。天井を見上げてみると鉄板でおおわれているのですが、昔、石油屋をされており、その名残をご覧いただくことができます。

20140215_%A5%ED%A5%A6%A5%D0%A5%A4.jpg
ロウバイ。いい香りがします。

20140215_%C3%E6%C7%CF%B4%DB.jpg
足助中馬館。奥まで行くことができます。(お手洗いあり)中馬館は奥までいくと金庫室があり、御殿びなが展示されています。


20140215_%A5%AB%A5%CD%A5%B5%A5%F33.jpg
こららカネ三茶舗。お茶屋さんです。おひなさんを見ながら、休憩にいかがでしょうか。

20140215_%A5%AB%A5%CD%A5%B5%A5%F32.jpg
昭和のおひなさんから最近のおひなさんなど展示されています。

20140215_%A5%AB%A5%CD%A5%B5%A5%F31.jpg
石臼で挽いたお抹茶やスイーツもあり。

20140215_%A5%AB%A5%CD%A5%B5%A5%F34.jpg
現在、足助中央商店街のスタンプラリーに参加すると、中馬のピンバッジがもらえます。
詳細は各参加店にてご確認ください。(スタンプラリー参加店店頭にはチラシが掲示されています。)

20140215_%E8%BE%B2%B0.jpg
観光でお越しの方でしょうか。地元の方から『莨屋』の説明をしていただいていました。
「昔は塩問屋だったんだよ」と、歴史や足助塩について知ることでより一層町歩きが楽しくなりそう♪

20140215_%CC%BE%B8%C5%B2%B0%B5%ED%C6%FD.jpg
写真はガラス越しですが、地元のお土産を見てあるくのも楽しみの一つ。

20140215_%C5%C4%C4%AE%B6%E4%BA%C2.jpg
町並みは歩きやすく雪かきがされています。

みなさまのお越しをお待ちしております。

足助の町並み(本町)

本日(16日)は天候に恵まれ、多くの方に足を運んでいただきました。
昨日と本日の写真を混ぜながら、本町の様子をお伝えします。


20140216.jpg
小松邸では『もち花』を体験(有料)することができます。


20140216_%CB%DC%C4%AE_%CE%BE%B8%FD%B2%B0.jpg
こちらは和菓子屋、両口屋の前にて。昨日とは打って変わって人通りが多く、賑わいを見せています。


20140215_%CB%DC%C4%AE_%C2%AD%CE%C82.jpg
こちらは足助糧穀。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%C2%AD%CE%C8.jpg
御殿雛のおひなさんが展示されているのですが、こちらまで笑顔になりそう。


20140215_%CB%DC%C4%AE_%CA%FA%A4%AD%C3%CF%C2%A2.jpg
だき地蔵。

20140216_%CB%DC%C4%AE_%C3%CF%C2%A2.jpg
だき地蔵は、『出兵した息子が無事に換えることを祈願して、母親がこの地蔵を抱きしめたところ、ひょいっと持ち上がったそうです。このことから、だき地蔵を抱っこして願いをすると、願い事がかなうと言われています』(パンフレット『足助イレブンいい気分』より)
立ち寄られる方が多くみえました。

20140216_%CB%DC%C4%AE_%C5%C4%B8%FD%C5%A1.jpg
田口邸ではガラス工芸や小物など販売されています。普段入ることができない建物です。この機会に中を覗いてみてはいかがでしょうか。

20140215_%CB%DC%C4%AE_%B2%C3%C5%EC%B2%C8.jpg
加東家の『つぼっこ』。竹寒天です。子どもたちに人気のよう。

2014年02月16日

足助の町並み(新町)

こちらは足助の新町です。『第16回 中馬のおひなさんマップ』の中橋を渡り、すぐの町です。


20140216_%BF%B7%C4%AE_%B4%DD%C8%AC.jpg
商店の中にもおひなさんが展示中。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%B6%BF%C2%A2.jpg
郷蔵のなかにはどんなおひなさんがあるのか覗いてみてくださいね。


20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%A4%A4%ED%A4%CF1.jpg
こちらは、中橋を渡り左に歩いていくとある『いろは』。お食事ができます。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%A4%A4%ED%A4%CF2.jpg
変わっているのが、おひなさんは竹で出来ている、竹ひなが展示されています。


20140216_%BF%B7%C4%AE_%C2%AD%CE%C8.jpg
お米屋さんの前には、俵が展示されています。もちろんおひなさんも中に展示されています。


20140216_%BF%B7%C4%AE.jpg
土日となると、出店の数が増え、賑やかに感じます。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%A4%B5%A4%AB%A4%BF%A4%E4.jpg
ウィンドに展示されているおひなさんを見たり、広場での小物を見たりなど、見どころたくさん。

20140216_%BF%B7%C4%AE_%B9%AD%BE%EC.jpg
新町の広場には軽食をとれたり、物品販売がされています。

20140215_%BF%B7%C4%AE_%C2%BC%C4%EA.jpg
もち花

20140216_%BF%B7%C4%AE_%A5%DE%A5%F3%A5%EA%A5%F3.jpg
『マンリン小路』はマンリン書店の横。小路を散策してみてはいかがでしょうか。


足助のまちなみ(町並みの入口・西町)

西町は足助の町並みの入口にあたります。常夜灯が目印です。

20140216_%C0%BE%C4%AE_%B6%CC%C5%C4%B2%B0.JPG
玉田屋旅館。お昼は雛御前ランチをされているようです。

20140216_%C0%BE%C4%AE_siono.jpg
塩の道づれ家の中では、そば打ちをご覧いただけます。軒先には『柚べし』。奥には蔵の中にギャラリーなどもあり、食事や、小物雑貨をご覧いただくことができます。

20140216_%C0%BE%C4%AE_%B6%E2%B8%B6%A4%B5%A4%F3%C2%F0.jpg
金原生花店。おひなさん展示後ろには今までのポスターが掲示されていました。

その他にも、展示しているところはまだまだあります。また、交流館では段飾りをはじめ、御殿雛を展示してあります。

足助の町並み(香嵐渓を一望できる宮町)

久しぶりに晴天に恵まれ、本日は多くの方にお越しいただきました。

こちらは宮町になります。主にお土産屋が多くあります。また、別に五平餅が個々に味が異なり、一本200円前後となり、食べ歩きをするには絶好です。

さて、本日の宮町。
20140216_%B5%DC%C4%AE_%B0%E6%BE%E5.jpg
大型バスでの方や視察の方で賑わった宮町。
おひなさんやお土産を見るだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいそう。

20140216_%B5%DC%C4%AE_%C3%F3%BC%D6%BE%EC%A4%B9%A4%B0.jpg
宮町駐車場近くの様子。

20140216_%B5%DC%C4%AE_%C6%FC%A4%CE%BD%D0.jpg
日の出屋。色々なお土産がありますので、それぞれのお店を覗いてみてください。こちらからは足助八幡宮へ足を延ばしてみるのもおすすめです。

20140215_%B5%DC%C4%AE%A5%DE%A5%F3%A5%DB%A1%BC%A5%EB.jpg
さて、宮町だけではないのですが、可愛らしいデザインされたマンホールを発見。五平餅と待月橋がデザインされています。

おひなさんは1番〜134番まであります。さらに、拠点などを合わせると約140件。全部回っても良し、所々気ままに回っても楽しめる中馬のおひなさん。

ブログにて足助の町(宮町、西町、新町、本町、田町銀座、新田町)を紹介させていただきましたが、まだまだアップしきれていないところはたくさんあります。ぜひ、足助へ直接おひなさんを楽しみにお越しください。

みなさまのお越しを、お待ちしております。

2014年02月22日

足取り軽やかに

天候に恵まれ、足取り軽やかにおひなさんを見に来られている方でにぎわう足助の古い町並み。町の至る所におひなさんはもちろんですが、手作りの小物や食べ物などのお店が並び、見ていてワクワクしてきます。

20140222_%C4%AE%CA%C2%A4%DF_c.jpg
足助の古い町並み

本日、『土びな絵付け実演』を本町区民館にて開催。
20140222_%CB%DC%C4%AE%B6%E8%CC%B1%B4%DB_c.jpg

20140222_%C7%A9%B5%B9%C5%C4%BB%E1_c.jpg
三河大浜土人形作家の禰宜田徹氏による絵付け実演です。本日以外に、2月23日(日)・3月1日(土)・2日(日)と行われます。この機会に、どのように色が付けられているのがご覧ください。


こちらは『紙屋』の特別公開です。
20140222_%BB%E6%B2%B0%C6%FE%B8%FD_c.jpg
紙屋の特別公開がされていました。ちょっと低めの入り口を通り、中に入ります。

20140222_%BB%E6%B2%B0%C3%E6_c.jpg
※普段、公開はしていません。(※3/1(土)10時〜15時も公開します。)
※その他詳細は足助支所までお問合せ下さい。


その他にも、足助交流館では『絵てがみ体験』開催中!大人からお子様まで、絵てがみを描くことができます。おひなさんの記念にいかがでしょうか。

20140222_%B3%A8%A4%C6%A4%AC%A4%DF_c.jpg


お釜稲荷へ行ってみよう!

足助の田町には『お釜稲荷』というところがあります。

稲荷の中をのぞくと、大きな大きなお釜の中にお稲荷さんが祭られているのです。

そして、最近お釜稲荷のすぐ横に、おっきなお釜が出現!

なんとも見事な釜。

20140222_%A4%AA%B3%F8.jpg
お釜稲荷すぐ横!

20140222_%A4%AA%B3%F8%B0%F0%B2%D9%A5%AD%A1%BC%A5%DB%A5%EB%A5%C0.jpg

そして、近くのお店でカラフルなお釜稲荷のキーホルダーを発見しました。

お釜稲荷は以下のような言い伝えがあります。

『昔、700年前ほど前じゃがのう。一升釜を一つ下げた白髪の老人があらわれたのじゃ。この老人、どういう力をもっていたのか、占いから予言まで、百発百中、あたらぬということはなかったそうな。村人たちは、老人のところへ教えを請うては集まってきたのじゃ。するとのう、老人はいつも一升釜でご飯を炊いて「サァサ、どんどん食べなされ」とふるまったが、どれだけ食べても、お釜の中のご飯はなくならないのじゃ。不思議に思って聞いてみると、「われは、これより三十里離れた山奥に住む平八稲荷であるぞよ」と言ったかと思うと、どこへともなく立ち去ってしまったということじゃ。それから数百年。足助の領主の本多淡路守様に、夢でこのことが告げられたので、淡路守様は、この釜をさがしだされ、陣屋の裏に祀られたということじゃ』(新・三州足助より)

そんなお釜稲荷がすぐ隣にある、田町交流館では、おひなさん期間中『稲荷茶屋』を開いています。お稲荷さんや炊き込みご飯や時にはおこしもんなどを販売されています。覗いてみてはいかがでしょうか。

3月2日甲冑行列が行われます

3月2日(日)に田町にて甲冑行列が行われます。

6名ほどですが、勝ちどきを上げながら豊信から観音寺までを行き来します。

時間は、1回目11:00〜/2回目13:30〜

主催:田町発展会

アマゴ特別解禁

アマゴの特別解禁についてお知らせです。

2014amagotokubetukaikin.jpg

主催:巴川漁業協同組合
電話:0565-62-0015

2014年02月23日

『中馬のおひなさんグッズ』好評発売中。

木々に注ぐ光の中から、小鳥の囀りが聞こえてくるこの頃。外を歩くには調度良い一日となりました。
さて、中馬のおひなさんが始まり、春雪に2度見舞われましたが、暖かな日差しに照らされた足助の町中は賑わいを見せています。

現在、中馬のおひなさんハガキを好評発売中。
IMG_3849_c.jpg
『中馬のおひなさんハガキ』第2回〜8回(7枚セット)、9回〜15回(7枚セット)、16回(一枚のみ)のセットです。

7枚セットはセット300円、今年のハガキ50円、土びな辞典100円、ポスターA3サイズ300円にて発売しています。今年のおひなさんの思い出にいかがでしょうか。

販売場所:足助観光協会、足助交流館、本町区民館、足助屋敷、百年草

2014年02月26日

春を告げる花“かたくり”

ここ数日、空気は冷たいものの陽気の良い天候が続いています。

そんな柔らかな陽に包まれる中、足助の町中にはお雛さんを見に来られている方で賑わい、また国道153号線を挟んだ向かい側の飯盛山では木々の間を風が通る音や小鳥の囀りがどこからともなく聞こえてきます。

さて、小鳥の囀りに導かれて飯盛山を登ってみると、カタクリの葉が顔をだしていました。春の訪れを知らせてくれているかのように、あちらこちらにかたくりの葉が顔を出し始めていました。


20140225_%B2%D6%B2%EA%A4%BF%A4%C1_c.jpg
落ち葉の合間からずくずくと姿を現すかたくり。

20140225_%B2%D6%B2%EAappu-_c.jpg
かたくり独特、葉の模様がよく分かります。


20140225_%C2%F4%BB%B3%A4%CE%B2%D6%B2%EA_c.jpg
あっちにも、こっちにも、カタクリの葉。まだ5cmほど。

20140225_%A5%D2%A5%E1%A5%AB%A5%F3%A5%A2%A5%AA%A5%A4-_c.jpg
ヒメカンアオイ。

かたくりの開花時期:例年3月中旬〜4月上旬ごろ

About 2014年02月

2014年02月にブログ「足助観光協会Blog    お問合せは0565-62-1272」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年01月です。

次のアーカイブは2014年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。