2011年08月03日

香嵐渓 夏の山野草

今年は夏とは思えないほど、涼しくて雨の多いおかしな天気が多いですが、植物はやっぱり花を咲かせる時期を間違えないですね。
今年も去年と同じこの時期にキツネノカミソリが顔を出してくれました。
20110803.JPG
咲いている場所は、飯盛山のカタクリの群生地の入口付近。
オレンジ色の綺麗な色をしています。

20110803%20%281%29.JPG
こちらは栗の木茶屋に咲いていたキツネノカミソリ。
キツネノカミソリは、彼岸花のように葉っぱを出さずに花を咲かせます。
ただ、葉の出る時期はそれぞれ違い、彼岸花は花が終わったあとに、キツネノカミソリは春、カタクリの花と同時期に芽を出して葉を広げます。

20110803%20%282%29.JPG
アキノタムラソウです。
最近、香嵐渓のあちこちでよく見られます。

20110803%20%283%29.JPG
よく見るとラベンダーの花のようですが、ラベンダーのようにいい香りはしません。
おんなじシソ科の植物なのにね。

20110803%20%284%29.JPG
ハエドクソウ
この根を煮詰めてハエ取り紙をつくったことからこう呼ばれています。

20110803%20%285%29.JPG
ヤブミョウガの花

20110803%20%286%29.JPG
カノツメソウ
根の形が鹿の爪に似ていることからこう呼ばれています。とても細かい花です。

20110803%20%287%29.JPG
ウバユリのつぼみで脱皮している蝉を見つけました。カメラを近づけようとしたら逃げられてしまいました。

20110803%20%288%29.JPG
ウバユリのアップ。
横から見るとつぶれたラッパのような形をしています。

20110803%20%289%29.jpg
玉紫陽花
香嵐渓でも足助村付近でよく見かけます。
つぼみが小さな玉のようです。花はつぼみよりも大きくなるので、よくあんな小さなつぼみに花が入っているものだと感心してしまいます。

20110803%20%2810%29.jpg
オカトラノオ
細かい花がブドウの房のようになって咲きます。遠くから見ても綺麗な花です。

20110803%20%2811%29.jpg
マタタビの実
6月に咲いていた花が実になっていました。小さな柿の実のようです。
これを焼酎に漬けるとマタタビ酒ができるそうですよ〜。

香嵐渓に咲く夏の花は、全体的に地味で白っぽい花が多いですが、秋に近づくと、鮮やかな紫のアキチョウジや、ホトトギスの胸の模様に似たヤマホトトギス、キンミズヒキ、ヤブランなどまだまだ山野草が見られますよ〜。

投稿者 kankou : 2011年08月03日 14:33

このエントリーのトラックバックURL

http://www.hyakunensou.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/512