« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月01日

な〜んじゃも〜んじゃっ!!

hitotsubatago.jpg
 この間、桜が咲いたと思ったら、もう5月に入ってしまいました。
今年は、何もかもが早いなーと思うのは私だけでしょうか?

 さて、この時期、足助では香嵐渓のもみじの新緑が一番目を惹きますが、昨日、所用で町を歩いていたら、足助商工会の前の『ひとつばたご』の花が満開になっていました。
枝いっぱいについた花が、シトラス系のさわやかでほのかに甘い香りを漂わせながら、そよ風に揺られていました。
この木は、別名で『ナンジャモンジャノキ』と言われているそうです。

 また、ネットで調べてわかったことですが、このヒトツバタゴの本種は日本で絶滅危惧種になっているそうで、天然記念物となっています。西洋の品種で『アメリカヒトツバタゴ』というのもあるそうです。
多分、足助商工会前にあるこの木は『アメリカヒトツバタゴ』でしょうね。
まさか、こんなところに本種があるわけもないし...。正確に調べたわけではないですが...。

 でも、雪をかぶったように見えるこの木は本当にきれいでした。花期も短いようですから、GWで足助の町を散策されるときは、ちょっとのぞいてみてくださいね。

2009年05月02日

あすけルネッサンスは明日から

 明日5月3日(日)〜5月5日(火)まで香嵐渓を中心に『あすけルネッサンス‘09』が催されます。
アマゴつりやアマゴつかみ取り、木工教室、竹細工、木の実アートなど、3日間さまざまなイベントが催されます。
新緑もきれいですし、とてもさわやかです。家族サービスや、森林浴、または日々の疲れを癒しに是非、足助・香嵐渓まで足をお運びください。
今日はテキスト分だけのご紹介で申し訳ありません。
内容は4月30日分のブログにてご紹介いたしましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

2009年05月03日

始まりました!! あすけルネッサンス‘09

%C0%DA%A4%EA%C8%B4%A4%AD.jpg
 今日から始まりましたGW恒例イベント『あすけルネッサンス』。
たくさんのファミリー、カップルが香嵐渓を訪れ、イベントを楽しんでゆかれました。
イベントは5月3日から5日、朝9時30分からスタートし、夕方近い午後4時まで開催してます。

%A4%A2%A4%DE%A4%B4%C4%E0%A4%EA.jpg
まずは、数あるイベントの中でも、一番人気のアマゴ釣り。
今年は去年より釣れ具合もよく、お客さんから好評いただきました(ほっ)。
釣りは大人も楽しめるので、お父さんがお子さんに釣りの仕方を教えているほほえましい姿をよく見かけました。中には娘さんに教えている方もいらっしゃいましたよ。

%A4%A2%A4%DE%A4%B4%A4%C4%A4%AB%A4%DF.jpg
あまごつかみも一時、入場をストップせざるを得ないくらいにたくさんのちびっ子が楽しんでいきました。
%BE%C6%A4%AD%A4%A2%A4%DE%A4%B4.jpg
釣りやつかみで捕ったあまごは焼き場で自分で焼くことができるんですよ。
それがこのイベントの魅力。どの参加者の方も一生懸命、自分のあまごを焼いておられました。
顔も真剣ですよ(笑)。
もちろん時間のない方も大丈夫。釣った(捕まえた)あまごは焼いたものと交換できます。

※あまご釣り、つかみ取りはあまごがなくなり次第終了させていただきますので、ご了承ください。

%A5%B7%A5%E3%A5%DC%A5%F3%B6%CC%A5%D5%A5%E9%A5%C3%A5%D1%A1%BC%A4%C4%A4%AF%A4%EA.jpg
 さて、今年から加わりましたイベントに『シャボン玉パフォーマンス』というブースがありますが、ただ、シャボン玉を作るのを見せるだけでなく、シャボン玉を作る器具フラッパーというものをお客さん自身で作ってもらい、シャボン玉遊びができるんですよ。
%A5%B7%A5%E3%A5%DC%A5%F3%B6%CC%C8%F4%A4%D0%A4%B7.jpg
こんな感じ(w)

%A5%B7%A5%E3%A5%DC%A5%F3%B6%CC%A4%CB%C6%FE%A4%EB.jpg
おじさんの作る大きなシャボンの中に入ることもできます。
こちらのブースは明日4日までとなりますので、お見逃しなく。

このほかに、新緑茶会や竹細工、木工教室、木の実アートなどのブースがありますよ。
それから、明日4日は糸鋸寄席&イトノコマシンガンズの公演がお昼の12時と2時の2回で行われます。
是非、このGWは香嵐渓の『あすけルネッサンス』へ遊びに来てくださいね。

2009年05月04日

「あすけルネッサンス」の訂正記事

 4月30日付けの「あすけルネッサンス」の記事に間違いがありましたので、お知らせいたします。

百年草の「第47回 足助山草展」の日時を 5/3(日)〜5/5(火) 9:00〜16:00とお知らせしましたが、正しくは、5/2(土)〜5/4(月) 9:00〜16:00でした。

ブログをご覧になったお客様には大変、ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした。
明日、5/5(火)は、百年草の「第47回 足助山草展」はありませんので、どうぞお気をつけください。
今後は間違えのないようにお伝えいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ルネッサンス2日目

 今日はルネッサンス2日目、昨日と違って薄曇りのどんよりとした天気でしたが、たくさんのお客様が香嵐渓に遊びにいらっしゃいました。
今日もお子様のお目当てはやっぱりあまご釣りとつかみ取り。
昨日に比べて、釣りは昨日より80人近く利用が増えてました(すごいです)。つかみの方は、残念ながら、ちょっと天気が悪かったので昨日よりも若干少なめでした。
でも、子供たちは川の水が冷たくても関係なく、元気に楽しく川遊びを楽しんでました。さすがですねぇ。
明日5日(最終日)もありますので、是非遊びに来てくださいね。

%BB%E5%B5%F8%A5%DE%A5%B7%A5%F3%A5%AC%A5%F3%A5%BA1.jpg
 さて、今日は糸鋸マシンガンズさんの公演がありました。
バンドの奏でるアフリカや南米系の軽快な音楽にあわせて、糸鋸を使ってちびっ子のリクエストを受けていろんな動物の切抜きを作っていました。
糸鋸をこんな風に使うのをはじめてみました。すごく面白かったです。
%BB%E5%B5%F8%A5%DE%A5%B7%A5%F3%A5%AC%A5%F3%A5%BA2.jpg
パフォーマンスの方のいでたちが白夜叉のようで怖そうですが、子供たちにはとてもやさしくて、作ったキャラクターをプレゼントしてました。
今日、一日だけの公演でしたが、訪れたお客様は大変楽しんでゆかれました。

 明日は、イベント最終日です。
明日も変わらず、あまご釣り・つかみ取り、竹細工、木工教室、木の実アートとございますが、そのほかに三州足助太鼓の演奏が12時から行われます。こちらも是非、ご覧になってくださいね。

2009年05月09日

GWも過ぎて...。

ゴールデンウィークの終盤から降っていた雨もやっとやみ、今日は大変気持ちのよい日です。
GWはイベント『あすけルネッサンス』にかかりっきりだったので、飯盛山の草花たちはどうなっているのか調べに行ってきました。

%B7%B2%C0%B8%C3%CF.jpg
まずは、カタクリの群生地から山を登っていきました。
早春に咲いていたカタクリは見る影もなく、葉っぱすら見られませんでした。
チゴユリもミヤマハコベ、タニギキョウも花期はすでに終わり、山一面がグリーン一色。
%A5%C8%A5%C1%A5%D0%A5%CB%A5%F3%A5%B8%A5%F3.jpg
%A5%D5%A5%BF%A5%EA%A5%B7%A5%BA%A5%AB.jpg
ホウチャクソウ、ウバユリがかなり生い茂げる中、トチバニンジンやフタリシズカが花を咲かせていました。
午前中は木漏れ日が輝いて、風もひんやりしてとても気持ちがよかったです。

%A5%CF%A5%CA%A5%A4%A5%AB%A5%C0.jpg
山頂まで登り、足助中学校側へ降りていく途中でハナイカダを見つけました。
小さいですが、もう実を付けていました。
またしばらく降りていくと今度は山アジサイも見つけました。こちらも小さいながらもつぼみを付けていました。6月ごろには白い花を咲かせてくれそうです。
%C4%AE%CA%C2%A4%DF.jpg
町並みがちょっとのぞけたので、撮ってみました(w)

%A5%BF%A5%C4%A5%CA%A5%DF%A5%BD%A5%A6.jpg
今度は一の谷方面へ足を運んでいくと土手にタツナミソウがちょっとだけ咲いているのを発見!!
こんなに花を付けているのを見るのは初めてだったので一人で驚いていました(笑)
去年は、栗の木茶屋の近くにたくさん咲いていたので、カタクリの終わったころからずっと探していましたがどうやらなくなってしまったようです。
植物って結構、生える場所の好き嫌いがあるんだなぁと実感しました。

5月の中旬は目立った花が咲きませんが、地面に目を向けて歩いてみると結構、小さな発見ができるので、楽しいですね。

宗源寺のエビネ 見ごろを迎えました!!

%BD%A1%B8%BB%BB%FB.jpg
足助の上八木(ウバヤギ)町にある『宗源寺』(そうげんじ)。
お寺の裏山に数千株のエビネが植えられており、現在、見ごろを迎えております。※写真は昨年のものです。

%A4%A8%A4%D3%A4%CD1.jpg
黄色や黄緑、オレンジなどの色とりどりのエビネが咲き誇っています。
%A4%A8%A4%D3%A4%CD2.jpg
薄暗い杉林が花の色を際立たせていますね。
エビネのほかにもクマガイソウも見られるそうですよ。
5月の中旬まで見られるそうですので、是非、足をお運びください。
また、同じ足助にあります東川端町の『エビネの森』さんもそろそろ見ごろなのではないでしょうか。

宗源寺までのアクセス等のお問合せは足助観光協会までどうぞ。

2009年05月18日

たんころりんポスター

tankoro09.jpg

 今年も夏が近づいてきました。
夏といえば足助の風物詩『たんころりん』ですが、皆さんご存知ですか?
『たんころりん』とは、竹かごと和紙で作られた行灯のことで、夏の夜の足助の町並みに並べ灯されます。
和紙を通した火の灯りが、素朴で大変見るものに癒しを与えてくれる灯りのイベントです。

そのたんころりんのポスターが先週、出来上がりました。
今年は、演者さんが主役のポスターになります。
そろそろ町の中に、ポスターが貼り出されますので一度ご覧になってください。

 なお、今年の予定は下記のようになります。
・キャンドルナイト 6月13日(土) 日没〜21:00 ※一夜のみ
・たんころりんの夕涼み 8月 1日(土)〜15日(土) 日没〜21:00
会場は足助の古い町並みで、小雨決行です。

 期間中、『まちなみ演奏会』が各所で開催され、ギターや三味線の演奏されます(無料)ので、ぜひ遊びに来てください。

お問合せは、足助観光協会までどうぞ。

2009年05月22日

ちょっと覗いてみました

%A4%AB%A4%B8%A4%E41.jpg
 今日は午前中に、今週できあがったばかりの『たんころりん』のポスターを協会員さんにお届けする作業をしてきましたが、その途中、あるお店でこんな光景を見せていただきました。
 そこは、足助町西町で代々続いている鍛冶屋さん『広瀬重光刃物店』。
お店には鍬や鎌、鉈、包丁、はさみなどさまざまな製品が並んでいました。このお店では道具をただ購入するだけでなく、修理や研磨もお願いできるんですよ。当たり前でしょうけど・・・( ^^) 

 今日は息子さんが奥で包丁を研いでいらっしゃいました。
前から興味があってちょこっと覗いたことのある作業場ですが、今回、目の前で作業しているところを見せていただきました(w)
%A4%AB%A4%B8%A4%E42.jpg
息子さんはまだまだ修行中の身なんだそうですが、回転式の砥石で手際よく研いでらっしゃいました。さすがですね。
%A4%AB%A4%B8%A4%E43.jpg
なんだか忍者が使うような飛び道具にも見えますが、包丁ですよ(笑)
研ぎたての刃先の光沢がとても綺麗でした。よく切れそうですね。結構、小さめの包丁でしたが、魚をおろしたりするものなんでしょうか?しっかり聞いてこればよかったです。
 余談ですが、私の亡くなったおばあさんも何十年前にここではさみを購入。裁縫の生地をきるのに愛用していて、よく修理してもらっていたそうです。
最近の事務用品にある華奢な物でなくて、切るときにシャリシャリと音の出るしっかりしたもので、今でも自宅にあり、現役です。小気味よい音からしてよい道具だとうかがい知れますね。
 もし、興味のある方は、是非お立ち寄りくださいね。店舗の二階はライブハウス兼喫茶店の『あすけのかじやさん』がありますよ。

2009年05月27日

気持ちのいい昼下がり

 5月も半ばを過ぎ、初夏を思わせるような陽気になってきました。風も心地よく、さわやかで、一年の中で一番よい季節ですね。香嵐渓を含めた山々の緑が色濃くなり、見ていてとてもすがすがしいです。

 さて、今日は、所用を兼ねて町並みの様子を伺ってきました。
%BB%B3%CD%BF.jpg
西町の山与さん前です。
ここは戦前、造り酒屋で『範公』(足助次郎重範を称えて)というお酒を造っていたそうですよ。
残念ながら、今では廃業されてしまって、建物だけが昔の面影を残しています。

%A4%BF%A4%DE%A4%C1%A4%E3%A4%F3.jpg
このお宅のワンちゃん、タマちゃんです。
今日は涼しいお外で気持ちよさそうに昼寝を楽しんでいました。

%B3%CA%BB%D2%B8%CD%A4%CE%B2%D6.jpg
足助は宿場町だったということで格子戸のあるお宅がたくさんありますが、玄関先に鮮やかに咲いていたゼラニウムの花を撮ってみました。
洋花と日本家屋、なんだかミスマッチな感じを受けますが、花と建物のコントラストがきれいに見えますね。
%BE%A6%B9%A9%B2%F1%A5%A6%A5%E9.jpg
しばらく歩いて中橋まで来ました。
ここは足助川の川風が吹いて気持ちいいです。
%C3%E6%B6%B6.jpg
こちらは川上です。
夏の万灯まつりでは、このあたりから川上の新田町まで、川の遊歩道沿いに約7,000個のろうそくが灯されます。大変きれいですよ。

%A5%DE%A5%F3%A5%EA%A5%F3%BE%AE%CF%A9.jpg
新町に入り、マンリン小路まで来ました。
ここは、足助の町並みの中でも人気のスポットで、白壁と板壁の建物が連続した路地となっています。
またも夏にはここでたんころりんが灯され、大変美しい場所になります(周辺にはマンリン書店さんの『蔵の中ギャラリー』というおしゃれなお店があり、お茶もできますよ)。
足助にはこのほかにも小さな路地がたくさんあり、ちょっと変わったところもあります。
それは、また今度ご紹介します。

今度は路地へ

 先ほどの続きです。
今度は、本町に入ってきました。
%A4%A2%A4%AB%A4%C4%A4%AD.jpg
本町に入ってすぐ目に付いたのが、アカツキ写真館さんの店舗先にあるこの鮮やかなツルバラ。
品種はなんというんでしょうかねぇ。ものすごくきれいでした。
そういえば、足助って結構、花の多い町なんですよ。西町からずっと歩いてきましたが、花の絶えるところはないです。
きれいな花は和花でも洋花でもみんな同じ、道行く人々の気持ちを和やかにしてくれます。それにしても、見たことのないような花が多いです。

%A4%AA%A4%D3%A4%F3%A4%BA%A4%EB%A4%B5%A4%F3.jpg
 さて、今日は本通りを歩かずに
ちょっとすぎて精米所の隣にあるお堂の路地を上がっていくと・・・・。

%A5%AB%A5%E9%A5%AF%A5%EA.jpg
おもしろいというか変わった場所があります。
神社の縁日にでもあるような見せ物のような小屋があるんですよ。
ブログ用にちょっと写真を撮っていると、近くでお庭の作業をしていた女性が声をかけてきました。
女性がおっしゃるにはこのカラクリを作ったのはこの女性のダンナさんで、すべて手作りなんだとか。

%A5%AB%A5%E9%A5%AF%A5%EA2.jpg
試しに奥さん自ら動かしてくださいました。

%A5%AB%A5%E9%A5%AF%A5%EA3.jpg
奥さんが紐を引っ張ると、突然、演歌が流れ出し、今年の干支の牛がクルクルと回り始めました。
・・・・ただそれだけなんですが、なんかほのぼのとした感じで楽しかったです。
毎年、ダンナさんが作りかえるということで、来年はどんな出し物になるのか楽しみです。
みなさん、町並み散策の際はこのブログを思い出して、ぜひこの紐を引っ張りにきてください(笑)。
<つづく>

2009年05月28日

宗恩寺の鐘楼

 さて、昨日に引き続きまして、今日も足助の町並みをご紹介します。
昨日は西町、本町とご案内しましたが、今回は新町です。新町と言っても本通りでなく、上田地区の宗恩寺です。

%A5%DE%A5%F3%A5%EA%A5%F3%BE%AE%CF%A9.jpg
 宗恩寺への行き方ですが、まず新町の本通り、マンリン小路から入ります。ちょうど石碑が建ってますのでわかりやすいです。
この坂をあがるとと突き当たりになりますが、そこを左に曲がるとすぐに右へ曲がる道がありますのでそこを曲がったらずーっと山のほうへ上がっていきます(途中、車道に差し掛かりますが、そのまままっすぐ行きます)。

%BD%A1%B2%B8%BB%FB%CC%E7.jpg
細い道をあがっていくと、モミジの緑陰で涼しげな宗恩寺の門前に突き当たります。

%BD%A1%B2%B8%BB%FB%BE%E2%CF%B0.jpg
見上げると鐘楼がありますが、その石垣にテイカカズラの花が咲いていました(そういえば、今が花期ですよね)。

%BD%A1%B2%B8%BB%FB%BE%E2%CF%B02.jpg
そのまま門をくぐって境内まで上がり、先ほどの鐘楼まで来ました。
%BD%A1%B2%B8%BB%FB%BE%E2%CF%B03.jpg
大きな立派な鐘ですね。宗恩寺は足助の町の中で一番高いところにあるお寺。大晦日にはこの鐘の音色が町中に響きます。
 
 実は、ここ宗恩寺は『足助八景』のひとつに数えられる名所で、足助の町並みが一望できる場所なんですよ。
%C4%AF%A4%E11.jpg
正面はモミジ山の飯盛山です。みなさんにはなかなか見慣れない風景なのではないでしょうか。
紅葉のシーズンにここから飯盛山を見るのもよいですね。

%C4%AF%A4%E12.jpg
カメラを左にずらすと真弓山と足助中学校が見えます。真弓山の頂上には足助城が建っていますが、ちょっと見づらいですね。

%C4%AF%A4%E13.jpg
またそのまま左にずらすと、今度は田町方面が見えます。
足助の町の家々が足助川に沿って縦長に並んでいるのがわかりますね。
天気のいい日は是非、宗恩寺まで足を運んでみてくださいね。気持ちがよいですよ。

 余談ですが、新田町にある観音山からもここと同じように町並みを見下ろすことができますよ。

%BB%FB%A4%CE%BB%E7%CD%DB%B2%D6.jpg
ちなみに、帰る際に門前で額アジサイが咲いているのを見ました。
もう夏ですねぇ。

2009年05月30日

たんころりん講習会

1.jpg
 もう5月も終わりになり、季節も初夏に移り変わってきました。
夏といえば、足助の町では明かりのイベントのたんころりんを連想しますが、今回は、今月28日(木)に行われました「たんころりん講習会」にお邪魔しました。
この日は雨だったので、会場はたんころりんの会の会長さん宅の倉庫内で行いました。
今回の生徒さんは豊田市宮口町の自治会の方々で、ご自分で作ったたんころを地元の夏祭りに灯したいとか。
当然のごとく皆さん、たんころを作るのは初めてなんですが、いったいどんなたんころができるんでしょうか?

2.jpg
 まずは、たんころりんの上部、竹ざるの部分を作る作業からはじめます。
ざるの中心の六角形を作り、さらに竹ひごを足して、その六角形の周りに六角形を作って一回り大きい六角形の集合体を作ります。

3.jpg
この写真ではもうざるができてますが、あのような形を作ってから、編み上げていくんですよ。

4.jpg
こちらはざるの部分の淵になる部分(竹のリング)をはめるところですね。
左側がたんころりんの会の会長の河合さん。説明に熱がこもっています。

5.jpg
途中の工程を省いてしまいましたが、ちょうど作業の真ん中くらいの状態ですね。
最初のざるの部分を下にして、放射状に伸びているひごをクロスさせながら横からひごを縫うようにしてひごの間を上下に挿していきます。
これまでの工程が結構大変なので(上下を考えながら編んでいくので)、皆さん口々に「難しいねぇ・・・」とおっしゃいます(笑)

6.jpg
 でも、このあたりまで来ると後は指が作業を覚えてしまうので、ベンチで軽く座りながら編んでいけます。それに、途中、あんなに音を上げていた皆さんが完全に夢中になってしまうので会場が本当に静かになってしまいました(笑)。もう会の皆さんは最後の工程まで何も教えることはありません。

7.jpg
横のひごを10本くらい入れると完成。はみ出ているひごを剪定ばさみで切って形を整えます。

8.jpg
その後、たんころの足になる部分(竹筒を半分に割ったもの)を電動ドリルで穴を開けて、針金で固定します。
9.jpg
たんころが安定して立ったら、後は筒の周りに和紙を巻いて完成!!
この日できたたんころは一人一個ずつで、7個。細長いたんころや目の大きなゆったりした形のたんころとかさまざまですが、初心者にしてはみなさん大変きれいな作品を作られました。
僕は4年間、たんころりんの会の方と作ってますが、不器用なのでこんなにきれいに作ったためしがありません。だから、みなさんすごいです。

 今回は豊田市在住の方の講習でしたが、市外の方でも作ることが可能ですよ。
もし、ご興味がおありでしたら、足助観光協会までご連絡ください。

About 2009年05月

2009年05月にブログ「足助観光協会Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。