« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月 アーカイブ

2009年04月03日

カタクリは見ごろを過ぎましたが・・・

20090403-2.jpg
 早春の妖精と呼ばれるカタクリの花も見ごろを終えてしまいましたが、今は桜の花が満開を迎えております。本数は鞍ヶ池公園や水源公園に比べるとかなり少ないですが、木々の若芽でかすんだように見える山にポツポツとアクセントのように咲いているのを見ても、気分が和らぎますね。

20090403-1.jpg
 香嵐渓の飯盛山も例に及ばず、もみじの赤い芽が吹き始め、遠くから見ると淡い色の花木が咲いているかのように見えています。
これももうしばらくすれば、ライトグリーンの鮮やかな新緑で私達の目を楽しませてくれるでしょう。
また、香積寺の参道に咲くシャガも見ごろを迎えてきますので、こちらも楽しみです。
春はやっぱりいいですね。

2009年04月06日

足助春まつり 花車組み

%B2%D6%BC%D6%C1%C8%A4%DF20090406.jpg
 来週4月11日(土)、12日(日)は足助の武将・足助次郎重繁公をまつる足助神社の祭礼『足助春まつり』が行なわれます。
男衆が主体の秋の足助まつりとは対照的に、春まつりは女の子が主役のお祭で、引き回される山車は花車と呼ばれ、桜や藤などの花で華やかに飾られます。演奏されるお囃子も女の子が主となり、太鼓や歌を歌いながら町内を引き回します。

 さて、昨日5日は、ちょうどお祭の1週間前ということで花車を持つ足助の旧7ヶ町で花車組みが行なわれていました。春の花車は秋とものと比べて複雑な構造ではないので、梶を取り持つ若い男衆が年行司の指示に従って協力して組み立てます。部品の数も少ないうえに、1段だけの車なので組み立て時間も比較的早く済みますが、屋根を取り付けるのだけは大変そうでした。
若衆の中でも比較的体重の軽い人間が柱によじ登って取り付けを行ないます。秋の山車ももちろん屋根の取り付けを若衆が行なうんですが、あの高さに比べたらなんでもなさそうに見えるんですけど、登ってる若衆にとっては結構怖いそうなんですよ(笑)

昨日は骨組みだけ組み立てて終わりましたが、花などの飾りつけは11日(土)の午前中に区民の方々と協力して行ないます。試樂の引き回しも午後からなので、お時間のある方は、準備の様子をちょっとのぞいていただくのも面白いかも知れませんよ。

2009年04月09日

春まつりまであと2日!!

harumaturi_suujitsumae.jpg
足助神社前です。
お祭の前は本当に静かですね。二本の幟だけが心地よい風になびいていました。
あと2日もすれば華やかで、賑やかな春まつりが執り行われます。
春まつりと言えば桜の花ですが、今年はカタクリと同じように開花が早く、お祭まで花がもたないかもと誰しも心配していましたが、当日はなんとかもちそうです。桜のないおまつりは味気ないですからね。
毎夜、各町で練習されるお囃子もそろそろ大詰め。
どの町も今夜はピリピリとした緊張感で一杯なのではないでしょうか。

 春まつりは、試樂祭が11日(土)、本樂祭が12日(日)となっております。
見学される方は、是非、本樂祭の12日(日)にお越し下さい。
花車は午前中に足助の町並みを引き回し、正午前後に神社で奉納囃子を披露されますので、おでかけは午前中がよろしいですよ。

2009年04月10日

春まつりが始まるよ!

%BD%D5%BA%D7%A4%EA2008.jpg
 明日、明後日は待ちに待った春まつりですね。
先日も書きましたが、明日11日(土)は試樂なので、午後2時から午後5時くらいまでしか花車の運行がされません。しかも、各町の区内でしか運行されないので、花車が一同に並ぶことはありませんが、町を歩けば、お囃子が聴こえてきますので、それをたどって花車を探してくださいね。

 明後日12日(日)の本樂は早朝、6時20分から始まり、各町の花車が百年草方面へと順々に運行されます。
市民プール駐車場に花車が集結したあと、また町並みへと帰って、宮町、松栄町と立て場をめぐったあと、最後に神社の社の前にてお囃子の奉納します。
見所はほとんど午前中になってしまうので、ご見学の方はせめて10時には香嵐渓周辺にお越しくださったほうがベストですね。
両日ともに天気が良さそうですので、いいお祭になりそうです。

それに、香嵐渓も少し早めの新緑が見られ、川風も暖かく、大変気持ちが良いですので、おまつりと合せて散策を楽しむのも良いかと思います。
是非皆さん、この週末は足助に遊びに来てくださいね。

※注意 写真は昨年のものです

2009年04月12日

栗の木茶屋の萱葺き葺き替え9

栗の木茶屋萱葺き葺き替えについての近況をお
伝えいたします。
現在は棟を仕上げ、最後屋根の表面の仕上げの刈り込みを行い
ながら足場をはずしています。
以前にも、屋根の刈り込みを行いましたが、より細かく行っており、
足場の丸太をはずすと、一般に想像するような萱葺きのきれいな
出来栄えに仕上がっています。
完成まであとわずか。早く仕上がった建物を見てみたいです。
皆さん是非一度見に来て下さい!!
0412kaya.jpg
0412kaya2.jpg

2009年04月14日

雨の新緑

kourankei20090414.jpg
 先週は週末までずっとお天気が良かったお陰で、桜の花は散ることはなく、花車も良く回り、女の子のお囃子も大変上手に奏でられました。お祭りに参加した子供も、そして大人も楽しい時間を過ごせたんじゃないかなぁと思います。
ただ、初夏のような陽気で非常に暑かったですけどね。

 さて、そんな先週末とは打って変わって、今日は雨。それも、今までのツケを払わされているかのようにまとまった強い雨が降っています。
でも、植物にとっては今日の雨は本当に恵みの雨(ヒノキ花粉に悩まされている方にもですが)。
今日の雨がもみじの新芽を一気に開かせ、色鮮やかなライトグリーンが香嵐渓一面に広がっています。
とくに、今日は霧も出ているので、景色がまるで水彩画のようにまどろんで見えます。
今年は、カタクリからそうですが、季節の移り変わりが非常に早いですね。
シャガの花ももうそろそろ満開になりそうな感じです。

2009年04月15日

雨あがりの香嵐渓

カタクリ、春祭りと大きなイベントでせわしなかったですけど、今、新緑以外に飯盛山の様子はどうなっているのかちょっと散策してきました(笑)。

katakurisunseichi0415.jpg
まずは、カタクリの群生地から入り、そのまま頂上まで登ってみました。
朝の光がまぶしくて、また、雨上がりのお陰で山の土の香りがしてとてもさわやかでした。
mamushigusa0415.jpg
すると、花が終わってしまったカタクリの変色した葉っぱの中にマムシグサなどのテンナンショウ属の植物が勢いよく生えているのがわかります。
その次にウバユリの葉っぱでしょうか。大きなカブのような、ツヤツヤの大きな葉っぱを広げて陣取っています。カタクリの咲いているときは小さくなっていたのにねぇ。

houchakusou0415.jpg
飯盛山の中腹ぐらいから、ホウチャクソウが良く生えており、もう花を付けていました。
花が、神社仏閣の屋根についている『ホウチャク』という形に似ていることからそう名付けられているそうです。風に揺られると音が聞こえてきそうですね。

chigoyuri0415.jpg
山の中腹よりももっと上がって頂上付近になると、今度はチゴユリが咲いているのを見かけました。
草全体がしおれているような感じでダラ〜ンと生えているので、花もうつむいて咲いているように見えます。花色も白というよりなんとなく緑色に近いので、よーく下を見ていないと見つかりません。
まるで、親御さんの影に隠れてこっちを見ている幼い子どものような感じに見えました。

sanchou0415.jpg
山頂です。
たいした高さじゃないですが、背中や頭皮が汗ばむくらいになりながら登ってきました。
ずっと下を向いて登ってきたので分かりませんでしたが、この時期の山頂がこんなに綺麗だなんて気がつきませんでした。
青い空と白い雲、そして新緑。時折吹く風がなんとも心地良い。
仕事じゃなかったら、もっとゆっくりしていたいなぁとそんな気分にさせられました。
ここから見える町並みもとても綺麗でしたよ。

さて、ずっとここで時間をつぶすわけにはいかいないので、落部へと下っていきました。
hanaikada0415.jpg
山頂を下る途中で、ハナイカダを見つけました。
葉っぱの上に花を咲かす変わった花です。葉っぱが筏で、花(実)が人に見えるからこういう名前なんだそうです。
また降りていくと、今度は蛇に遭遇しました。
shimahebi0415.jpg
一瞬、マムシ??かと思いましたが、頭が三角じゃないし、おとなしいので、近づいてよーく見たら『シマヘビ』でした。今日も暖かいので、日向に出て体を温めていたようでした。びっくりさせんなよー。

ichinotani0415.jpg
つり橋までやってきました。
地元民の私が言うのも変ですが、新緑の一の谷を眺めていると、何だか別の観光地に来てしまったかのような感覚を覚えます。それほどに綺麗です。
ここも川風がよく吹いているので、とても気持ちが良かったです。
向こう岸の川原まで下りて、休憩してみるのもいいですね。

syagasunseichi0415.jpg
そのまま足助屋敷まで歩いていくと、今度はシャガの群生地にたどり着きます。
カタクリ群生地ほど広くないですが、白い蝶々のようなかわいらしい花が咲き乱れます。
syaga0415.jpg
シャガは4月中旬から花期を迎えるので、そろそろ見ごろになってくるのですが、まだポツポツとしか咲いていなかったです。
でも、このところの陽気がすぐにでも満開にさせてくれるでしょうね。

これで香嵐渓を一回り、ざっと見て1時間半くらい掛かりましたが、散策するには申し分ないこの時期です。是非、心と体を癒しに訪れてはいかがでしょうか。

2009年04月30日

GWは香嵐渓の『あすけルネッサンス』へ!!

 あっという間に4月も末になり、子供たちが待ちに待ったゴールデンウィークももう目の前。この季節は山々の新緑がまぶしく、吹く風もさわやかでとても気持ちがよいですね。
香嵐渓も例に及ばず、ライトグリーンの鮮やかな新緑が一面に広がり、とても美しい景色が眺められます。
 また、香嵐渓では毎年5月GW恒例の『あすけルネッサンス』というファミリー向けのイベントを開催いたします。
内容は以下の通りとなりますので、ご覧ください。

%B2%F1%BE%EC.jpg
『あすけルネッサンス‘09』
●期間:平成21年5月3日(日)〜5月5日(火) 9:00〜16:00
●場所:香嵐渓広場、三州足助屋敷、豊田市百年草

☆内容
香嵐渓広場
<5/3〜5>
%A4%C4%A4%EA.jpg
◇巴川のアマゴ釣り
%A4%C4%A4%AB%A4%DF.jpg
◇アマゴつかみ取り
%BE%C6%A4%AD.jpg
・釣ったり、捕まえたりしたアマゴは焼き場で自分で焼くことができます。また、焼いたものと交換もできます。
◇木工教室
%A5%AD%A5%E3%A5%E9.jpg
好きなキャラクターを描いて、切り取って、ペン立てを作りましょう!
◇竹細工に挑戦
◇木の実で人形を作ろう
%A4%AD%A4%CE%A4%DF.jpg
木の実を使って思い思い、自分なりのアートを表現してみましょう(w)
◇新緑茶会
%C3%E3%B2%F1.jpg
・木漏れ日の中で、お抹茶を一服....心が癒されそうです。
<5/3、4>
シャボン玉パフォーマンス、フラッパー作り
<5/4 12:00、14:00>
糸鋸寄席&イトノコマシンガンズ
<5/5 12:00>
%C2%C0%B8%DD.jpg
三州足助太鼓の演奏
・地元・足助の創作太鼓集団の「三州足助太鼓」の勇壮な演奏をお楽しみください。

∋綾B助屋敷
<5/3〜5 9:00〜16:00>
作家まつり
・クラフト作家さんのお店が楓門周辺に登場します。
<5/2〜6 9:00〜16:00>
ちびっ子ものづくり体験
・わらぞうりや綿の種取り、傘骨そろえ、まき割り、竹カッポンつくり、木挽きなどの12種類の体験ができます(有料あり)。
<5/5>
柏餅のふるまい
・足助屋敷に入館されたお子様先着100名にプレゼントします。

I看草
<5/3〜5 9:00〜16:00>
「第47回 足助山草展」
足助山草会研究会の作品の展示や、苗などの即売をします。
※場合により、内容が変更になることもあります。

こんなに気持ちのよい日は、外へ出て新緑を眺めてリフレッシュしたり、川遊びをしたりして自然を満喫してみませんか?

About 2009年04月

2009年04月にブログ「足助観光協会Blog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年03月です。

次のアーカイブは2009年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。