[PR] 二重まぶた

2016年05月27日

藍の花がさいた

カメの深さ 約75センチあります。

aigame2.jpg

藍染めの原料のすくも と 灰汁をいれ 毎日 撹拌します。 

**

約1週間で藍の花が咲きます。

aigame1.jpg

カメの上部から五センチ下まで 灰汁を入れたら いよいよ 染められます。

(紺屋N)

投稿者 yashiki : 09:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月22日

父の日も...

6/19は父の日。

母の日の注目度に比べ、父はなおざりにされがちですが、

忘れずに父にも感謝しませう。

売店で、父の日ギフトにピッタリの商品を集めたコーナーを見つけました。

father.JPG

father2.jpg

和てぬぐい、知る人ぞ知る大人気どぐだみ石鹸とよもぎ石鹸、運転時に便利な手袋(藍染めと草木染)、

father3.jpg

雪駄、五本指ソックス、ご予算があれば藍染Tシャツなども良いかも。

**

ストレートに感謝の意を示したいならば

arigatou.JPG

こんなお煎餅もありますよ。

投稿者 yashiki : 12:50 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月15日

粋ですね

日差しを強く感じる日も多くなってきたこの頃、

足助屋敷の傘屋特製の和傘の日傘はいかがでしょうか。

higasa.jpg


これは スタッフ所有のもの。
粋な色の雲竜紙が使われています。

他にも、ご注文されるお客様のお好みの色柄の和紙を貼ることができます。

**

注文を頂いてから仕上がるまでに、お時間が少しかかるので、
この夏にカッコよく日傘で決めたい方、お早目にどうぞお申し付け下さい!

投稿者 yashiki : 09:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月14日

バッグ・イン・バッグ

機織りが手織りした反物で作ったエプロンなどの商品たち。

%A3%E2%A3%E21.JPG


最近、特に人気なのが バッグインバッグ。

外側に手織りの布(三河木綿)を使っています。

%A3%E2%A3%E22.JPG


バッグの中に入れて、持ち物を整理するのに使えば便利ですね。
お好きな色・柄をどうぞ!


(機織り K)

投稿者 yashiki : 09:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月10日

雨上がり

足助屋敷の館内やその周辺で咲いている花たちです。

エビネ

ebine.jpg

ヒトツバタゴ

hitotubatago.jpg

キンラン

kinran.jpg


ジャガイモの花

zyagaimo.jpg


他にも ノアザミ、タツナミソウ、キランソウ、エンゴサクなど かわいく咲いています。

(M)

投稿者 yashiki : 15:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月09日

心の友

本日5月9日は、皆に愛されたチビ太の命日(一周忌)です。


お墓は土蔵前にあるのですが、
土蔵の入口に、昨日、祭壇がしつらえられました。

chi.jpg

この数日間は、お客様にご焼香していただけます。

チビ太、いつまでも皆の心の友でいてね。


投稿者 yashiki : 09:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月08日

チビ太のこと

5月9日は、足助屋敷の営業犬チビ太の命日です。
何だか、あっという間に1年たってしまった気がします。
当時はチビ太の介護が生活の中心で、生活リズムもチビ太に合わせ、休みの日に出掛けることもできませんでした。
もう、その生活が当たり前となり不満も感じなくなった頃、チビ太は亡くなりました。

亡くなる2日前、食欲がなくなり、前日には水分も取らなくなりました。
そして、5月9日の午前6時20分頃、近くにいた母が気付かないほど静かに息をひきとりました。
享年20〜21歳。
『ゴールデンウイーク中に死んじゃったら屋敷のみんなとお別れできないから、ゴールデンウイーク中は死んじゃダメ!』
という言葉をちゃんと守ってくれました。

チビ太のいない生活に慣れてきた、9月25日のお彼岸の最終日。チビ太が夢に現れました。
我が家の仏間に何故か毛布が放置してあるので、片付けようと拾い上げると毛布の下からチビ太が!
チビ太は病気で食事制限される前のぽっちゃり体形でした。
そして、私が初めて手作りしたノルディック模様のフリース・コートを着てくれていました。
(クリスマスの写真で季節外れ感がハンパないですが、このコートが写っている写真がこれしかなかったわ・・・)

chibita.jpg

久しぶりの、真っ直ぐに見つめ返す瞳が嬉しくて、夢の中で一人で大騒ぎしていました。
ただの夢かもしれないけど、そこは来てくれたと思いたいです。
犬にお彼岸の概念があるか分からないけど・・・(^_^;)

そして、今年の4月。
『あ!チビ太のゴハンの時間!!』
と、急に思いました。
もう、すっかり普通の生活に戻って、そんな事を思う事は全く無くなっていたのに・・・。
驚くと同時に『もしかしたら遊びに来てるのかな?』と思い、嬉しくもなりました。
介護の生活は本当に大変だったけど、最期の最後まで看られたことは幸せだったのかもな、と今は思っています。

(傘屋Y)

投稿者 yashiki : 09:38 | コメント (0) | トラックバック (0)