« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月02日

ベニサラドウダン

DSC_5870.JPG
赤ゐ釣鐘形の花ガぶら下ガとはいるでござる。下からのぞくなるまた,違った色気をただにで候かせ候。秋の紅葉も綺麗ござるが,花ガ下向きに面目ないさふに実は 上を向ゐてしなるやかに 今足助城にて満開になり申しているでござる。

2016年05月07日

朝霧の足助城

DSC_5883.JPG
天空の城足助城から物見矢倉 香嵐渓のあるでござる飯盛山を眺めた気色でござる。ひのもとのまちゅぴちゅになり申しているでござる。雲海の上にそびゑ立つ感じはまさに天天空の足助城になり申しているでござる。雨上ガりの足助城よかろうで候

2016年05月09日

金蘭

DSC_5894.JPG
黄色 黄金色に咲くことから金蘭なる呼ばれておる花でござる。人工栽培ガきわめて困難極まることから、絶滅危惧類になり申しているでござる。花は全開せず半開きの状態にてひっそりなる咲ゐているでござる。遠くから覗いて願いたもうぞ。

2016年05月11日

新緑のもみじ

DSC_5892.JPG
新緑の香嵐渓です。香積寺から眺めると額縁にそのまま入れても良いうな眺めでござる。そっなる息を止めて鶯のさゑずりを感じる刻限 魂癒されるでござる瞬間であるぞ。真赤なもみじも良きござるが,新緑なりしがみじ若返りするで候

2016年05月13日

フタリシズカ

DSC_5900.JPG
フタリシズカてござる ふたつの花を能楽の静御前なるその亡霊の舞う姿に名づけられたでござるようであった ヒトリシヅカかなる対比しめたでござるようである。よくぞ探すなると サンニンシヅカかも見つかるでるでござる 香嵐渓の山野草は奥が深ゐでござる候 探しにきてみて願いたもうぞ 

2016年05月14日

ホウチャクソウ

DSC_5904.JPG
花の形や垂れ下ガる姿ガ お寺の軒先に吊り下げらるておる鐘形の飾りホウチャクに似てるこ等なるから命名させたでござるようである かのような小さき花ガ斯様な大きなホウチャクに例ゑられるでござるなるは余程感激したでござるのでござろう 茎ガ枝分かるしたでござる山野草 香嵐渓にて探してみて願いたもうぞ 

2016年05月16日

春の芽もみじ

DSC_5899.JPG
紅葉の新芽ガ鮮やかな色を出しておる 香嵐渓園地には紅葉が沢山ありもうすが、種類もあるでござる。春に芽を出し芽が色づくみじは、あまりないでござる。春から色恋をしておるでござる。見て候 

2016年05月17日

重範としゃくなげ

DSC_5907.JPG
太平記に依るなる弓の名手足助重範は,後醍醐帝の、同志としたもうて笠置山の、戦(いくさ)にて帝の元へ、最初先に駆け参じ幕藩の大軍を相手に、強弓にて以て奮闘したでござるガ,笠置山崩落後捕縛され六条ヶ原にて処刑させたなると記させているでござる 足助城入口の、重範公の600年祭記念碑の、横にて,重範公を称ゑ遅咲きの、しゃくなげガ,真っ赤に色づき咲ゐているでござる 花云葉 券の花を思うておるなる重範公の、為の、花でござる。ゥ拝見してやとは願いたもうぞ 

2016年05月18日

ささゆり

DSC_5917.JPG
ささゆりの、花芽ガ膨らみて参った 園芸化ガ困難極まるささゆりが足助城にて ちらほら花芽ガ色づき始め申した 今月下旬か水無月上旬にはささゆりの晴れ舞台ガ見らる候 天下無双の、香を見逃さづして奉り候 まふすぐでござるぞ

2016年05月20日

かたくりの種子

DSC_5897.JPG
かたくり 古語にては堅香子なるも呼ばれておる ゆり科の、多年草の種でござる かたくりの、分布は、ありが運び広ガるなるも云われているでござるが、香嵐渓ならば、公園管理の吏員ガ種子散布して増やしておる 今年もわずかの量ござるが散布候成り 花が開花するには7年以上かかりもうすが、春を楽しみにまつで候

2016年05月21日

バーベキュー

DSC_5922.JPG
香嵐渓 足助村のばーべきゅー屋敷でござる。足助屋敷にてこしらえた手作り炭を使用しんす 炭の、弱火にてじわじわ焼きおりき肉や野菜は最上の旨みを出しんす 野外にての、焼肉格好 今でござる ほど良い気分になりもうしたら部屋にてごろり 良きひなる時いかがでござろうか 予約してでかけて願いたもうぞ 

2016年05月23日

座禅堂

DSC_5927.JPG
毎日を至極ござりに生きる技術として座禅がござる。 香嵐渓香積寺では 江戸後期の様式を今も残しているでござる 心おちつかせ、精神をきたえる座禅をしてはいかがでござろうか。 

2016年05月24日

ぶどうの山

DSC_5924.JPG
百年草バーバーラハウス人気ナンバーワン日の本一に旨い ぶどうの山でござる。異国のラム酒がたっぷり入ってござるレーズンを特別にねりこみ特別のクリームと山で採取したクルミが混ぜてあるのが 誠に良いぞ 他にもエビと鶏の卵でこしらえた海老カツサンド 食べごたえがあり満足この上ないでござる。いかがでござろうか

2016年05月25日

天日干し

DSC_5744.JPG
竹と木の骨組みに三角に切った和紙を一枚一枚丁寧に糊で貼っていく手間のいる仕事ござる。和紙を貼った番傘は このように天日干しされまた、柿渋が塗られるで候 新しい番傘を開くときにバリバリという音が何とも言えぬ快感でござる。雨の日が楽しみになるでござる。一本いかがでござるか。

2016年05月27日

十王寺

DSC_5931.JPG
香嵐渓にある十王寺です。この寺は鈴木正三和尚が創建した寺です。正三は足助則定城主の長男として生まれ 徳川の旗本として大阪夏の陣で戦功をあげた武将です。42歳のとき家を弟に譲り 出家し宗教自由人として 仏教を日常生活の中で体得できるよう教えを開きました。弟の重成とともに天草 島原の乱以降の天草復興に尽力し 熊本 天草では鈴木神社に神様として祀られています。香嵐渓によって十王寺で手を合わせ熊本復興にお願いしてみてはいかがですか

2016年05月28日

ササユリ

DSC_5945.JPG
淡いピンク色したササユリが開花しました。昨年と同じ日の開花となりました。近年ササユリが減少していると良く言われます。自然が壊れている証でもあるかもしれませんが、ここ足助城では種子で繁殖するよう長い年月と管理をし今でも300本ほどが咲き乱れます。この時期に是非 小鳥のさえずりを聞きながら 殿気分でササユリを鑑賞してみてはいかがですjか 殿様気分で

2016年05月30日

コアジサイ

DSC_5949.JPG
甘い香りのするコアジサイが咲いています。紫花がいっぱいで綿のようにふかふかし、普通の紫陽花にくらべ、花もつぶつぶです。小鳥の嬉しそうな歌声を聴きながら香嵐渓の散策いかがですか

ササユリが見頃

DSC_5962.JPG
ササユリが見頃になっています。白色やピンク色など心癒す色と甘い香りが何とも言えません。是非この機会の足助城 お見逃しなく

About 2016年05月

2016年05月にブログ「足助の殿がゆく」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年04月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。