« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月 アーカイブ

2014年06月02日

セキレイ

DSC04406.JPG
5月23日に投稿したセキレイの卵がヒナになりました。チョット音を立てるだけで大きく口を開き餌を待ってます。親鳥も尾を上下に振って警戒しながら周りを歩いてます。可愛い姿 今ですよ

2014年06月03日

籠文字

IMG_3919.JPG
千社札って知ってますか?神社仏閣にお参りした記念に、住所とか名前を貼る板等です。最近はシール形式の物も沢山あるみたいです。江戸文字の中の籠文字と呼ばれる字体です。最近は奉納自体を禁じる神社・仏閣もあるそうですので、チョット確認してから貼ってください。

2014年06月04日

ササユリ

DSC04430.JPG
ササユリが満開です。ササユリ見るなら今です。足助城には全部で100本程のササユリが群生しています。遅く咲くササユリもありますが、今ですよ・・綺麗な時期にまったりとしてください。

2014年06月06日

板倉さいば

IMG_3933.JPG
松尾芭蕉が東の横綱なら東の大関は、板倉塞馬ではないかと言われた 足助が生んだ俳諧人です。この句碑は、塞馬が仲間と協力して建てたものです。【馬をさえながむる雪のあしたかな】・・景色の良いことを、松尾芭蕉の俳句で自然石に書き込んだものです。また、塞馬は、黒炭の手法等も足助に伝えた人物です。塞馬の墓は、普光寺(新町)にあります。探してみてください。

2014年06月07日

足助ロマン

DSC04471.JPG
山のあたたかさが いま 宿る 緑色のレーザーを 蒼穹に発して ああ・・・雨上がりの飯盛山が眩しく見えます・・・その横で昔屋がチョット涙をだしています・・・素朴な趣の生き甲斐工房【昔屋】と飯盛山のコントランス見てください。又今日は キャンドルナイト たんころりんも夕方実施します・・素朴な足助にどうぞ

2014年06月08日

たんころりんの夕べ

8%B7%EE%CA%BF%C6%FC%C0%BE%C4%AE.jpg
昨日 省エネ啓発のイベントとして一夜だけの キャンドルナイトたんころりんが 足助の町並みで開催されました。街角では、ミニ演奏会も開催され、ビールを片手に・・まったりとしながら・・夕涼みすることができました。たんころりんは、地元の方一人ひとりが、想いをこめ、竹籠と和紙で仕上げた行灯です。心安らぎました・・・ありがとうございました。 次回は、8月2日(土)から15日(金)まで 足助たんころりん として開催されます・・・ももちゃん号(フランクフルト)も出店します・・お待ちしてます。

2014年06月10日

格子戸

IMG_3898.JPG
足助城の格子戸です。よく見ると格子が三角になっています。これは、敵からの矢玉が直接入らないよう角度をつけた工夫がなされているのです。凄い知恵だと感心します。それと窓が白っぽいのが解ると思いますが、白いと部屋の中が見えにくくなるのです・・・これは、現在でも利用されています。窓に白のレースカーテンをするのが、その流れです・・・足助城で昔の知恵を確認してください。

2014年06月11日

紫陽花

DSC04434.JPG
6月の雨のしずく 紫陽花の花・・・足助城のガク紫陽花が見ごろになってます。紫陽花の種類・色もたくさんありますが・・ガク紫陽花いいね・・・特に雨上がりです。足助城で楽しめます。

2014年06月13日

いざ出陣

IMG_3891.JPG
武士は、食わねど 高楊枝 という武士ならではの我慢強い精神を持っていますが、いざ出陣のときに、腹が減っては戦ができません。そこで、足助城には、土間に塩を混ぜて、いざという時に、土間の土と飯を持って出陣したようです。そのために土間が少し白くみえるのは、塩が入ってるのです。ビックリした知恵です。土間に入るときに、砂を落として入らないと・・・なんて思ってしまいます。

2014年06月14日

お〜町奴か

DSC04477.JPG
 久しぶりに町娘が、拙者に会いに来てくれたの〜人別帳に載ってるか、これこれ調べといてくれ・・可愛いの〜満足じゃ

2014年06月15日

あじさい

DSC04479.JPG
今日は、父に感謝の日、百年草の父の日ギフトと紫陽花いかがですか?足助城は、今 西洋紫陽花が満開です。日本固有のガクアジサイも見ごろです。和気あいあい・・紫陽花の花言葉?梅雨の晴れ間を足助城でくつろいでください。

2014年06月21日

早すぎる紅葉

DSC04486.JPG
待月橋の直ぐ上の紅葉がほんのチョットですが、赤くなっています。これは、水不足か原因で起こる現象です。この紅葉は以前・・・・被害のあった紅葉です。緑の中に・・美しくも見えますが寿命が心配です。早い手入れをして守ってやりますが・・・悲しく赤くなった紅葉見てやってください。皆さんの愛情で元気になるかも?

2014年06月22日

DSC04491.JPG
足助屋敷で今お蚕様を飼っています。お蚕様と言うくらいだから昔から貴重な収入源の昆虫として育てられていました。単位も一匹とも呼びますが、一頭とも呼ばれます。今は一令幼虫です・・これから二令幼虫として脱皮を四回繰り返し成虫になっていくのです・・その後貴重なマユを作っていくのです・・見る価値ありますよ。

2014年06月24日

木桶

DSC04499.JPG
夏の定番といえば、やっぱり素麺です。シンプルな味を美味しく、氷を入れて涼しげに盛り付けた木桶で ツルツル 足助屋敷の職人にお願いして作っていただきました。何時でも注文を受けていただけます・・・どうですか・・夏を涼しく 美味しく

2014年06月25日

2令

DSC04501.JPG
お蚕さんが脱皮しました。2回目(2令)です。蚕は他の昆虫と違って、人間が手をかけなければ生きていけません。毎日足助屋敷の傘屋さんが優しく面倒をみています。優しくすればするほど・・・素晴らしい繭がとれます。まだ2回脱皮します・・観察に寄ってください。

2014年06月27日

達磨の図

P1000154.JPG
香嵐渓にある香積寺の25世住職 風外本高和尚の達磨の図です。風外和尚は、加茂一揆の騒乱を鎮めたり、説法をしたり、人望の厚い住職でした。香積寺には、立派な住職がたくさん居たそうです。資料もあります。香嵐渓の足で立ち寄ってみてください。

2014年06月28日

家紋

DSC04503.JPG
足助城城主 鈴木氏の家紋です。下がり藤が鈴木氏 抱き稲穂が奥様方の家紋だと言われ、足助氏の旗印として 足助城に展示してあります。この藍染は、今 足助屋敷の紺屋で作成中です。紺屋は、灰汁を使う昔ながらの手法で基本的な藍染をしています。作成できしだい足助城に藍染の旗印を展示します・・・お楽しみに

2014年06月30日

粋な宴会

%B1%E3%B2%F1.jpg
暑い日が続きます・・この頃毎日、香嵐渓の川沿いや、足助村でBQを楽しむ若者がいっぱいです。チョトだけマナーの悪い人たちもいますが・・粋な宴会が続いてます・・新緑と鮎の飛び跳ねる姿をみながら・・粋に宴会を香嵐渓でいかがですか?。

About 2014年06月

2014年06月にブログ「足助の殿がゆく」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年05月です。

次のアーカイブは2014年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。