« 2014年04月 | メイン | 2014年06月 »

2014年05月 アーカイブ

2014年05月02日

新緑が最高です

IMG_3831.JPG

昨日東海テレビの「スイッチ」で観光協会の長さんが紹介され、足助での楽しみ方が放映された本日は、ボチボチ一部のお店が流行ってました。流石メディアの影響は大きいです。足助の新緑が昨日の神様の洗濯により、益々輝いてます。足助城から町並みを見ながらの紅葉・新緑とってもよいですよ・・・明日からは足助ルネッサンス・・楽しみがいっぱいです。

2014年05月03日

アマちゃん

IMG_3870.JPG
本日は、足助ルネッサンスでした。アマちゃん1200匹つかみ捕り・・大人気でした。子供たちが、何も思わずベチョベチョ・・ビチョビチョになって魚を捕る姿は、癒しを感じる瞬間です。捕ったアマちゃんを自分たちで焼いて食べる笑顔が何とも言えません・・まだ2日あります。癒しに来てください。

2014年05月05日

ありがとうございました。

IMG_3882.JPG
今年の足助ルネッサンス終了しました。皆さんありがとうございました。足助の街がチョットの間でしたが賑わいました。足助の良さを・・香嵐渓のメチャメチャ綺麗な緑の紅葉を見て頂き、感謝です。少しですが皆さんに・・視覚で・・ 味覚を味わっていただくよう尼ちゃん100匹どうぞ

2014年05月07日

間尺に合わない

IMG_3896.JPG

足助城の本丸の横に長屋があります。この長屋は間口を広く取り、攻め込まれた時に、逃げやすくするための工夫がされていると聞いています・・・この作りの中に、計算の合わない柱の組み方がしてあります。これが、尺に合わないことから・・割に合わない・・その計算に合わない・・損になるといわれます。間尺に合わないな〜って使ってみてください。ちなみに足助城を見てから使用開始にしてくださいよ。

2014年05月09日

母の日

IMG_3916.JPG
今月11日(日)は日頃の母の苦労を労り、感謝を表す日です。一般的にはカネーションを贈る方が多いみたいですが、今年は百年草のギフトはどうでしょうか?ZIZI工房で頑固親父が作ったフランクと
優しいバーバラのラスクが入ってます。花より団子です・・・まだ間に合います・・百年草でお待ちしてます・・・・インターネット予約も可能です。

2014年05月10日

姫かな?

IMG_3953.JPG
眩しいほどの新緑に覆われている この美しき香嵐渓に拙者を訪ねてきてくれた二人がいたそうじゃが・・いずこへ・・・さがしてチョンマゲ・・草花のフタリシズカ草の中にでも隠れているのじゃろうか?初夏の前のひとときに・・ちこう・・チコウ 

2014年05月12日

頑張ってました

IMG_3949.JPG
足助の町並みを再生しようと一生懸命働いている人たちに出会いました。古民家を復活させて・・と言う思いで、汗をかき木材を搬送している棟梁に感激しました・・良くみると・奥のいかつい人も頑張ってました。

2014年05月13日

男しめ縄

IMG_3897.JPG
しめ縄とは、天照大神が天岩戸から出てきたときに二度と天岩戸に入らないように、しめた縄で戸を塞いだのが、注連縄の起源と言われています。横綱の土俵入りも、しめ縄をしてますが、写真も・・しめ縄です。このしめ縄は、男しめ縄と女しめ縄があります。竹の部分に火縄銃の銃先を入れて、反動防止、飛び火防止に使用します。足助城には、男しめ縄が吊るされていますが、足助八幡宮には両方吊るされています。確認すると納得します。

2014年05月14日

こけら落とし

IMG_3900.JPG
足助城本丸の屋根は、薄い小さな板(サワラ)を上下左右に敷き詰めた屋根です。この作りを「こけら葺き」と言います。本丸は36枚から40枚使用しています。長屋は12枚です。どの時代も偉い人は、屋根の厚さまで違うということがよく解ります。長屋は、「こけら葺き」の中の「のし葺き」とも言われています。 屋根が完成した時に、木屑を掃き落とすことから・・・こけら落としと言う言葉が生まれたとか・・・

2014年05月17日

小さな新緑

P1000146.JPG
待月橋のはなたに、小さい新緑を植樹しました。プランターの中にまだ細っそりですが新緑の紅葉が出迎えています。川遊びをしながら、初夏を楽しんでくださいと・・言ってます。大事に育てて大きくします・・・皆さん確認してください。

2014年05月19日

とったぞ〜

IMG_3973.JPG
待月橋の下に・・・青い物体が・・人では?まさか鵜宙人では・・との通報があり、大至急、胴長靴を履いて、急流に向かいました。イヤイヤ結構深くて難義しましたが、何とか救出完了・・・採ったぞ〜なんだ・・エンビ管?のような風呂の欠片?のよう・・・鮎をビビラス物体をゲットしました。これで鮎も安心して大きく成長します。香嵐渓の鮎模様も最高ですよ。

2014年05月20日

立ったら

P1000160.JPG
足助屋敷のシャクナゲが満開で見ごろです。足助屋敷初代の炭焼きさんが、植樹したシャクナゲです。色んなシャクナゲ見てきましたが・・・こんなに花が大きいのは・・初めてみたような??『立てばシャクナゲ 座れば牡丹 歩く姿は豚の・・違ったユリの花』 足助城も見ごろです・・シャクナゲ見てやってください・・でかいシャクナゲ

2014年05月21日

草鞋

IMG_3920.JPG
足助八幡宮には、足助の地名を表すように・・足を助ける・足がよくなる・足が速くなる等々・・ 足の神様が祀られています。左右足の草鞋が確認できます・・・ちなみに足助屋敷には、願掛け草鞋も売られています。旅行に行く前の安全祈願 試合前の祈願に是非立ち寄ってお祈りしてください・・・願掛け草鞋を持つと効果は絶対に倍増します・・・・

2014年05月23日

鶺鴒台

P1000166.JPG
婚礼の式場に供える床飾りの一つを鶺鴒台(セキレイ)と言います。足助城のトイレの窓に今、セキレイ?の卵が四つあります。処分しようと思ったのですが・・・神の鳥のいわれがあってチョット大事に見守ってます。イザナギとイザナミの愛に関する・・・・神の鳥・・・新しい命の誕生を楽しみにしてます。足助城でソット見てください。

2014年05月25日

花いかだ

P1000115.JPG
葉っぱの上に 花が咲くチョット面白い花です。足助でチョクチョク見かけます。よく観察すると本当に不思議です・・・探してみてください。

2014年05月26日

雨どい

IMG_3888.JPG
雨どいとは、雨水を軒先に集めて、地下や下水まで導いて排水する部材の事をいいます。ところが戦国時代の山城(足助城)では、排水する部材がなく、流れてきた雨水を板で受け止め、地上に水を落とし、その水を活用していたのです。凄い作りですよ・・・見てください。

2014年05月27日

蹄鉄

IMG_3894.JPG
蹄鉄は、馬の爪?を守る馬具の中でも最も重要な物ですが、戦国時代では当然そのような技術も無く、材料もありませんでした。そこで左の方に写ってるチョット小さい草鞋がありますが、人間とおなじようにこの草鞋を履かせていたそうです。直ぐに傷んでしまいそうですが、半日位は何とか持ったみたいで・・・江戸時代頃まで馬に草鞋を履かせていたようです。足助城に展示してありますヨ・・

2014年05月28日

小紫陽花

DSC04390.JPG
フワフワした綿毛のような優しい花を見つけました。木の下の明るい場所にひっそりと咲いている姿は・・・うん〜何とも言えません。飯盛山で沢山見つけましたが・・・香嵐渓にも柔らかな紫色して咲いてました・・・ソット見てやってください。

2014年05月30日

ぎょぎょ

DSC04392.JPG
香嵐渓を歩いていたら・・・ビビッタ〜蛇が〜・・と思ったらテンナンショウと言う草花の種類でした。別名マムシ草とも呼ばれていて、茎の部分も蛇模様みたいで・・チョット気になる草花でした。ウラシマ草ともよく似てますが・・この草花を昔人は食していたと聞きます。凄い思いだったろうと思います・・香嵐渓で探してみてください・・ビビルデ〜


2014年05月31日

ショウジョバカマ

DSC04399.JPG
少女ではありません。ショウジョとは、伝説の動物で、人の言葉を理解するチョット赤らがをの大酒飲みにたとえられていて、花の形がチョット似ていることから付けられた花だそうです?ショウジョバカマと言います。この花の凄いのは、葉っぱから根が出て子孫を増やしてるのです。挿し穂?をして出た花です。ビックリしました。香嵐渓でたくさん見られます。花は、カタクリの時期と同じです。来年の春お待ちしてます。今たくさん挿し穂してます・・・お楽しみに

About 2014年05月

2014年05月にブログ「足助の殿がゆく」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年04月です。

次のアーカイブは2014年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。