« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月01日

新町を歩く

今日は新町をご紹介します。

shinmachi20120226.JPG
中橋を渡って左側、クリーニング屋さんの軒先に竹筒が組まれて飾られていますが、この筒の中におひなさんが飾られているんです。

shinmachi20120226%20%281%29.JPG
今年は門松のように切った竹筒が登場していました。この中にもおひなさんが入っていました。
真っ青な青竹と竹の切っ先がとても綺麗でした。これはなかなか趣がありますね。

shinmachi20120226%20%282%29.JPG
最初の交差点を左(馬頭観音の方向)に向かっていくと
、山下仏具店さんがあります。一階は仏壇の修理などの作業場になっているので、代わりに二階におひなさんがあるのです。

shinmachi20120226%20%283%29.JPG
「あー、あんなところにあるよ」とお客さんが気がつきました。

shinmachi20120226%20%284%29.JPG
「あれ、まー!!」
そりゃぁ、普通は目に付くところに飾ってあるものですから気付かないのも仕方ないですね。でも、コレはコレでおもしろい展示の仕方かも(^^)

shinmachi20120226%20%285%29.JPG
そのまま、先に進んでいくと『竹ひな』さんがあります。

shinmachi20120226%20%286%29.JPG
こちらにはその名の通り、竹のおひなさんが飾られています。
矢師の貴重な技を豊田市の無形文化財として指定されていらっしゃいましたこちらのお父様が丹精こめて作り上げられたものです。

shinmachi20120226%20%287%29.JPG
おひなさんの後ろに飾られている矢ももちろんお父様のもの。

shinmachi20120226%20%288%29.JPG
こちらは官女と武官。持っている道具にまでこだわっていますね。

shinmachi20120226%20%289%29.JPG
本通りに戻ってきました。

shinmachi20120226%20%2810%29.JPG
交差点辺りにある郷倉。普段は足助まつりの山車の部品がしまってあるのですが、おひなさんのときは展示会場となります。

shinmachi20120226%20%2811%29.JPG
足助糧穀さんのおひなさん。御殿の中におひなさんが入っています。
この社殿、確か手作りだったときいてますが・・・・どうだったかな?

shinmachi20120226%20%2812%29.JPG
風外寅餅さんです。

shinmachi20120226%20%2813%29.JPG
店内にはテーブルとイスがありますので、お菓子やお茶を飲みながら見ることができます。

shinmachi20120226%20%2814%29.JPG
ちょっと離れたところで、風外さんの焼き草もちを販売していました。

shinmachi20120226%20%2815%29.JPG
ちょうど網に乗せたばかりの草もち。もちろん焼かなくてもおいしく食べられるんですけど、アツアツの草もちの方がおいしいそうです。

shinmachi20120226%20%2816%29.JPG
『さかたや』さんです。
昔は呉服店でしたが、今は小物屋と喫茶店を経営されています。

shinmachi20120226%20%2817%29.JPG
店内の奥の座席には所狭しとおひなさんが綺麗に飾ってあります。

shinmachi20120226%20%2818%29.JPG
外に出て、右の小松さんのお店の中を通っていくと、少し坂になっているところがあります。そこを降りるとさきほどのさかたやさんのもう一つのおひなさんが飾られています。


shinmachi20120226%20%2819%29.jpg
ここにはたくさんの吊るしびなでいーっぱい!!お店の中にも吊るしびなはありましたが、あそこの倍はありますね。

shinmachi20120226%20%2820%29.JPG
マンリン書店さんの前にやってきました。このあたりから古い建物が際立って見えてきます。

shinmachi20120226%20%2821%29.JPG
書店の中に入りました。
見渡すとおひなさんが見当たらないように思えますが、実は本棚の上に土びなが飾ってあるんですよ。

shinmachi20120226%20%2822%29.JPG
マンリンさんの隣には、「マンリン小路」と呼ばれる小道があります。
白壁と黒い板壁のコントラストが美しい場所です。

shinmachi20120226%20%2823%29.JPG
小路を上がっていくと、先ほどのマンリンさんが経営するカフェ&ギャラリーの『蔵の中ギャラリー』の入り口があります。もちろん書店の中からも入ることができます。
左側の建物は全部マンリンさん。本通りから裏路地まで奥行きの長い作りとなっているんですよ〜。

shinmachi20120226%20%2824%29.JPG
中はこんな感じになっており、おしゃれな空間が広がっています。
ここではコーヒーやケーキなどがいただけます。

shinmachi20120226%20%2825%29.JPG
さらにこの奥にはギャラリーになっており、季節ごとに違う内容で展示がされています。
入場の際は喫茶店でドリンク付きのチケットをご購入くださいね。

次回は本町をご紹介します。

2012年03月02日

本町の賑わい

足助の町並みの真ん中、本町にやってきました。

honmachi20120226.JPG
マンリン書店からちょっと歩くといつも人だかりができているところがあります。
ここ小松さんのお宅では、足助のおひなさんには欠かせない「もち花」の教室を行っています。

honmachi20120226%20%281%29.JPG
赤白黄色緑のお餅を豆粒くらいの大きさにちぎって練って、竹の小枝に付けていきます。
色は交互に入れていかないと綺麗に見えないので、気をつけてね。
教室は今週末の3/4(日)までですので、ご注意下さい。

honmachi20120226%20%282%29.JPG
お隣の『両口屋』さん。昔は繭問屋だったそうですが、戦後、商売替えをして和菓子屋さんになったそうな。

honmachi20120226%20%283%29.JPG
店内に入ると、ここのおばあちゃんのおひなさんが飾ってありました。写真はおばあちゃんが子供の頃の写真だそうです。

honmachi20120226%20%284%29.JPG
両口屋さんのおすすめの「いがまんじゅう」。赤黄緑の三色がとても綺麗ですね。
そのほかにも、干し柿の中に栗きんとんを入れた「中馬柿」、柔らかい食感とあんこの入った「白パン」も好評です。

honmachi20120226%20%285%29.JPG
本町区民館前をとおり、

honmachi20120226%20%286%29.JPG
その隣の田口さんのお宅に来ました。田口さんのお宅は足助の町並みを代表する町家の一つで、表も中も立派なつくりになっています。

honmachi20120226%20%287%29.JPG
ここでは愛知職人衆の方がお店を出されています。これはガラス細工。

honmachi20120226%20%288%29.JPG
おひなさんのお皿もあるみたいですね。

honmachi20120226%20%289%29.JPG
奥には座敷があり、そこにはおひなさんが飾られています。
いかにも商家らしいシックな空間が広がっています。

honmachi20120226%20%2810%29.JPG
黒光りした立派な家具の上にまたこれも立派なおひなさんが飾ってありました。

honmachi20120226%20%2811%29.JPG
お向かいの近藤自転車さん。
おひなさんのほかにもここのご亭主がお作りなった足助まつりの山車のレプリカ4台が並んでいました。
細かい部分まで再現されているので、一見ですよ。

honmachi20120226%20%2812%29.JPG
お、ちょうどリアカーの八百屋さんが通りかかりました。
最近、足助の町並みでは、地元の八百屋さんがこうやって、買い物になかなかいけないお年寄りのために新鮮な野菜や果物を販売しているそうです。

honmachi20120226%20%2813%29.JPG
三嶋屋さんにやってきました。

honmachi20120226%20%2814%29.JPG
さすがは昔、旅館だった三嶋屋さん。表玄関は広くて趣があります。
おひなさんを何を飾ってもしっくりきますね(^^)

honmachi20120226%20%2815%29.JPG
番頭台だったところにもおひなさんが飾られていました。
振り子時計と火鉢がなんともレトロな雰囲気を醸し出していますね。

honmachi20120226%20%2816%29.JPG
表を出て、今度は白久商店さんへ。

honmachi20120226%20%2817%29.JPG
以前にもお伝えしたことがありますが、ここは昔から続く商家。柱や梁が黒光りしています。

honmachi20120226%20%2818%29.JPG
天井の高いお店ですので、このような吊るし飾りや吊るしびなが大変よく映えますね。

honmachi20120226%20%2819%29.JPG
また表に出まして、今度は加東家さんです。

honmachi20120226%20%2820%29.JPG
加東家さんの座敷です。
ここには加茂一揆のときの刀傷が残されていることで有名です。
夏はここでお菓子やお茶をいただけるんですが、おひなさんのときは展示会場になってしまいます。

honmachi20120226%20%2821%29.JPG
お店の前では「つぼんこ」と呼ばれる竹寒天が売られていました。

honmachi20120226%20%2822%29.JPG
お尻にあたる竹筒の節の部分にきりで穴を開けてもらって、口で吸うと寒天がニョロっと出てくるというもの。青竹の香りと懐かしい味がしますよ。

honmachi20120226%20%2823%29.JPG
加東家さんのおすすめはこの桃の形をした饅頭だそうです。

honmachi20120226%20%2824%29.JPG
真ん中にちっちゃなおひなさんがおまけで入っていました。
かわいいですね。

honmachi20120226%20%2825%29.JPG
お土産に是非どうぞ。

honmachi20120226%20%2826%29.JPG
店頭で蒸している酒饅頭もおいしそうでしたよ。

honmachi20120226%20%2827%29.JPG
お店を後にしようとしたら、ここの若夫婦が一緒に出前(?)から帰ってきました。
いつも仲がいいですねぇ〜(^^)

honmachi20120226%20%2828%29.JPG
お向かいは、町並み案内処ということで、足助屋敷さんと百年草さんが共同でお店を出しながら、案内をしています。

honmachi20120226%20%2829%29.JPG
ここで売られている百年草のラスクは大変人気で、ストロベリー味はその中でも一番おいしいとか。

honmachi20120226%20%2830%29.JPG


honmachi20120226%20%2831%29.JPG
ショーウィンドウのお雛様

honmachi20120226%20%2832%29.jpg
案内所には足助屋敷の紹介ボードなどが展示されていますので、是非、中のほうまでお入り下さい。
休憩もできますよ。

honmachi20120226%20%2833%29.JPG
足助糧穀のお米屋さん。ここを左に曲がっていくと田町に入ります。
皆さん、ここで終わりじゃないですよ。是非、田町まで足を運んでくださいね。

honmachi20120226%20%2835%29.JPG
お米屋さんには、目にガラス玉が入った土びなの清正さんが待っています。会いに来てね。

次回は、田町へ入ります。

2012年03月03日

行こうぜ!! 田町に

さて、今日は田町をご紹介します。

tamachi20120226.JPG
足助糧穀のお米屋さんの突き当りを左に曲がると豊田信用金庫さんが見えてきます。
ここには顔出し写真看板があります。週末になるとお子様連れのファミリーが楽しそうに写真を撮っていかれます。

tamachi20120226%20%281%29.JPG
はす向かいのお肉屋さんの『井筒亀』さん。
行ってみると長〜い行列が!!

tamachi20120226%20%282%29.JPG
お客さんのお目当てはコレ。猪肉のコロッケです。

tamachi20120226%20%283%29.JPG
揚げたてアツアツのコロッケ、おひとついかがですか?

tamachi20120226%20%284%29.JPG
井筒亀さんのまたお向かいの『すぎたや』さんです。

tamachi20120226%20%285%29.JPG
ここは喫茶店です。中に入ると、なんとなーく昭和な雰囲気が漂ってます。
ここのかつ重(カツ丼)はカツに味が染みててとってもジューシー(^^)
地元の若い衆には大変人気のメニューです。

tamachi20120226%20%286%29.JPG
お隣の『川村屋』さん。足助の名物「日月もなか」を取り扱っています。

tamachi20120226%20%287%29.JPG
中のあんこは白いんげんを使っています。この白いんげんのあんことパリッとした皮の相性が抜群。
遠くからでも買い求めにやってくる方もいらっしゃるとか。

tamachi20120226%20%288%29.JPG
ちょっと作業場を見せていただきました。ほう、こんな風になっているんですねぇ。

tamachi20120226%20%289%29.JPG
おひなさんのお土産に是非、どうぞ。

tamachi20120226%20%2810%29.JPG
少し進むと、お茶屋さんの『カネサン茶舗』さんがあります。ここの前を通るといつもお茶を焙じる香ばしい香りがします。

tamachi20120226%20%2811%29.JPG
店頭でお客さんに見てもらえるように焙じ機が置いてあります。これまた年季の入った機械ですねぇ。
お店では、お茶のほかにも自家製シフォンケーキも一緒にいただけるそうです。

tamachi20120226%20%2812%29.JPG
まだまだ進みます。

tamachi20120226%20%2813%29.JPG
左手に『ひつじ堂』さんが見えてきます。西町にも『まいど商店』っていう名前でお店を出しているんですが、こっちが本拠地なんだよね。

tamachi20120226%20%2814%29.JPG
あ、今年もありました!!「ひつじ堂おみくじ」。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。お遊び感覚でお試しください(^^)

tamachi20120226%20%2815%29.JPG
中に入ると、様々な創作小物が売られています。ひつじ堂なのにひつじよりも猫が多いんじゃない??
かなり個性的なお店ですので、一度試しに来てみてね。

tamachi20120226%20%2816%29.JPG
上を見上げると二匹の竜と神さんがいます(笑)
隅々まで見てってね。他に何かがいるかも・・・・。

tamachi20120226%20%2817%29.JPG
お向かいには『名古屋牛乳』さんがあります。

tamachi20120226%20%2818%29.JPG
お店の正面にででーん!!とおひなさんが飾られています。
おひなさん、お店の半分を占めているんじゃないでしょうか。お店の方、思い切ってますね(^^;)

tamachi20120226%20%2819%29.JPG
牛乳屋さんなので、当然、扱っているのは牛乳。
左からフルーツ牛乳、普通の牛乳、コーヒー牛乳です。みなさんはどれがお好きですか?私はやっぱりフルーツですな。

tamachi20120226%20%2820%29.JPG
牛乳のほかにみたらし団子、五平餅も売っています。食べてってや〜。

tamachi20120226%20%2821%29.JPG
こちらはカレンダーですが、昨年、ここの猫ちゃん「まるちゃん」が日本出版社『猫びより』(2011年3月号)に掲載されたときに写真を撮影された岩合光昭氏のカレンダーです。
タイトルは『のら』。
まるちゃんは飼猫なんですが、なぜか「のら」(笑)。
お求めは書店でお願いします。名古屋牛乳さんでは売ってませんので、ご注意を。

tamachi20120226%20%2822%29.JPG
おかみさんが手にしているのは名古屋牛乳特製のトートバッグです。おかみさんが普段、配達に使っているものと同じとのことですが、結構、売れてるんだそうですよ〜。

tamachi20120226%20%2823%29.JPG
足助中馬館です。
ここは、昔、銀行だったところ。今は資料館になっており、ここにもおひなさんが飾られています。

tamachi20120226%20%2824%29.JPG
『塩座』さん。
かつては塩問屋だったところで、最近、改修され、市の文化財にも指定されています。
文化財なんですが、れっきとした住居兼お店です。取り揃えている品は主にお塩。おつけものも売られています。中もちょっとしたギャラリーにもなっていますので、足を運んでみてね。

tamachi20120226%20%2825%29.JPG
最後に『井筒屋陶器店』さんです。
茶碗やお皿をはじめとした陶器のほかにかわいい陶器の人形も取り扱っています。
あと、ここのでっかい信楽焼き(?)のたぬきも見てみて〜。地味だけど、その存在感が結構、足助の名物にもなってます(笑)

明日は、町並みの終着地点・新田町をご紹介します。

2012年03月04日

いらっしゃいませ 新田町

町並みの最終地点にあたる新田町にやってきました。

shintamachi20120226.JPG
新田町の表玄関はこの赤い大鳥居。
この鳥居をくぐっていくと、先日お伝えしたパワースポット・お釜稲荷さんがあります。
このあたりでは、百年草ZiZi工房さんのモモちゃん号が出店、フランクフルトを販売しています。

shintamachi20120226%20%281%29.JPG
この日は珍しく、ZiZi工房とバーバラはうす(ベーカリー)の店長さんたちが共同でフランクを焼いていました。
今年は普通のフランクフルトとチーズ入りフランクフルトがあるそうで、土日になるとバーバラはうすとコラボレーションの特製ホットドッグも販売されるそうですよ。

shintamachi20120226%20%282%29.JPG
通りに戻ります。『エル』さんです。

shintamachi20120226%20%283%29.JPG
お店は主に婦人服を取り扱っているのですが、おひなさんの初日には「がんどう」(子供にお菓子をあげる行事)に参加していただきました。
御殿びなの他に、おひなさんのタペストリーが壁に飾られていました。

shintamachi20120226%20%284%29.JPG
その先を進んでいくと、『こまや』さんがあります。
こちらではみたらし団子や五平餅、味噌こんにゃく田楽、おでんといったものが味わえます。

shintamachi20120226%20%285%29.JPG
新田町には、こういった白壁と黒い板壁の建物があちこちに残っています。

shintamachi20120226%20%286%29.JPG
先日のブログでもお伝えした『バンバン横丁』さんです。

shintamachi20120226%20%287%29.JPG
焼き芋の焼けるあまーい香りがほのかにしてきます。
店長自ら焼き芋の焼き加減をチェックされていました。これから木箱に入れて売り歩かれるのかな?
バンバン横町さん、ただの焼き芋屋さんじゃありません。土びなの製作にも手がけられていて、ここでも土びなの販売をしています。もしよろしかったら、お店を覗いてみてくださいね。

shintamachi20120226%20%288%29.JPG
このあたりのカーブは見通しが悪いので、車に注意してご見学下さい。

shintamachi20120226%20%289%29.jpg
みなさん、この新田町の通り沿いにこういった小さな灯篭があるのしっていましたか?
灯りの代わりに手作りの人形たちがこんな感じで飾られているんですよ。かわいいですね。

shintamachi20120226%20%2810%29.JPG
田町交流館にやってきました。

shintamachi20120226%20%2811%29.JPG
ここでは新田町のおかみさんたちが共同でお店『いなり茶屋』を出しています。
ラーメン屋、肉まん、手作り菓子などが売られています。是非、ご賞味くださいね。

shintamachi20120226%20%2812%29.JPG
もちろん、ここにもおひなさんは飾られていますよ。

shintamachi20120226%20%2813%29.JPG
また先に進みますと、旅館『山城屋』があります。素泊まりだけの営業ですが、宿泊が可能です。

shintamachi20120226%20%2814%29.JPG
お客様に気兼ねなく見ていただけるように玄関先におひなさんが飾られています。
旅館だけにやはり年代の古いおひなさんが飾られています。

shintamachi20120226%20%2815%29.JPG
山ごぼうの味噌漬けの『スズマン』さん、履物を取り扱っている『ゲタマン』さんです。

shintamachi20120226%20%2816%29.JPG
お店の向かいにある工場の前で漬物を販売していらっしゃいますが、ここのおすすめは、山ごぼうの味噌漬け。このまま袋から出して、洗わずに食べてもおいしいです。
私たち地元住民は足助まつりのときによく買ってきてはお酒のつまみに食べてます。
足助の女の子たちも大好きで、春まつりの花車の運行中、ここを通る時に若い衆がお使いで買ってくるとおやつに食べています。コリコリした歯ごたえが小気味良いです。

shintamachi20120226%20%2817%29.JPG
スズマンさんからもう100メートルほど先に行くと、『丸竹商店』さん、『松美屋』さんがあります。

shintamachi20120226%20%2818%29.JPG
丸竹商店さんでは、主に生活雑貨を取り扱っていますが、中にはこんなブリキのおもちゃも売っています。
ロウソクを灯して動かすおもちゃ「ポンポン丸」という船です。
たらいやビニールプールに水を張ってそこに船を浮かべます。中に入っているロウソクを立てて火をつけると前に進むというもの。ただ動くだけじゃなく、火の熱でブリキがポンポンと音を出すそうなんですね。
昔にこんなおもちゃがあるなんて知りませんでした。
お求めは『丸竹商店』さんへどうぞ。

shintamachi20120226%20%2819%29.JPG
はい、新田町の目玉とも言えるおひなさんがある『松美屋』さんです。

shintamachi20120226%20%2820%29.JPG
江戸時代後期の物だそうで、かなり大きなおひなさんです。
ここに来たいきさつなどをお店の奥さんが気さくにお話してくれますよ。

shintamachi20120226%20%2821%29.JPG
最後に観音山から。
この写真は別の日に撮ったものなので、天気が良いものになってますが、ここの展望台(物見台)からは足助の町がはっきりと見えます。
もう少し暖かくなってくるともみじの芽が吹いてきて、向こうに見える香嵐渓の飯盛山にも山桜の咲く姿が拝めます。ただ、あまり葉っぱが出てくると町並みが見えなくなってくるので、今の時期がいいのかもしれませんね。新田町まで行かれましたら、せっかくですので上がってみてください。

刈谷ハイウェイオアシスで豊田市の春をPR!!

昨日は、春の豊田市観光PRということで、刈谷ハイウェイオアシスに行ってきました。
今回は、豊田市7つの観光協会が集結して、ご利用のお客様に向けて春の催事、名所、産物などのPRを行いました。

20120303.jpg
風は強かったですけど、凄くいいお天気で、絶好のお出かけ日和。PAでは朝からお客様でいっぱい。

20120303%20%281%29.jpg
現地到着後、すぐに会場設営開始。足助から持ってきたポスターやたんころりん、パンフレット、チラシを設置。
ただ、風が強いので、飛ばされないよう念入りにテープ止め。何とか完成。

20120303%20%282%29.jpg
只今、開催中の『中馬のおひなさん』をPRっと言いたいところですが、今回は、今月後半に咲く香嵐渓のカタクリの花ともみじの新緑についてアピールしてきました。
こちらお客様に熱心にPRしてくださっているのは「香嵐渓を愛する会」の林さん。思いの丈をお客様に語っていただきました。
林さん、凄いんですよ。ブース前だけでなく、通りがかりのどの年齢層のお客さんにも臆することなく猛烈にアタック!!そのパワーに私ら観光協会側は完全に負けてしまっていました。いかんいかん。
私もポスターボードを持って林さんのあとについて、PR。負けてられません。そしたら、隣の小原地区さん、旭地区さんも火がついたかのようにブースから飛び出てアピール。おぉ、やる気が出てきたねぇ。

20120303%20%283%29.jpg
その一方、反対側のほうでゆるきゃらが登場してPR。
稲武にはブルーベリーの『イナベリー』、旭にはキツツキの『コッキー』というマスコットがいますが、残念ながら足助にはいないので、足助からはあのチンドン屋さんに助っ人に来ていただきました!!
こっちは派手に勝負やぁ!!!

20120303%20%284%29.jpg
お昼を過ぎた頃、一旦、ゆるきゃらの活動を休憩しまして、今度はお客さん参加型のじゃんけん大会を行いました。

20120303%20%285%29.jpg
豊田市商工会議所青年部のジャン券マンが登場!!(そんなキャラがいたのね・・・・知らんかった)
ジャンケンを勝ち進んでいくと、豊田市の名物がもらえるというもので、会場にいっぱいお客さんが集まってきました。特にジャン券マンはお子さんにとっても人気でした。

20120303%20%286%29.jpg
お客さんがジャンケンに夢中になっている合間にパンフレットの用意。午前中、林さんらにほとんど配ってもらったので、用意していたものが品薄に。。。
急いでお客さんが持ちやすいようにセットにして準備。・・・結構、焦りました(汗)

20120303%20%287%29.jpg
お昼時は皆さん、施設に入ってご飯なので、なかなかお会いできなかったんですが、2時過ぎになると今度は旅先から帰る途中の方がPAを利用されるので、また人の波がやってきました。
残る1時間、あとは残る力をカタクリだけに集中してお客様にアピール!!

お客さんの中には、「たった今、足助のおひなさんを見に行ってきたよ」という方や「カタクリの花は毎年見に行ってるよ、今年はどう?」という方がいらっしゃって嬉しかったです。ありがとうございます(^^)

今月17日(土)、18日(日)には名古屋・栄のオアシス21でまた観光PRに行きます。
このころには多分、カタクリの花が咲き始めていると思います。またそんな情報を名古屋でもお届けしようと思います。

2012年03月05日

カタクリの花芽が出てきましたよ

町並みでは中馬のおひなさんで賑わっておりますが、香嵐渓ではカタクリが着実に育ってきています。

20120304.jpg
香嵐渓・飯盛山の北側の斜面(国道153号側)では、カタクリの葉っぱが随分、大きく広がっていました。
キツネノカミソリの葉っぱも目立ってきていますね(^^;)

20120304%20%281%29.jpg
瑞々しい葉っぱです。

20120304%20%282%29.jpg
お、花芽が出てきてますね。
昨年、おととしは2月終わりからかなり暖かい日が続いていたので、3月上旬には開花が見受けられましたが、今年は寒気が何度も来ていた事もあり、やっと花芽が出てきたばかり。
平年に戻った感じがします。花のピークは3月20日以降になるかもしれません。

20120304%20%283%29.jpg
斜面びっしり葉っぱが出てきてます。

20120304%20%284%29.jpg
中には茎が2センチほど伸びた花芽も確認できました。

20120304%20%285%29.jpg
西側の斜面(巴川側)のカタクリ。
こちらも斜面いたるところに葉っぱが広がっていました。ただ、花芽があんまり見られませんでした。
北側よりは日当たりはいいはずなのに、何でなんでしょう???

20120304%20%286%29.jpg
あ、一株やっと見つけました。

20120304%20%287%29.jpg
キクザキイチゲの葉っぱも確認しました。
カタクリが咲く頃に白くてかわいい花を咲かせます。この他にもヤマルリソウやヒトリシズカも咲いてきますよ。

これから一雨一雨降るたびにカタクリの花芽はもっと出てくるでしょう。来週からは目が離せませんね。
またお伝えします。

2012年03月06日

春の訪れ

お客様の中には中馬のおひなさんは先週末をもって、終わってしまったと思われている方がいらっしゃるかと思いますが、まだまだ終わっていないですよ!!今週3月11日(日)まで行っていますので、是非是非、足をお運び下さい。
2月と比べ、随分暖かくなってきましたからおひなさんめぐりにはもってこいだと思いますよ(^0^)

さて、町の中はおひなさんですが、一方、香嵐渓では、着実に春が訪れてきています。

20120306.jpg
昨日、お伝えしたカタクリの花芽もそうですが、道端の片隅には、タンポポの花が咲いていました。
昨日からの雨と暖かさで咲いたんだと思います。傍らには小さく青い花のオオイヌノフグリが咲いていました。

20120306%20%281%29.jpg
それからヒメオドリコソウが花を咲かせていました。
これといい、タンポポといい、どこにでも咲く雑草ですが、季節の移り変わりにとても敏感でちっとやそっとの寒さにも負けず、生命力の強い草花です。
こういう草花は私たちに春の訪れを真っ先に教えてくれます。カタクリやニリンソウなどと比べると地味ですが、一番身近な草花です。こういった草花に目を向けてみるのもたまにはいいですよ。

2012年03月07日

被災者へ祈りのたんころりん

3/11(日)は中馬のおひなさんの最終日ですが、東日本大震災の1周年でもあります。
全国各地で震災に対する追悼行事が行われると思いますが、この足助でも被災者の方々の冥福を祈るとともに、被災地へのエールを送るため、17時〜19時、足助の町並みでたんころりんの点灯を行います。
また、17時に町並みの3つのお寺で鐘がつかれ、その鐘の音を合図に黙祷を行います。

20120311tankoro.jpg
昨年の夏に地元足助中学校の生徒さんたちが被災した方々に復興へのエールを送りたいと、たんころりんに巻く和紙に思い思いの言葉を描いているところ。

20120311tankoro%20%281%29.JPG
このように中学生の皆さんの描かれたたんころりんも11日の夜に町並みで点灯されます(写真は2/11の『ほのか』の様子)。
近いうちに発生すると言われている「東南海地震」、私たちも人事ではありません。
この1周年を機に震災に対する準備と心構えをもう一度、話し合う必要がありますね。

2012年03月09日

おひなさんも残る2日となりました

ごめんなさい。
今日は、文字だけのブログでお知らせさせていただきます。

中馬のおひなさんも残すところあと2日となってしまいました。
早いものでもうひと月が経とうとしています。
2月のことを思えば、ずいぶんと日が長くなりましたし、雨の日でも暖かく感じられるようになりましたよね〜。
天気のいい日なんかは厚着しなくても外を歩けてしまうもんですからね。
時の経つのは早いものです。

さて、今日は一日中、雨でお客さんも少なくて寂しい感じでしたが、明日からは天気が回復してくるということですので、明日、あさってはおひなさんめぐり、期待できそうです。
今年最後のおひなさん、皆さん是非、足助に遊びに来てくださいね。

おっと、それから、このおひなさんが終われば、そろそろ香嵐渓のカタクリの花の時期がやってきます。
今のところは葉っぱが大きく広がって、花芽の頭が出てきたところですが、植物の成長は早いので、来週あたりから注意深く観察をしなければいけませんね。

もし、明日、あさって、おひなさんを見学なさった時にお時間があれば、カタクリの様子を見に来てくださいね。

2012年03月10日

おひなさんとカタクリ

今日もどうもどんよりとしてはっきりしないお天気、春先はこんな天気が多いんでしょうか。ちょっとげんなりしちゃいますね。明日はおひなさん最終日、しっかり朝から晴れて欲しいものです。

20120310.JPG
さて、今日も町に行ってきました。
今日は午前中、雲って暗かったので、お客さんの出足も少ないように感じました。
ただ、午後からは気温も少し上がって若干、明るくなってきたのでお客さんも増えてきたように感じました。

20120310%20%281%29.JPG
自転車こぎこぎで、新田町の松美屋さんまで偵察に行ってきました。
やっぱり自転車があるとかなり楽チン、宮町からものの15分で行けちゃいます(一心不乱に行って)。
町の一番はずれの展示場所なので、歩いていくのはとても大変。
それなのに、ここまでがんばって見に来てくれた元気なおちびちゃんたちがいました。ありがとねぇ〜(^0^)

20120310%20%282%29.JPG
明日はおひなさん最終日、また一年は見ることができません。
「まだ今年は見てないよ」という方がいらっしゃいましたら、是非、足助に遊びに来てくださいね。

20120310%20%283%29.JPG
今日は、香嵐渓のカタクリの様子も見に行ってきました。
カタクリの群生地の前にある花梅の木。もう満開でした。昨日の雨で花びらがいくらか落ちていましたが、梅の清々しい香りがあたりに漂っていましたよ。

20120310%20%284%29.JPG
北側の斜面から上がっていきました。
斜面いーーーっぱいにカタクリの葉っぱが広がっていました。
またおととい昨日の雨で成長したようです。
しかも、花芽もかなり出て、伸びてきていました。

20120310%20%285%29.jpg
茎が長いもので5センチくらいに伸びているものがありましたし、首を下に曲げているものも出てきていました。成長が著しいです。

20120310%20%286%29.JPG
南西側の斜面です。
こっちもびっしり葉っぱが広がって、花芽もほとんどの株に付いていました。
ただ、北側斜面と比べると花芽の成長が少し遅いように感じます。

20120310%20%287%29.JPG
ややっ!すこし開きかけのつぼみがありました。でも、つぼみに色がついていないので、まだまだかな。
カタクリのこの成長振りだと来週末には開花してくるものもあるかもしれないです。

20120310%20%288%29.JPG
太子堂の近くでキクザキイチゲのつぼみを2輪ほど見つけました。本当はもう咲いていたかも。
今日は曇りがちだったので、咲いていなかっただけかもしれないです。

20120310%20%289%29.JPG
栗の木茶屋のあたりでフキノトウを見つけました。株は小さかったですが、花は綺麗でしたよ。

20120310%20%2810%29.JPG
香積寺の付近、風外碑の垣根の近くでショウジョウバカマが咲いていました。
姿、大きさ、色がカタクリと感じが似ていますが、全く違いますので、ご注意を!!

20120310%20%2811%29.JPG
アップにしたもの。こちらもカタクリと同様に綺麗な色をしています。

20120310%20%2812%29.JPG
もっとどアップに撮ってみました。昨日の雨のしずくが掛かってとても瑞々しいです。
香嵐渓にはこんな花も咲くんですよ。みなさん、覚えておいてくださいね。

今後のカタクリの詳しい情報は、足助観光協会までご連絡下さい。

2012年03月13日

また寒さが戻ってきてしまいました

中馬のおひなさんが終わり、町の中が静かになってしまいましたが、今度は香嵐渓の草花たちが目を覚まし始めると、こちらがだんだんと賑わってきます。

20120313.jpg
今日は清清しいほどの快晴ですが、風が強くて、どえらいさーむい日でした。
香嵐渓の川風も肌に刺さるような冷たさでした。

20120313%20%281%29.jpg
飯盛山のカタクリの群生地です。
斜面全体が緑色に染まってきました。

20120313%20%282%29.jpg
前回は10日に観察に行ってきましたが、あの頃よりも花芽も伸びて首を曲げた株も出てきていました。

20120313%20%283%29.jpg
この頃のカタクリの葉っぱは瑞々しくてとても綺麗です。

20120313%20%284%29.jpg
ズクズクと地中から芽を出し、葉っぱを広げるカタクリ。
もみじの重たい枝の下からでも枝を持ち上げて茂ってくるので、なんとも力強いです。

20120313%20%285%29.jpg
私のお気に入りの場所。
昨年もここのカタクリをHPの扉写真にしていました。今年もここの写真を使っていきます。

20120313%20%287%29.jpg
こちらは南西斜面のカタクリ。
こちらの方も随分と株が育ち、花芽も北側斜面に負けじと花芽が伸びてきていました。
でも、まだまだつぼみが固そうです。
今週末に開花した花がいくつか見られるのかなぁと思いましたが、この寒気が居続ける限り、開花は来週のいずれかの日になりそうです。

2012年03月17日

寧比曽岳へ登られる方、ご注意ください

3月も半ばを過ぎました。
香嵐渓のカタクリのつぼみも大きくなり、あとは暖かい日差しを待って花が開くのを待つばかり。
でも、今日は強い雨がジャンジャン降るわ、寒いわでカタクリの花はまた待ちぼうけ。
明日から晴れてくるようなので、そろそろ咲き始めてきそうです。

さて、今日は、また足助公社の方から画像をいただきました。

sizenhodou201203317.JPG
これは東海自然歩道の大多賀峠から寧比曽岳の様子です。
今、大多賀峠から2番目の休憩所手前の階段の足場が大変悪くなっているそうですので、明日、寧比曽岳にハイキングに行かれる予定の方は、足元に十分お気を付けください。

2012年03月19日

やっとかめだねぇ

katakuri20120319-0.jpg
先週末から降り続いていた雨があがり、今日はきれいに晴れました。
今日こそは香嵐渓のカタクリの花が咲いているだろうと期待しながら香嵐渓に行ってみると・・・

katakuri20120319.JPG
やっぱり咲き始めていました!
でも、チラホラって感じかな。

katakuri20120319%20%281%29.JPG
花のつぼみが多い中で、ひとつだけぽっつりと。
ちょっと寂しいなぁ。でも、上の斜面はもっと咲いてるかもと急いで駆け上がると・・・。

katakuri20120319%20%282%29.JPG
もうひとつきれいにぱっくりと開いた花を見つけました。
でも、ここら北側の斜面は日陰がちなので、ほとんどがつぼみ。こっちはちょっと早かったかな。

katakuri20120319%20%283%29.JPG
お気に入りの場所にきました。
ここもまだ開かないですね。

katakuri20120319%20%284%29.jpg
よーっく見てみると咲きそうなつぼみがびっしり!!
しかたない、もうちょっと待つかぁ。

katakuri20120319%20%285%29.JPG
南西側斜面にやってきました。
ここは一番日当たりの良い場所です。つい先日まで北側斜面よりも成長が遅れ気味だったところですが、今では花もいくつか咲いていました。
でも、花は真ん中辺りで咲いているので、なかなか近くで見られないのが残念。

katakuri20120319%20%286%29.JPG
ズームで撮ってみました。
今日は風が強くって、シャッターを切るのに難儀をしました。

katakuri20120319%20%287%29.jpg
坂を降りていくと、一輪だけ近くで見られる株がありました。
色が紫に近い濃い色をしていました。

katakuri20120319%20%288%29.JPG
太子堂前、今日は天気が良かったので、山へ上がられるお客さんが若干、いらっしゃいました。
カタクリの花は今週末から見ごろに入りそうですよ。

katakuri20120319%20%289%29.JPG
太子堂近くで咲くキクザキイチゲ。

katakuri20120319%20%2810%29.JPG
今日は花の中まで見ることができました。

katakuri20120319%20%2811%29.JPG
太子堂の真下にはお地蔵さんがいらっしゃいます。
お地蔵さんの後ろにカタクリの株が出てきていました。

katakuri20120319%20%2812%29.JPG
実は昨年咲いているのを見つけて、2月の終わりからちょくちょく見ては芽が出てきているか調べていたんですけど、今日、やっと見つけました。こんなところによく発芽できたものです。
これからも見守っていくつもりです。

katakuri20120319%20%2813%29.JPG
香積寺の山道でイヌワラビの芽を見つけました。

katakuri20120319%20%2814%29.JPG
傍らにスミレも咲いていました。

katakuri20120319%20%2815%29.JPG
香積寺の風外碑付近です。
ここにはショウジョウバカマが咲いています。柵の中で咲いているので、ちょっと見にくいかも。

katakuri20120319%20%2816%29.JPG
前よりも大分たくさん咲いていました。

katakuri20120319%20%2817%29.JPG
この他にも栗の木茶屋までの遊歩道にも生えています。
これからだんだんとたくさんの草花が芽生えて花を咲かせますので、足元に目を配りながら歩いてみてくださいね。

2012年03月20日

春分の日

今日は春分の日。
風もない穏やかな一日でしたが、カタクリの花はやっと目覚めたばかりでチラホラと咲いている感じ。
今日は全体の2割くらいの咲き具合でした。

20120320.JPG
北側斜面です。
まだまだ花が咲かないので、葉っぱだけの緑の絨毯の状態ですが、これがピークになると薄紫の絨毯に様変わりします。

20120320%20%281%29.JPG
所々で咲いているカタクリの花。花びらが反り繰り返っていますね。

20120320%20%282%29.JPG
左が通常のカタクリ、右側は斑点もなく、全体的に淡白な色をしていますよね。
これ多分、白いカタクリですね。
突然変異だとか先祖がえりだとかいろんな説があるようですが、群生地の中ではそう珍しくなくって毎年何本か見られます。
噂によると、白いのを見ると幸せになれるんだとか・・・・。本当かな?

20120320%20%283%29.JPG
私のお気に入りの場所。
真ん中あたりで2輪咲いていました。他のつぼみもあと2、3日で開きそうです。

20120320%20%284%29.JPG
南西側の斜面に降りてきました。すると女性がスケッチをしていらっしゃいました。

20120320%20%285%29.JPG
当たり前ですが、昨日よりも開花の数が増えていました。今週末にはどれだけ咲いているでしょうかねぇ。

20120320%20%286%29.JPG
太子堂近くのカタクリ。
急な斜面にもびっしりと茂っています。どの株にも花のつぼみをつけています。
これが一斉に咲いたら圧巻ですよ。

20120320%20%287%29.JPG
カタクリの間からキクザキイチゲが顔を覗かせていました。とてもかわいらしい様子ですね。

20120320%20%288%29.JPG
私が一番気にかけている小さなカタクリ。
お地蔵さんの後ろでひっそりと暮らしています。今日はしっかり葉っぱが開いてきました。
小さいながらもつぼみははしっかり付いています。いつ咲くんだろなぁ。

20120320%20%289%29.JPG
群生地ではないですが、参道でヤマルリソウを見つけました。まだまだつぼみの状態ですが、カタクリがピークなる頃に花を咲かせます。
群生地にも出てくるんですけど、今はまだ眠っているみたい。

20120320%20%2810%29.JPG
こちらはマルバコンロンソウ。
ペンペングサに良く似ていますが、違いますよ(笑)。これもカタクリの花がピークになるとあちこちで現れます。地味ですけど、春の香嵐渓を代表する山野草です。
カタクリのように美しいわけじゃありませんが、こういういろんな山野草を知っているといろんなところの山歩きが楽しくなりますよ。是非、見て調べて覚えてみてくださいね。

2012年03月23日

雨中のかたくり

katakuri20120323.jpg
今日は朝から雨。かたくりもしょんぼりです。

katakuri20120323-2.jpg
天気が良くて暖かくなれば、後ろの花はいつでも開花OKです。

2012年03月25日

花冷え??

katakuri20120325.JPG
今年はどうしてこうも寒いんでしょう。
天気はあんまり良くないし、おまけに寒風がビュービュー吹いてます。
今日も気温がなかなか上がらず、しかも、時折、雨がパラパラ降ってくるそんな一日。
こんな日はカタクリも開いていなさそう・・・・。

katakuri20120325%20%281%29.JPG
西町第2駐車場奥の登山口近くにニリンソウが茂っていますが、やっとつぼみが出てきましたね。
咲きそうなものもありますが、こんな天気じゃ咲くのはまだまだ先になりそう。

katakuri20120325%20%282%29.JPG
北側斜面のカタクリ。やっぱり開いてない。
開花は例年通りだったのに、そこから全く開きが遅い。
お客さんもカタクリも待ちくたびれちゃうよ。

katakuri20120325%20%283%29.JPG
一番最初に咲いていた花に少し傷みが入ってきましたが、そんなのは群生地の割合からすればほーんの少し。まだまだぜんぜんいけます。

katakuri20120325%20%284%29.JPG
例年の見ごろにあわせて来て下さったと思われるお客さん。花が見れなくて本当に申し訳ないです。
自然ってホントに思い通りにならないです。

katakuri20120325%20%285%29.JPG
ほれ、こんなに大きくなったつぼみ。
あとは晴天であったかい日を待つのみの状況です。

katakuri20120325%20%286%29.JPG
わたしのお気に入りの場所もまたつぼみに戻ってしまいました。

katakuri20120325%20%287%29.JPG
開いていても条件が悪いとこんな風に半開きになっちゃうんですよ。

katakuri20120325%20%288%29.JPG
南西側の斜面もおんなじでほとんどが閉じた状態。

katakuri20120325%20%289%29.JPG
あるところで撮ったカタクリ。
群生地よりも条件の悪いところなのにしっかり花を開いていました。
開花には一体、何が良くて何が悪いんでしょう・・・・ホントにわかりません。

katakuri20120325%20%2810%29.JPG
傍らにはスミレも花を咲かせていました。

katakuri20120325%20%2811%29.JPG
ヤマルリソウも咲いていました。

明日以降、天気が良くなって気温が上がれば間違いなしに開花の割合がぐっと上がります。
ピークの到来もそれ次第です。
ただ、非常に天候が不安定なので、いつ見頃がやってくるのか正確にわかりませんが、来週にはきっと来るであろうと思います。

2012年03月27日

一気に開いてきました。

katakuri20120327%20%281%29.JPG
今日は天気もよく穏やかな暖かい日でしたので、午後には一気に4割〜5割の開花となりました。これからは、天気がよいと1割ずつ開花が進み、あっという間に満開となります。

katakuri20120327%20%282%29.JPG
今はこんな開花状況です。

katakuri20120327%20%283%29.JPG
昨日まではまだつぼみだったニリンソウも、今日開花しました。これからはヤマルリソウやヒトリシズカも咲いてきます。乞うご期待。

2012年03月28日

もう満開

1%20%281%29.jpg
一気に開花。もう満開状態です。こんな開花の仕方は今までに例がありません。
これも異常気象でしょうか。

1%20%282%29.jpg
見学されるお客さんも増えてきました。

1%20%283%29.jpg
ややアップで

1%20%284%29.jpg
ヒトリシズカもそーっと顔をのぞかせ始めました。まるで春の様子を窺うように

2012年03月30日

見ごろ真っ盛り

katakuri20120330%20%281%29.JPG
超満開。見学者も一気に増えました。

katakuri20120330%20%282%29.JPG
若干つぼみも見れますが、今がピークです。

katakuri20120330%20%283%29.JPG
これはカテンソウ(花点草)という、イラクサ科の花です。
これからはまさに山野草の百花繚乱となります。

katakuri20120330%20%284%29.JPG
ヒトリシズカがだいぶ開いてきました。実際に見ると、
周辺にもたくさん出ていて、大分賑やかです。

katakuri20120330%20%285%29.JPG
ヤマルリソウも、そこここに見られるようになりました。

2012年03月31日

雨上がりのかたくり

20120331%20%281%29.JPG
今日は朝から強い雨。午後から雨が上がり、かたくりの様子を確認。
一所懸命開こうとしていましたが、残念ながら開ききらず。

20120331%20%282%29.JPG
昨日の続きのヒトリシズカ。結構かたまって咲いている様子がわかります。
どうしてヒトリシズカの名前がついたのでしょうか。

About 2012年03月

2012年03月にブログ「足助観光協会Blog    お問合せは0565-62-1272」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年02月です。

次のアーカイブは2012年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。