« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月 アーカイブ

2010年06月01日

キャンドルナイトのマップができました

201006tankoroleaf.jpg

 今月、6月12日(土)は『たんころりんキャンドルナイト』が足助の町並みにて催されますが、その散策マップがやっと出来上がりました。
観光協会などの公共施設や香嵐渓市営駐車場の各所、町並みの商店などに設置します。
 今年もイベントの余興に『まちかど演奏会』を町の各所で開きますので、このマップを入手して散策してください。
観光協会のHPからでもダウンロードができるようになりましたので、お先にご覧になりたい方はこちらのリンクからどうぞ。

http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/tankororin/10/201006tankororincn.pdf

2010年06月03日

たんころりん作製講習会

 6月に入り、やっと夏らしくだんだんと暑くなって来ました。
っと言っても今までが肌寒かったので、多少、晴天が続くとそう感じるのかもしれませんが、このままおかしな気候にならずに、順調に梅雨を迎えて、暑い夏が来てくれることを願うばかりです。

tankorodukuri1.jpg
 さて、今日は、足助の夏の風物詩「たんころりん」の作製講習会(豊田市在住・在勤の方限定)のお知らせです。
ご存知のとおり、たんころりんは竹ひごと和紙で作られた行灯ですが、また今年もたんころりんの会の方にご協力いただいて開催することとなりました。
今回は、普通サイズ(高さ約60cm)のものを作ります。
参加希望の方は、以下の項目をよくご覧になって、お申込み下さい。

●「たんころりん作り体験‘10」●
日時:平成22年6月20日(日) 1部・午前9時〜正午、2部・午後1時〜午後4時
※1部と2部も体験内容は同じです。

会場:足助トレーニングセンター(足助交流館となり)

参加対象:豊田市在住、在勤の方

定員:各部先着25名

参加料:1,500円(ひご代・和紙代込み。灯り台は希望者のみ別売り。会費は当日、会場にて徴収させていただきます)

申込み期間:6月5日(土)から受付開始、定員が埋まり次第受付終了します

申込み・問合せ:足助観光協会 電話0565-62-1272

※この記事は、広報とよた6月1日号にも掲載されています。
※軍手、(もしあれば薄手の皮手袋)を持参の上、作業しやすい服装でお越しください。
たんころりんは当日、持ち帰りできます。

tankorodukuri2.jpg

自分で作ったMyたんころをご自宅の玄関先に灯してみたり、夏に限らず、秋のお祭りやお正月にでも灯してみるのも趣があっていいですよ。

2010年06月07日

香嵐渓 シャガの群生地のお手入れ

syagateire20100607-1.jpg
今日は、香嵐渓を愛する会の方々と香積寺周辺のシャガの群生地の草刈りを行いました。

syagateire20100607-2.jpg
一昨年、杉・桧の伐採を行ったので、このあたりはさんさんと太陽の光を浴びるようになりました。
おかげでシャガの株もこんなにわさわさしていますが、同じように雑草や笹もわさわさ。

syagateire20100607-3.jpg
シャガの葉っぱを掻き分けて雑草だけを刈るんですが、これが意外と大変な作業なんです。

syagateire20100607-4.jpg
ツルツルとつやのある葉っぱがシャガの葉っぱ。
写真を撮ったところはちょうど葉っぱが密集していないところでしたが、密集しているところでは鎌で草を刈るときに気をつけないとシャガまで刈ってしまいます。
まぁ、どうしても葉っぱを傷つけたり、一緒に刈ってしまうんですが、できるだけ気をつけて作業しました。

syagateire20100607-5.jpg
冬の時期に、カタクリ群生地で行う「枯れ枝拾い」も山の頂から枝を集めて降ろすという作業がとてもしんどいんですが、このシャガの群生地の作業も大変!!
急な斜面を中腰になって草刈りをするわけですから、腰は痛いは、なかなか身動きが取れないはで根を挙げてしまいそうになります。
っというわけで、まめに休憩を取らないとやっていられません。もみじの木陰の中でお茶を飲みつつ、皆さんは雑談を楽しんでました。

syagateire20100607-6.jpg
足助屋敷の若い衆も参加!!
感心!感心!
やっぱりこういう作業は若い衆もやらんといかんですねぇ^^

syagateire20100607-7.jpg
今度は香積寺の参道付近のシャガのお手入れ。
ここはホウチャクソウやら草イチゴ、シュウカイドウなんかが生えているので、これらの山野草に気をつけて作業しないといけないんですが、さすが愛する会のみなさん、何を刈っていいのかいけないのかわかっておられました。

yamaajisai20010607.jpg
シャガの中に山アジサイが埋もれるように咲いていました。

sasayuri201006.jpg
香嵐渓にはあんまりない笹ゆりの花も見つけました。
こういう地道な作業をずーっと続けていると疲れてしまうんですが、手を止めて花をめでるのもいいですね。すがすがしい気持ちになります。

syaga201004.jpg
これは、今年の4月下旬の様子。
また来年もこのように咲き乱れるといいですね。
これからも地元の方々と協力して美しい香嵐渓を何十年何百年と守っていきたいですね。
愛する会の皆さん、お疲れ様でした。

2010年06月09日

「体育とスポーツの図書館」へ行ってみよう!!

asukesl-1.jpg
今日は、足助の町の中にある「体育とスポーツの図書館」をご紹介します。
この図書館は、一見、普通の民家のように見えますが、体育、スポーツ、健康教育に関する専門書や雑誌、様々な記録などが集められた図書館で、今年2010年2月に開館しました。
建っている場所も個性的で、町の北側にある観音山の周辺にあり、ここから見る町並みは香嵐渓・飯盛山から見る町並みとは違った感じがしてとても新鮮です。日当たりもよく、風も気持ちよいです。
ただ、高台にあるため、駐車場もなく、街道から小さな路地を上って歩いて行かなければならないので不便ですが、ちょっと目線を変えて、町の路地を見ながら歩いていくのも面白いですよ。こんなところがあったのかと新たな発見があります。

・・・っということで、まずは行き方から。

mejirushi-0.jpg
とりあえず、お釜稲荷と赤い大鳥居がある新田町(しんたまち)まで行きましょう。
田町交流館をちょっと通り過ぎ、『丸一志賀商店』(酒屋)さんの隣に路地がありますので、そこから上っていきます。

mejirushi-1.jpg
そこには看板がありますが、見過ごしてしまわないように気をつけてください。

mejirushi-3.jpg
看板のとおりに上っていき、途中で防火水槽に突き当たったら、ここにも看板がありますので、看板のとおりに右へ。

mejirushi-5.jpg
すると、図書館の軒先にこんなものが吊るされています。足助まつりの鉄砲隊のお守りのしめ縄です。結構大きいものですね。とりあえず、これを目印にしてくださいね。

exhibit1.jpg
早速、中に入りますと、玄関右手に本場イギリスのゴルフの古いクラブとボールが展示されていました。なかなか洒落ています。

exhibit2-2.jpg
そして、左手には今週末から開催される展示会のサッカーのユニフォームが飾られていました。その傍らにはカーリングストーンが!!・・・はじめて見ました。
そういえば、カーリングの発祥はサッカーの発祥地でもあるイギリスでしたねぇ。

slinside.jpg
そのままつかつかと中へ入ると、施設の方たちが今週末の展示会の準備をされていました。お邪魔しないように中の様子を伺っていると、準備の手を休めて図書館代表の成瀬さん、講師の吉田先生がサッカーについて展示の案内してくださいました。

exhibit4.jpg
例えば、この写真にあるサッカーボールの歴史や

exhibit3.jpg
ボードに貼られたいろんな写真をもとに本場イギリスのフットボールの様子をちょっとですが、聞くことができました。

slinside2.jpg

townscene.jpg
先生方のお邪魔をしてはいけないので、あとは自分で館内を見ていると目に付くのは、ここから見える町並みの景色。早速、縁側に行ってみました。
山の斜面には建っているものの、周りに大きな木がないので、飯盛山から見る町並みよりも視界が広く、はっきりと家並みが見えました。しかも、今日は天気が良かったので、とても気持ちが良かったです。秋には、隣の観音山の紅葉がきれいでしょうねぇ。

slirori.jpg
取材も終わり、帰ろうとしたところ、成瀬さんに「事務所でお茶でも飲んでって」とお誘いが!!・・・・ずうずうしくもお茶をいただいてしまいました(笑)。
ふと、事務所の奥を見るとその奥には囲炉裏部屋がありました。成瀬さんに聞いてみるとこの部屋は会議室に使っているんだとか(会議室の利用は事前に予約要)。すごい図書館だ。

asukesl-2.jpg
とにかく、この図書館を利用する目的でなくとも景色だけでも結構です。町並み散策コースの一部として取り入れてみるのもいいですね。

詳しいお問合せは、NPO法人「体育とスポーツの図書館」電話0565‐62‐3500までお問合せ下さい(休館日:日・月・火曜日・祝日)。

「体育とスポーツの図書館」企画 『サッカーW杯を10倍楽しく鑑賞するために』

exhibit3.jpg
 今月6月11日から1ヶ月間、『2010FIFAワールドカップ』が開催されますね。
この大会を契機にサッカーというスポーツをもっと知ってもらおうということで、「体育とスポーツの図書館」が講演会・シンポジウムを企画。
普段、めったに目にすることのできないサッカーに関する貴重な文献、書籍、グッズなどが展示されたり、サッカーのルーツといわれるイギリスの民俗フットボールも写真を交えて紹介します。
また、特別企画として、日本福祉大学の吉田先生をはじめとする講師の方々をお招きして、13日、20日と講演会とシンポジウムを開催します。
 サッカーファンはもちろんですが、子供たちや学生さん、教職員の方、少しでもサッカーに興味を持っておられる方など、どんな方でも大丈夫です。入場は無料ですので、気軽にお越し下さい。

●展示期間:平成22年6月13日(日)〜6月20日(日)午前10時〜夕方5時30分

●場所(問合せ):体育とスポーツの図書館(足助町城山49-2)電話0565‐62‐3500

●参加費:無料

●特別企画
☆講演『サッカーのルーツを探る 〜中世の民俗フットボール・プレイヤーはW杯をどう見るだろうか?〜』6月13日(日)午後4時〜5時30分 
講師 吉田文久氏(日本福祉大学子ども発達学部教授)
  
☆シンポジウム『私はW杯をこう見る』6月20日(日)午後1時〜3時
  1.「ゴールキーパーから見たW杯の楽しみ方」
   講師 丸山啓史氏(広島大学大学院博士課程)
  2.「JリーガーはW杯をどのように見るのだろうか」
   講師 Jリーグ関係者予定
  3.「教師は子どもたちにW杯をどう教えるか」
   講師 成瀬 徹氏(体育とスポーツの図書館 代表)

●主催 NPO法人「体育とスポーツの図書館」
ホームページ http://sportslibrary.blog65.fc2.com/

●後援 豊田市・豊田市教育委員会

なお、駐車場はございませんので、足助中央駐車場をご利用下さい。
詳しくは、NPO法人「体育とスポーツの図書館」電話0565‐62‐3500までお問合せ下さい(休館日:日・月・火曜日・祝日)。

2010年06月10日

たんころりんキャンドルナイト 〜でんきを消して、スローな夜を。豊かな暗さたんころで〜

 IMG_6750.JPG

たんころりんのイベントがあさって6月12日(土)に行われます。
このイベントは、省エネ・節電を呼びかける全国的なイベント「100万人のキャンドルナイト」に賛
同したものです。
たんころりんと呼ばれる行灯が、古い町並沿い(1キロ弱)に灯され、情緒ある夜を演出します。
合わせて「まちかど演奏会」として三味線の演奏や相撲甚句、語りなど、町並みに調和した催事が各所で行われます。


開催時間は日没後〜21:00、場所は足助の古い町並みです。
雨天決行です、荒天にならない限りは催します。
みなさんどうぞ遊びに来てくださいね。
演奏会の会場は以下の通りです。

「まちかど演奏会」 18:00〜20:30
★会場
参州楼(西町):ドロッパーズ〈バンド〉
塩の道づれ家(西町):西村芳泉〈津軽三味線〉・花すみれ〈和琴〉
さかたや(新町):津森久美子〈ファディスタ〉・西村輝彦〈ポルトガルギター〉
本町区民館(本町):山浦川舟〈相撲甚句〉
大山邸(本町):古今亭菊千代〈フォーク〉・広瀬明史・渡辺ダイちゃん
中馬館(田町):澤田真弓〈ケルティックハーブ〉・うめむらまり〈語り〉
田町交流館(田町):ウンガレスカwithホムンクルス〈古楽奏集団〉・ルスタン〈アイリッシュ〉


ha-.JPG

IMG_6702.JPG


詳しくは足助観光協会HPこちらをご覧ください。

2010年06月11日

蛍が出たよ〜

ajisai20100610.jpg
 この間の雨でもう梅雨入りしたのかなぁと思ったら、最近、天気がいい日が続きますね。
天気が良すぎて、朝から暑く、日差しもまぶしい。もう夏ですね。
その暑さのおかげでアジサイがちょっとしおれ加減で元気がないです。でも、日陰のアジサイは元気に様々な色合いで花が咲いていました。雨が降るともっと鮮やかに見えるんですけど、やっぱり雨は嫌いです。

 さてさて、梅雨に入る頃、アジサイのほかに綺麗なものといえば、蛍ですよね。
この足助の地でも、「蛍が出たよ〜」という声をチラホラと聞きます。

蛍を鑑賞するのは大体夜7時くらいから9時くらいがちょうど良く、深夜になると動きが悪くてあまり飛んでませんので、お出かけにはご注意ください。
場所は、カワニナやタニシがいそうな田んぼや池、沢の周辺に飛んでいることが多いですが、足助にはそういうところはたくさんあるので、初めてこられる方はまず探すのが大変です。
っということで、私たちが知っている限りのところをご紹介します。

hotaru2010.jpg
比較的行き安いところで、まずは足助川。
足助の町並みのそばを流れている川ですが、町のほぼ中心に位置している「六地蔵公園」周辺でよく見られるそうです。この川には遊歩道がありますので、川の近くで見ることができますが、外灯がないので、ライトをもっていくと良いですよ。


その次に百年草。
数年前から玄関近くの池で蛍のえさになるカワニナを育てた結果、蛍がここでも見られるようになりました。百年草の下を流れる足助川にも、蛍の為に葦を刈ることをなるべく控えるようになってから、毎年増えるようになり、百年草のスタッフの方に聞くと「昨日もたくさん飛んでたよ。」と教えてもらいました。


それから、足助の町中だけでなく、そのほかの地区でも見ることができます。
町よりも南に位置する下平町の『民宿 まる八』さん。
キャビアで有名なチョウザメなどを養殖してお客さんにお出ししている少々変わったお店なんですが、この時期、お食事をされたお客さんに地元の蛍を鑑賞していただくという企画を行っているそうです。
今年は6/10〜7月末まで行っていますので、興味がある方は、下のリンクからどうぞ。
http://www.maruhati.gr.jp/


今年はまだ、確認しに行ってませんが、足助白山町、中立町付近の田んぼでも飛んでいそうです。
ただ、どの場所も暗い場所になるので、足元に注意してくださいね。蛍をつかもうとして藪に入ろうものなら、下手をするとマムシがいたりしますので。

2010年06月12日

キャンドルナイトの前夜

今日12日は、たんころりんキャンドルナイトの日。
一番心配していた天気もよさそうで、ひと安心です。あとは、お客さんがたくさん来て、イベントが盛り上がればいいなぁと思います。


fado20100611-1.jpg
 さて、昨日11日は、キャンドルナイトの前夜ということで、いつも「たんころりん・まちかど演奏会」でお世話になっているファディスタの津森久美子さんと空耳ファドの西村輝彦さんのライブが地元のライブカフェ「あすけのかじやさん」にて行われました。


fado20100611-2.jpg
私もたんころりんの会さんのお誘いでお邪魔してきました。


 まず、ファドって何? と思われる方がいらっしゃいますが、ファドというのを一言で表すには難しいのですが、簡単に言えば、ファドはポルトガルの民族歌謡で、ポルトガルギター、クラシックギターにあわせて、人生の喜びや悲しみを郷愁感たっぷりに、時には甘く、陽気に歌うといった音楽です。
「百聞は一見にしかず」、まぁ、一度聞いてしまえば、どんなものか良く分かるのですが、とても素敵な音楽です。
このお二方のライブはたんころイベントでよく耳にしていましたが、私たちはスタッフとして傍らにいるくらいで、ゆっくりと音楽を鑑賞するということがありませんでした。
今回は、椅子に座って、ドリンクを飲みながら遠いポルトガルの民族音楽に浸ってみました。

fado20100611-3.jpg
会場は地元足助の皆さんばかり(ほとんど、たんころりん関係)で顔なじみ。
演奏だけでなく、トークもありで楽しいひと時を過ごすことができました。


今日も足助町新町にある「さかたや」さんにて演奏会(演奏は18:00〜20:30の間で)が行われます。
もし、お時間がありましたら是非、遊びに来てくださいね。
もちろん、このお二方以外にも素敵なアーティストさんが町の各所で演奏しますので、そちらの演奏も是非、お楽しみ下さい。

2010年06月14日

たんころりんキャンドルナイトの様子

少し遅れましたが、先週12日(土)に行われました「たんころりんキャンドルナイト」の様子をご紹介します。
tamachi20100612.jpg
キャンドルナイトの時期は梅雨時なので、いつも雨か曇の日が多いのですが、今年は朝から晴天で絶好のイベント日和でした。
写真は田町・ひつじ堂さんの前からなのですが、何かいつもと違いませんか?
なーんか景色が違いますよねぇ。これがわかる方は足助通の方ですね^^
何が違うのかは、また今度、ご紹介します。

michidureya20100612-2.JPG
西町の塩の道づれ家さんにて。
今年もお座席の部分を少しの間、お借りして三味線の演奏が行われました。
演奏者の西村芳泉さんにはこのキャンドルナイトの初回からお世話になっています。今回も親子競演です。

michidureya20100612.JPG
周りが暗くなってきてからは、軒先に出て演奏。たんころりんと町屋をバックに聴く三味線と歌は最高でした。

droppers20100612.JPG
こちらは参州楼前。先ほどの会場とは通りひとつを隔てたところにあります。
こちらでは、ドロッパーズのフォークが演奏されました。お店の前ということもあるのかとても盛況でしたよ。

fado20100612.jpg
新町のさかたやさん前に来ました。
先日、ご紹介しましたファディスタの津森久美子さんと空耳ファドの西村輝彦さんの演奏会場です。
金曜日のライブに引き続き、演奏していただきました。

manrin20100612.JPG
マンリン書店前です。みなさんおなじみのマンリン小路はこの隣にあります。
たんころりんやおひなさんの時には、必ずカメラマンが並ぶほど、人気の場所です。

manrinkoji20100612.JPG
カメラマンがあまりいない日没直後を狙って撮りました。
やっぱりもうちょっと暗いほうが良かったなぁ。

sumojinku20100612.jpg
今度は本町区民館前にやってきました。ここでは相撲甚句が披露され、威勢のいい掛け声、昨今の時事情報が盛り込まれた甚句に笑いがあふれました。

taguchike20100612.jpg
お隣の田口邸前。古い平入りの建物とたんころりんの灯りの相性がぴったり。
建物の中にも灯りが灯してあって(写真ではきれいに撮れませんでした)、道行く人が立ち止まってはのぞいたり、写真を撮っていました。

katouya20100612.jpg
田口邸をもう少し先に進んだところの和菓子屋・加東屋さん前です。
この向かいは足助のかじやさんらのフォークソングの会場でしたので、お菓子やコーヒーをいただきながら演奏を楽しんでおられる方がいっぱいいました。

oyama20100612.JPG
旧大山陶器店は、昨年は足助屋敷の展示会場として様々な灯りや職人さんの作品が並べられていましたが、今回はライブ会場になりました。ここはお店の真向かいにあるので、会場として使うにはいいところですね。

katouya20100612-2.jpg
夜も更けて、たんころの灯りがだんだん明るさを増して見えるようになると、急にお客さんが増えてきました。やっぱりお客さんたちはきれいに見える時間を知っているようです。

tamachi20100612-2.jpg
田町に来ました。田町の通りは直線なので、通りの端のたんころりんまで見ることができます。

kawamuraya20100612.JPG
日月もなかの川村屋さん前。
たんころりんがきちっと間隔をそろえて並べてあるのがわかりますね。

shishikoro20100612.JPG
田町の名物、井筒亀のシシ肉コロッケです。
この日は道行くお客さんが買っていかれるので、油で上げる音が聞こえるくらいに大忙しだったようです。
mitarashi20100612.JPGmaruchan20100612.JPG
またまた進みまして、中馬館横の名古屋牛乳さんに来ました。
ここでは牛乳、ラムネのほかにみたらし団子が売っていました。看板猫のまるちゃんがお店で待っていました。おでぶネコちゃんでとてもおとなしくかわいかったです。
でも、時折、お客さんにおしり向けちゃって、知らんぷり。それでもかわいいので、お客さんになでなでされていました。

chumakan20100612.jpg
story20100612.jpgkh20100612.JPG
隣の中馬館です。
ここは中馬街道(塩の道)で栄えた足助の歴史とその資料などが展示されています。昔は銀行だったんですよ。ここでは、ケルティックハープの澤田さんの演奏とストーリングテラーのうめむらまりさんの語りが行われました。
銀行だった構造上、玄関をすぐ入ったところにカウンターがあり、ライブ会場としては不向きと思われていましたが、カウンターにもたれられるようにして席作りしたところ、会場の雰囲気も良かったのか好評でした。
tamachi20100612-3.JPG


tamachi20100612-4.JPG
ひつじ堂前。


yamori20100612.JPG
電灯の近くの壁にヤモリが2匹張り付いていました。
足助には白塗りの壁の家が並んでいるので、比較的見つけやすいです。気持ち悪がられる方もいらっしゃいますが、クモや蛾を食べてくれるので、足助の人たちにとってはありがたい生き物です。たんころりんのロゴマークにも入っています。

tamachikouryukan20100612.JPG
田町交流館です。
ここではウンガレスカとホムンクルス、ルスタンの演奏がありました。
ここに来た時間が悪かったので、演奏がほとんど終わっていました。見てきた方の話によると、見慣れない形の楽器が演奏されていたというのですが...残念です。

ざっと説明しましたが、様子がわかりましたでしょうか?
キャンドルナイトは1夜で終わりましたが、今年の本番イベントが8月にありますので、今回、遊びに行かれなかった方は次の機会に是非、お越し下さい。

2010年06月19日

円通院の梅の実収穫祭

先週から梅雨に入り、梅の実の収穫の時期でもありますね。
っということで、今年も明川町の円通院さんの梅の実収穫祭が行われるということで、早速、行ってきました。
昨日からの雨が続いていてどんよりと蒸し暑い日でしたが、今年もたくさんのお客さんがいらっしゃってました。

enzuin_apricot2010-1.JPG
今年の参加者は40組くらいだそうですので、ざっと100人はいらっしゃったのかな?
地元の係りの方によると、豊田市民の方がほとんどですが、名古屋、瀬戸、岡崎の方や、遠くは岐阜県の方もいらっしゃったようです。

enzuin_apricot2010-2.JPG
今年は開花時から天候が思わしくなく、実の受精まもなく急激に冷え込んだせいで実が落ちてしまったそうです。そのせいで今年は去年よりも実の付きが悪いそうです。
これはどうも全国的に見てもそのようなところばかりだとか。

enzuin_apricot2010-3.JPG
小さなお子様連れのお客さんも結構いらっしゃいましたよ。

enzuin_apricot2010-4.JPG
去年は梅林に入るとすぐに実を見つけることができたんですが、今年は探すのに苦労しました。
実は低いところにはついていなくて、上の方をよーっく見ないと見つけられませんでした。
やっと見つけても一枝に3つか4つほど。これは収穫するのも大変ですよぉ。

enzuin_apricot2010-5.JPG
梅が少ないので、夢中になれずにもう飽きちゃったのかな?

enzuin_apricot2010-6.JPG
お客さんも「せっかく来たんだから」と一生懸命に梅を採っていました。

enzuin_apricot2010-7.JPG
少なからずも採った梅は受付横の検量所に持っていきます。

enzuin_apricot2010-8.JPGenzuin_apricot2010-9.JPG
去年はこのかごに入りきらないくらいの梅を見ることができたんですが、残念です。

enzuin_apricot2010-10.JPG
梅を手に乗せてみました。
最大のもので、ピンポン玉くらいしかありません。今年は5月の末まで寒かったですからねぇ。
天候のことを言ってもしかたないですが・・まぁ、こんな年もありますね。

enzuin_apricot2010-11.JPG
このような不作の年でも、お祭りにお越しくださったたくさんのお客様、ありがとうございました。
また、準備をしてくださった円通院ご住職、明川地区の皆様、本当にお疲れ様でした。
来年は、たくさん梅の実が収穫できますように。

2010年06月21日

“たんころりん”作り体験

昨日「広報とよた」で募集を行った“たんころりん”作り体験を
足助トレーニングセンターで行いました。
会場は暑く、教える方も教わる方も汗ダラダラ。
でも、みんな集中して真剣そのものです。
今年は、若い方の参加もあり、お子様連れも何組か見えました。
幅広い年齢層の方が集まり、賑やかで楽しい講習会になりました。

IMG_2837.jpg

IMG_2852.jpg

たんころりんの本番は8月7日(土)〜15日(日)
まちかど演奏会も各所で予定をしています。
詳細が決まりましたら報告します。

昨日はちょうど、トレーニングセンターの前では、三三ノ市が行われていました。
この入り口に飾られているのは“たんころりん”
こんな所でも活躍していました。

IMG_2866.jpg

ここでは、ハンドメイドのお菓子や小物など様々なものが販売されていました。
私は、クッキーを買っておいしくいただきました。

IMG_2858.jpg

おまけ

今朝早くに東海自然歩道の寧比曽岳を歩いてきた方から、
写真をいただいたので紹介します。

20100621065221.jpg
. コアジサイ

清々しくてとても気持ちよく歩けた様ですよ。

2010年06月26日

子ツバメが飛び始めました

20100626.jpg
4月から観光協会の入り口に住み着いたツバメのヒナたちが、今日、巣から一斉に飛び出しました。
この1週間、ツバメの巣を見ると、親ツバメが入れないくらいヒナでいっぱいで、いつかこのうちの一匹は落ちてくるんじゃないかと思っていた矢先のことでした。
親と同じ姿をしていますが、よーく見ると中にはまだ雛毛を残したままのヒナもいました。
それに、飛べたからと言ってまだ完全に親離れしていないのか、巣に戻ってまた親からえさをねだっていました。親もしっかりえさをあげてるし・・・。
こんなところはなんとなく人間に似ていますね^^

毎日、同じような事の繰り返しで過ごしているように感じられますが、こういう光景を見ると時はしっかりと流れているんだなぁと感じる出来事でした。

2010年06月27日

足助の町にオープンカーの行列ができたよ

今日は、雨が降ったりやんだりと本当に梅雨らしい天気。
おまけにものすごく蒸し暑い。一年の中でも本当に嫌な季節です。

さて、今日は、先週、催されました『コッパ・ディ・東海』のイベントのようにオープンカーが足助の町を通りました。
と言っても、前回のように大々的なイベントでなく、個人でオープンカーを所有している方々が集まって町の中を横断したものですけれど、十数台もの車両が列を成しているのはなかなか見ものでした。

20100627-1.JPG
車種はよく確認できませんでしたが、赤い外車...。かっこいいですねぇ。

足助にいると普段、見ることがないオープンカーがこんなにもたくさん通るので、子どもたちが大はしゃぎ。あとを走ってついていく子も何人かいましたよ。

20100627-2.JPG
古い町並みとオープンカー、結構、似合いますね。
ただ、これだけ並んでいるとイベントを知らない住民の方が見たら、「何事が起こった!?」と思ってしまうでしょうね^^

About 2010年06月

2010年06月にブログ「足助観光協会Blog    お問合せは0565-62-1272」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年05月です。

次のアーカイブは2010年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。